いくらテクニックや技術を高めても、信頼関係を築けないと使えない

      2017/01/15

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

この先も “生き残れる” 理学療法士になるために、あなたに必要なこととは何でしょうか?

 

患者さんや利用者さんを変化させることのできるテクニックや技術といったものでしょうか?

腕に自信があれば、目の前の患者さんや利用者さんに満足してもらえる。

 

 

そのように考えているかもしれません。

それは正解でもあり、間違いでもあります。

 

いくら素晴らしいテクニックや高い技術というものをあなたが身につけたとしても、

それでは目の前の患者さんや利用者さんを満足させることはできないのです。

 

今回のブログでは、この業界に根強く存在しているテクニックや技術至上主義 について問題提起するとともに、新たな価値観を提示したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

テクニックや技術に偏ってしまうことが問題である

理学療法士の資格を取得し、実際に臨床で働き始めると、様々な葛藤が生まれます。

 

その中でも、多くの新人セラピストが抱える悩みとして

目の前の患者さんや利用者さんと関係した際に 良い変化をうまく引き出すことができない、という問題があるでしょう。

 

経験を積んだ先輩セラピストが介入すると良い変化が生まれるのに、新人セラピストが介入した場合だと、同じような変化を引き出すことができない。

それは、ある意味当然のことでしょう。

 

 

そこで新人セラピストが抱えてしまう悩みは、自分自身の『能力不足』という課題です。

患者さんや利用者さんの変化を引き出すことができない、という問題。

それを大きな課題と捉えて、その課題を乗り越えるために何かしらのテクニックや技術というものを学ぼうとします。

 

こういった流れというのは、高い目的意識を持っていれば当たり前のように起こることですよね。

お金をもらって、プロとして仕事をする以上、より良いサービスを提供したいと思うのが当然ですから。

 

目の前の患者さんや利用者さんのより良い変化をうまく引き出したい。

ゆえに、そのための手段となるテクニックや技術というものを積極的に学ぼうとする。

 

その姿勢は素晴らしいことです。

しかしながら、ここで 盲点となっていることがある、ということに多くの人は気づきません。

 

 

これは、新人セラピストだけの話ではなく、経験年数を積んでいるセラピストにも言えることです。

より良いサービスを提供したいというのは分かります。

でも、そのためにあなた自身が学んだテクニックや技術というものは目の前の患者さんや利用者さんを満足させるものなのか?

という視点が欠けているのです。

 

テクニックや技術というものは、もちろん重要なものです。

セラピストの生命線ともいうべき、あなたの提供できる重要な価値となることでしょう。

 

セラピストは、自分自身が持っているテクニックや技術というものを駆使して目の前の患者さんや利用者さんの能力や可能性

を引き出すのですから。

 

テクニックや技術というものは、目の前の患者さんや利用者さんの能力や可能性というものを引き出すための手段である という表現ができると思います。

 

だからこそ、自分自身のテクニックや技術を高めようという発想を持つようになりますし、実際にそのための行動を起こしているのでしょう。

 

しかしながら、テクニックや技術というものを発揮するためには、ただテクニックや技術を高めても、

それが使える状態にならないことには『宝の持ち腐れ』となってしまうのです。

 

 

何が言いたいのかというと、

テクニックや技術を発揮するまでの段階でとても重要なことがある、ということが言いたいのです。

今回のブログで私自身が伝えたいことは、ここの部分です。

 

テクニックや技術が最も重要なことではない、という話です。

それらを使う前の段階で、もっと重要なことがある。

その話をしたいのです。

 

 

それが、何なのか?

ここまで読んで頂いたあなたが知りたいことですよね?

 

それは、『信頼関係』の構築 です。

 

 

信頼関係の構築が重要である

 

いくらあなたが素晴らしいテクニックや高い技術を持っていたとしても、信頼関係を築けない限り、目の前の患者さんや利用者さんは、あなたの持っている素晴らしいテクニックや高い技術というものを受け入れてくれないのです。

テクニックや技術を受け入れる、というよりも あなた自身を受け入れてもらえない

 

そういう視点を持っている人が、あまりにも少ないのではないかということです。

 

・選ばれるセラピスト

・生き残れるセラピスト

 

こういったセラピストをあなた自身が目指すのであれば、目の前の患者さんや利用者さんと、いかに信頼関係を構築することができるのか、といったことを考えなければいけません。

 

いくら素晴らしいテクニックや高い技術を持っているセラピストがいたとしても、

何か特別なテクニックや技術を持っていなくてもより深く、目の前の患者さんや利用者さんとつながることができる力を持っているセラピストの方が、患者さんや利用者さんの満足度は高いのです。

 

 

究極的には、特別なテクニックや技術を持ち合わせていなくてもコミュニケーション能力がずば抜けていれば、あなたが存在するだけで、患者さんや利用者さんの可能性や能力を引き出せます。

直接触れなくても、言葉かけや

ただ、話を聞くだけでも患者さんや利用者さんの可能性や能力が引き出せる存在なのですから、高い満足度が得られるのです。

 

それは、究極の話ですが、患者さんや利用者さんが求めているのは素晴らしいテクニックや高い技術ではないのです。

 

 

対話力を身につけよう!

 

人間を相手にしている以上、一人の人間としてみて欲しい。

そのように思っています。

あなたが、目の前の患者さんや利用者さんを、あなた自身が身につけたテクニックや技術を披露するための存在

としてしかみてないないと、患者さんや利用者さんからの満足度は得られません。

 

なぜなら、利用者さんや患者さんは、

自分という存在を無視されているかのように感じるからです。

 

自分の持っているテクニックや技術を発揮しよう、という発想でリハビリテーションを行っている人は

必ずと言っていいほど、目の前にいる患者さんや利用者さんと対話ができていないのです。

 

 

いかに、自分の持っているテクニックや技術をやり通せるのか。

そこに意識が向かってしまっているのです。

それは、相手を無視した一方通行の関係性 でしかありません。

そんなものを受けた患者さんや利用者さんは満足するのかどうか、ということを考えてみると、簡単に理解出来るはずです。

 

テクニックや技術というものを追い求めた果てにあるものは、自己中心的なセラピーです。

そこに、患者さんや利用者さんという視点はない。

テクニックや技術に溺れてしまう人の多くは、こうした盲点を抱えています。

最も大事なことを見失っているのです。

 

相手にしているのは、ロボットではなく人間であるということを忘れているのです。

 

人間は、何かしら反応する生き物です。

その絶えず変化する反応を、キャッチできる対話力というものを欠かしては患者さんや利用者さんとはつながれない。

 

つまり、信頼関係を構築できないから、

いくら素晴らしいテクニックや高い技術を持っていてもそれが使えない、ということなのです。

 

 

ちょっと考えてみて下さい。

とにかくテクニックや技術が飛び抜けて素晴らしいものを持っているけど、こちらの話は聞いてくれないし、一方的に持っているテクニックや技術を駆使してくるセラピストと

そんなに特別なテクニックや技術というものはないけど、とにかくきちんとこちらの話を聞いてくれて、セラピー中もこちら側の反応を敏感にキャッチしてくれるセラピストがいたとしたら、

あなた自身は、どちらのセラピストにみて欲しいと思いますか?

 

中には、前者を選択する人もいるかもしれませんが、長期的に付き合っていくなら、圧倒的に後者でしょう。

前者には興味があっても、長い付き合いはしたくはない、と思うのが自然な流れだと思うのです。

 

あなたに目指して欲しいのは、どっちの側面をも兼ね備えているセラピストです。

深い対話力があり、なおかつ素晴らしいテクニックと高い技術力を持っているセラピストです。
これは、かなり満足度が高いと言えるのではないかと思うのです。

そのようなセラピストを目指して欲しいのです。

 

そのためには、信頼関係を築く力。

すなわち 対話力を身につける、ということです。

 

コミュニケーション能力を高めることなのです。

コミュニケーション能力を高めるといっても、言葉を使って行うコミュニケーション能力だけを高めようと思うのは方向性として間違っています。

 

言葉を使わない、非言語でのコミュニケーション能力。

ノンバーバルコミュニケーションですね。

これがいかに自然に、できるのか。

 

 

相手に違和感を与えずに、相手の世界観を壊さずに関係性を築けるのか。

そういった能力が高ければ高いほど、患者さんや利用者さんにとって違和感を感じさせることのない関係性を築くことができるのです。

 

違和感を感じさせない、ということはあなたという存在を受け入れてもらえる、ということです。

違和感を感じさせてしまうようなコミュニケーションしかできない、ということであれば、あなたは患者さんや利用者さんに受け入れてもらえないでしょう。

その結果、セラピーに入ることができないわけです。

せっかく、素晴らしいテクニックや高い技術を持ち合わせていても、それを発揮するチャンスがない、ということです。

 

 

相手に受け入れられているからこそ、

テクニックや技術というものが活きるのです。

相手が拒絶しているのに、壁をつくっているのに、そこに対して無理矢理介入することはできないのです。

 

今回のブログでお伝えしたかったことは、もっとも重要なのは、テクニックや技術を磨くことではない、ということです。

それらを発揮することができる前段階として、目の前の患者さんや利用者さんとの信頼関係を構築することができる力を身につけること。

それが、もっとも重要なことなのです。

 

 

目の前の相手といかに深くつながることができるのか。

そこに意識を向けてみましょう。
そうすることによって、必然的に対話力が磨かれることになります。

それは、言葉を介してのコミュニケーション能力だけではなく、非言語でのコミュニケーション能力もです。

 

深い洞察力が求められるのです。

対話力を高めること。

 

それが、生き残ることができるセラピスト、

選ばれるセラピストになるために欠かせない要素なのです。

 

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - コミュニケーション, 信頼関係の構築, 可能性や能力を引き出す , , , , , , , , , , , , , , , ,