『変化を引き出せない』のではない。人と関係する限り変化は起きている!

      2017/01/15

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

セラピストが抱える悩みで、

『患者さんや利用者さんの変化を引き出せない』

という言葉を耳にすることがあります。

 

『変化を引き出せない』

それは、患者さんや利用者さんを “良くしたい” という

想いを持っているからでしょう。

 

そういった想いを持つこと自体は、別に悪いことではないですし、

むしろプロとしてあるべき健全な姿でしょう。

 

しかしながら、『変化を引き出せない』というのは思い込みです。

人と関係している時点で、

目に見えるのか、見えないのか、

感じ取れるのか、感じ取れないのか、

ということは別にして、必ず何かしらの変化は起こるのです。

 

それが、関係するということなのですから。

 

今回のブログでは、『変化を引き出せない』

という多くのセラピストから発せられる言葉。

そのことについて話を進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

人と関係する限り、何かしらの変化は起こるものである

 

『変化を引き出せない』というのは

目の前の事実をみることができていない、

ということでもあります。

 

んっ?

どういうことなのか、さっぱり分からない。

そう思っているかもしれません。

 

それは、“無知” な状態 であると言えるでしょう。

 

 

『変化を引き出す』ということと

『可能性や能力を引き出す』ということは

全く違います。

 

その違い、というものの区別がつかない。

そのことに対しての “無知” である、

ということを言っているのです。

 

 

目の前の患者さんや利用者さんは、あなたと関係することで

必ず何かしらの影響を受けていますし、

そのことによって、何かしらの変化をしている。

 

それは、紛れもない “事実” なのです。

 

目の前の患者さんや利用者さんの変化を汲み取れない。

それは、セラピスト自身の観察力のなさを

自ら露呈していることでしかありません。

 

 

人というのは、身体同士が触れなくても

関係性をもつことで、お互いに影響を与えあっています。

つまり、それはコミュニケーションをしている、

ということでもあるのです。

 

目に見えないけど、意識の世界、意識の領域で

お互いに、何かしらの影響を与え合っている。

見えないところ、意識化できないところで

お互いにコミュニケーションをしているのです。

 

このように良い意味でも、悪い意味でも

変化はしている。

お互いに影響を与え合っているのですから、

何かしらの変化は起こっているのです。

 

それが目に見える変化なのか、目に見えない変化なのか、

ということの違いだけでしかないのです。

 

あなた自身が『変化』を認識できていないという問題

 

『変化を引き出せない』というのは、観察力のなさ、

洞察力のなさ、からきている問題なのです。

変化というものは、関係することで

自動的にセットでついてくるものです。

 

だから、『変化を引き出せない』というのは完全な思い込みです。

そして、そのことについて “無知” なのです。

 

『可能性や能力を引き出す』ためには、そのためのプロセスが必要となる

 

『変化』というものは、人と関係することで

自動的にセットでついてくるものです。

 

その一方で、『可能性や能力を引き出せない』というのは

関係することで自動的にセットでついてくるようなものではありません。

セラピスト自身の在り方、関係性の仕方で

大きく変わってくるものなのです。

 

どのように関係することができるのか、ということで、

可能性や能力を引き出せるのか、引き出せないのか、

ということが大きく変わってきます。

 

 

『可能性や能力を引き出す』ということは簡単ではない。

何もしなくてもセットで

自動的についてくるものではないからです。

 

『可能性や能力を引き出す』ための

プロセスが必要になるのです。

 

 

実際に身体が触れ合わなくても、触れる前から

すでにコミュニケーションが始まっています。

触れる前から、すでに関係性が始まっているのです。

 

触れる前から、いかに関係性の構築を『違和感』なく

築いていくことができるのか。

 

 

信頼関係の構築ができれば、身体に触れてからも

お互いに深いところでつながり合えるようになります。

それが『調和』する、ということです。

『調和』することができるから、

何かを創造することができる。

お互いが関係することで、何らかの化学反応が起こって

その結果、新たな何かが創造されるのです。

 

 

それは、創造性が担保されているということなのですが、

創造性が担保されているがゆえに

『可能性や能力が引き出される』ということになるのです。

 

『可能性や能力が引き出される』=創造 なのですから。

 

 

関係性の構築ができていますか?

 

関係性を構築することができる、『調和』のとれるセラピスト

って、どれくらいいるのでしょうか?

 

多くのセラピストは、『調和』とは程遠い状態の

関係性しか構築できていません。

 

それっていうのは、関係性が構築されているとは

言えないのです。

 

・分離している状態

・一方通行の状態

 

そのような状態では、何も創造することはできない。

そして、可能性や能力を引き出すことなんてできないのです。

 

 

『変化を引き出せない』というのは、変化を感じ取れない

感受性の低さが問題です。

 

でも、『可能性や能力を引き出せない』というのは

可能性や能力を引き出すために、多くの要素とプロセスが必要になります。

 

 

まとめ

 

あなたが、患者さんや利用者さんと関係することで

何かしらの変化は引き出しています。

 

患者さんや利用者さんだけではなく、

あなた自身も目の前の相手の影響を受けて変化している。

一時的な変化ではなく、常にお互いに変化し続けているのです。

このように、相互に影響を与えて絶えず何かしらの変化は起こっている ものなのです。

 

関係することで、自動的に変化は起こっている。

それを認識できているのか、できていないのか、

ということだけの違いでしかないのです。

 

 

でもね、可能性や能力を引き出せているのか、といったら

それは、とてもじゃないけど『 YES 』とは言えないでしょうね。

そう 簡単なことではないから 

 

『調和』しないことには、目の前の相手から可能性や能力を

引き出すことはできないのです。

・きちんとコミュニケーションが取れていますか?

・双方向の循環を起こせていますか?

・キャッチボールができていますか?

・自己中心的になっていませんか?

 

色んな要素が必要なのです。

 

勘違いしないで欲しいのです。

できている “つもり” になっているだけで、

何もできていない。

自己満足な関係性で終わっているのです。

 

勘違いセラピストにならないように

目の前の患者さんや利用者さんと『調和』がとれるようになりましょう。

 

『調和』という前提がなければ、

『可能性や能力を引き出す』ことはできないのです。

独りよがりなセラピーを展開しないようにしましょう。

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - 『調和』や『一体感』, 創造, 可能性や能力を引き出す, 関係性 , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,