それって身体を壊しちゃうけど、それでもやりますか?

      2017/01/15

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

これまでのPT人生の中で、何度も言われたことがあること。

それは、『マッサージして!』

って言葉です。

 

よくよく聞いてみると、私たち

理学療法士=マッサージ屋さんだと思っている。

 

そして、リハビリ=マッサージであるとも。

 

PTになりたての頃は、そう言われると

不愉快な気持ちが湧き上がっていましたが、

いまは、そんなことはありません。

 

理学療法士とか、リハビリって

世間一般の人からしたら、得体の知れないものである、

ということなのです。

 

 

実際に、『理学療法士』とか『リハビリ』という言葉は

社会一般的な人でも認知されているけど

 

じゃあ、より突っ込んで

『理学療法士』ってどんなことをする人?

『リハビリ』って、どういうことをやるの?

って聞いてみたら、具体的には答えられないと思うのです。

 

そんなもんですよ。

『理学療法士』や『リハビリ』の内容について

あまり知られていない。

 

もちろん、幅広い世界なので、

一言では言い表せられないですよね。

 

理学療法士と関係したことがある人や

リハビリを受けたことがあるなら

少しは知っていると思います。

 

でも、一部しか分からないですよね。

そういったことも問題ではあるなぁ、とは思っているのですが、

今回のブログでお伝えしたいことは、その話ではありません。

 

スポンサーリンク

 

そのマッサージは患者さんや利用者さんのためになるのですか?

 

患者さんや利用者さんのニーズが、

『マッサージ』して欲しい、という内容だったとしたら、

果たして、あなたはやりますか?

 

実際にあった話ですが、

『前の先生に、これこれこういうマッサージを

やってもらっていたから、あなたもやって!』

って言われたことがあります。

 

そう言われなくても、そのようなことを

言ってくる人もいるわけです。

 

そういった人に共通することは、“強い” 刺激を求めている、

ということです。

 

マッサージ自体を否定する気持ちはありません。

慰安的に、マッサージを必要としている人もいるからです。

筋肉を緩める手段としての

マッサージという選択もあるからです。

 

 

でも、ここでお伝えしたいのは、

そのマッサージは、目の前の患者さんや

利用者さんのためになるのか?

という問題提起です。

 

強い刺激を求めている方は、昔からマッサージを

定期的に受けていて、そういう習慣があるから

それを求めている。

 

でも、その結果、どうなっているでしょう?

より強い刺激でないと満足できない 

ということになってしまっているわけです。

 

それは、マッサージを受けてきたことの 弊害 です。

 

ここで言っているマッサージとは

指先とか、肘先などで

筋肉に対して、強い圧をかけながら

凝り固まった筋肉を解していく

という方法についてのことを言っています。

 

 

それをやるとどうなるのか?

それを知った上でやっていることも問題ですが、

知らないで、やっているとしたら、

それは あまりにも『無知』である 

そうとしか言いようがないと思うのです。

 

そのことについての話を、

今回のブログでは書いていきたいと思います。

 

 

破壊行為をしていることを自覚・認識していますか?

 

筋肉に、強い圧をピンポインでかけるとどうなるのか?

そこを考えてみたほうが良い。

そういうことです。

 

筋肉の中にある毛細血管、糸みたいな細い血管は

簡単に破壊されますよね?

破壊されたらどうなりますか?

修復の過程で、これまで以上に

強い状態になって修復しようとする。

 

それが、筋肉の硬さにつながるのです。

筋肉が、より強固な状態で回復しようとする。

 

より筋肉が硬くなってしまうわけです。

 

 

一時的には、解れるかもしれませんが

筋肉の組織を破壊している。

 

それっていいのでしょうか?

 

 

硬くなった筋肉は、より強い刺激を求めます。

そうじゃないと、解されている感覚が得られないから。

それは、永遠に続く破壊行為 です。

 

破壊

⬇︎

修復で硬くなる

⬇︎

より強い力で破壊

⬇︎

修復でさらに硬くなる

 

こうやって、どんどん筋肉が硬くなっていってしまう。

 

 

さらに、自律神経のバランスが崩れて、

交感神経が優位な状態になってしまう

というおまけ?つきです。

 

交感神経が優位になってしまったら、

筋肉はゆるまないですよね?

緊張状態が “常” となる。

 

 

そのマッサージが、そういう状態をつくり出しているのに

さらに状態を悪化させていく方向に進んでしまっている。

やればやるほど、状態は良くない方向に進んでしまっている。

そのことに気づかないわけです。

 

受けている本人は、刺激としては

気持ち良いものを受けているのですから、

刺激としては気持ちが良い。

 

でも、実は破壊行為がなされている。

そこに気がつかないわけです。

 

 

揉み返しって、そういう状態に陥ってしまっていることなのです。

強い力によって、筋組織が破壊された結果起こるもの。

身体をどんどん壊す方向に進んでしまっている。

そこに気がつかない。

 

スポンサーリンク

 

『無知』という名の罪

 

マッサージをやる方も、『無知』ですよね。

破壊行為をしていることを理解していない。

 

だからこそ、できることだと思うのです。

 

本当に目の前の患者さんや利用者さんのことを想うなら

その破壊行為はしないですよね?

 

 

無知だったから、やってしまっていた?

じゃあ、やめればいいのです。

 

そのマッサージが筋肉破壊し、より硬くし

自律神経のバランスを崩して、心身ともに

良くない状態に陥らせてしまっている。

 

そのことを知らなければいけないのです。

そのことを知っているのに、それでもまだやり続ける、

というのであれば、それは百害あって一利なしでしょう。

 

 

それをやって、どうしたいのか?

理解に苦しむところではあります。

 

強い刺激を求めてくる患者さんや利用者さんに対しては、

きちんと教育しなければいけないのです。

 

それをやることで、どういったことが起こっているのか?

この先、どうなっていくのか?

そういうことを伝えた上で、より良いものを

提示していかなければいけないのです。

 

 

私たちセラピストがやるべきことは、

『破壊行為』ではないですよね?

 

患者さんや利用者さんの状態を良くすること。

なのに、悪くしてしまうことってできないですよね?

 

 

本当に目の前の患者さんや利用者さんのことを想うなら、

きちんと伝え、教育することが

患者さんや利用者さんのためになると思うのです。

 

そういう意識があまりにも乏しい。

周りがやっているからやる?

前の担当のセラピストがやっていたからやる?

求められるからやる?

 

 

それって、どうなんでしょう?

 

破壊行為に疑問を持つなら、やるべきことではない。

 

そのように思うのが、ごく自然な考え方であり、

発想だと思うのですが、どうでしょうか?

 

 

破壊行為をした先に、何を創造したいのですか?

何も良いものなんて生まれないです。

 

強い刺激を求めている、脳の暴走 に従っていると

心身ともに悪い状態になっていきます。

 

 

まとめ

 

あなたのやっていることは、本当に心身ともに

良い影響を与えいるものなのか?

そこを、常に問いながらやっていく必要があると思うのです。

 

私たち理学療法士は、マッサージ屋さんではない。

そして、破壊者でもない。

 

より良い状態、より良いものを患者さんや利用者さんと

ともに創造する役割をもって存在しているのです。

 

セラピストが破壊行為や、よくない状態に

陥らせてしまう危険性があるのであれば

そこに加担してはいけないのです。

 

 

セラピストは、自分自身が提供するものについて

責任を持たないといけません。

 

それをやることで、心と身体に

どういった作用があるのか?

 

そこを考えた上で、理解した上で

より良いものを提供していかないといけないと思うのです。

 

 

患者さんや利用者さんから何かを求めれても、

それを言われるがままにやるのではなく、

やらないとしたら、なぜそれをやらないのか。

それをやることで、患者さんや利用者さんの心身にどのような影響を与えるのか。

 

そこを、きちんと説明できないといけないのです。

それが教育するってことなのです。

 

 

それをやることで、患者さんや利用者さんに

良くない影響を与えるものだとしたなら

それをやらない方が良い。

 

患者さんや利用者さんのことを想うなら

やる必要のないことは、やる必要はない。

むしろ、やるべきではないのです。

 

別の方法で、目の前の患者さんや利用者さんに

納得して頂けるように努力しないといけないと思うのです。

すぐには、納得されないことも多々あります。

でも、時間はかかってでもきちんと説明をし続ける必要はあるでしょう。

 

それが後々、信頼関係を崩壊させないために必要なプロセスなのですから。

きちんと説明すれば伝わります。

もちろん、中には伝わらない人もいます。

でも、そういった人は仕方ないと思います。

 

そもそも、相手を受け入れるという発想を持って生きていないのですから。

自分の主張だけは、きちんと伝える。

相手を、自分自身がコントロールしたいという

自己中心的な発想で生きているのです。

 

そういった人には、何を言っても聞く耳を持ってくれません。

でも、それはそういう人だと思って

その人のためになる方法をやればいいと思うのです。

言われるがままにやる必要はない。

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - コミュニケーション, 信頼関係の構築 , , , , , , , , , , , , , , ,