あなたの身体が使えていない事実を認識していますか?

      2017/01/14

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

身体を使えていると “思い込んでいる”

セラピストが少なくない。

そのように感じます。

 

セラピスト自身の身体が使えていないのに、

一体なぜ、患者さんや利用者さんをより良い状態に導くことができるのでしょうか?

 

セラピスト自身の身体が緊張状態にある。

つまり、凝り固まった状態で接触すると、どのような影響を及ぼしてしまうのか?

この問題について、真剣に向き合っているセラピストが多くない。

 

めちゃくちゃ影響力がある、ということを身体で理解していないんですね。

ゆえに、『無知』なのです。

 

今回のブログでは、セラピスト自身が身体を使えるようになるために必要なことについて話を進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

身体を使えるセラピストになるために必要なこと

 

セラピスト自身が身体を使えるようになる。

そのために必要なことって、

数え上げればたくさんあるでしょう。

 

しかしながら、そういったものの本質を辿れば

数としては多くない。

その多くない要素のうちの一つとしてあるのが、

このブログでも書いたことがある

“骨(コツ)をつかむ” ということです。

 

骨(コツ)をつかめないから、

物理的な身体の中心を捉えることができないし、

あらゆるモノゴトの中心をも捉えることができないでいるのです。

それは、関係性をうまく構築することができない、ということでもあります。

 

モノゴトの中心を捉えることができる、というのは、自分と、対象との距離感が適切に保てる、ということがあります。

対 “ヒト”

対 “モノ”

 

こうした対象との関係性において、

適切な距離感を保てないがゆえに中心を捉えることができないのです。

 

このような抽象論をお伝えしても、いまいち “ピン” と来ない。

そのように感じているかもしれないですね。

 

今回のブログでは、この話の続きをするのではなく、『骨』というものをテーマに書き進めていきたいと思います。

 

 

筋肉が凝り固まっているという問題

 

『骨』を捉えることができない。

それは、筋肉の緊張が高い、ということです。

骨に付着している筋肉が緊張している。

 

つまり、凝り固まっている、ということなのです。

さらに、隣接する筋肉同士で癒着が起こっている。

このように筋肉が凝り固まっている状態というのが問題なのです。

 

 

なぜ、筋肉が凝り固まっていることが問題なのか?

 

そこを考える必要があります。

 

それは、脳の話へとつながるのですが、

筋肉が凝り固まっていると、その凝り固まっている筋肉が “筋肉” であるという認識が起こらないのです。

 

常に緊張状態で、カチコチになっている。

そんな状態に陥っている筋肉は少なくないでしょう。

実際に、自分自身の筋肉を触診してみると理解できるでしょう。

 

手羽先の様に、骨は骨。

筋肉は筋肉。

この様に、きちんと組織が区別できる状態にあれば、脳の認識としても、区別されるのです。

 

しかしながら、骨に付着している筋肉がカチコチに凝り固まっていると、

その硬さゆえに、骨自体を支持組織として使うのではなく、

その骨に付着している 筋肉を支持組織として使ってしまう のです。

 

脳には、このような特性がある。

そのことを、セラピスト自身が理解していないのでしょう。

 

 

体重を支える

 

この役割を担っているのは、身体の組織の中でも、最も剛性がある、骨でしょう。

骨を使うことで、筋肉の負担が減るのです。

筋肉の緊張が最小限で済む。

 

それは、言い換えると

『骨で立つ』ということを体現できている状態です。

その状態を体現しているのが、赤ちゃんであり、オリンピックで金メダルを取るようなトップアスリートなのです。

骨を最大限に活かして、体重を支えている。

 

骨を活かすことができることで、

筋肉の仕事は体重支持という役割から随分解放されます。

解放されるということは、その他の仕事に使えるようになる、ということです。

 

そうなって初めて、筋肉というものを全身を協調的に、連動させて使えるようになる、

ということなのです。

 

どこかに緊張があって、凝り固まっていると協調性が欠けることになります。

筋肉を部分的にしか使えない。

そのような状態に陥ってしまうのです。

それは、身体というものを大雑把にしか使えない、ということでもあるのです。

 

 

組織分化を進めよう!

 

身体を使えている人っていうのは、

身体を細く割って使うことができている のです。

 

具体的なイメージが湧かない人は、

水族館の大水槽で泳ぐ小魚の群れを思い返してみて下さい。

小魚一匹一匹が、身体のパーツです。

方向転換するときも、全体が協調的に同じ動きをする。

ある運動に対して、まとまりのある動きを“個” が遂行する。

 

このような身体づかいができるようになれば、

身体において部分的な負荷がかかる、ということがなくなるのです。
負荷や仕事が、部分的なところに偏らない、

ということなのです。

 

・全体で、負荷を分散させる

・全体で、仕事を分担する

 

このような身体づかいになることで、筋肉の負担や負荷は大きく減ることになるのです。

 

そういった身体づかいを可能とするには、

骨を使うことなのです。

 

骨を骨として脳に認識させる。

筋肉を筋肉として脳が認識できる。

きちんと 組織分化できている ことが、必須条件なのです。

 

ほとんどの人が、骨と筋肉が、脳にはごちゃ混ぜに認識されている。

だから、本来は骨を使って体重支持をするところを筋肉を使って体重支持をさせてしまっている。

その結果、どうなるのかというと

より筋肉が固まっていく。

このように 負のスパイラルに陥ってしまう のです。

 

骨を体重支持ということに使えるようになると

骨の意識がはっきりとしてきます。

そして、骨と筋肉がより明確に区別されます。

 

骨を骨として捉えることができて、

骨をきちんと捉えることができるようになると

筋肉がより “ゆるむ” ことになるのです。

 

骨を使えれば使えるほど、より明確に骨と筋肉が

別のものとして認識される。

 

このスパイラルに入ると

より骨を使えるようになります。

 

この 骨を使える、骨を捉える、ということが身体を使える、ということになる のです。

骨を捉えられないから、動きがぎこちなくなるのです。

身体の動きに対して、

アクセルとブレーキを同時にかけている状態。

そのような身体づかいになってしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

骨を掘り出し、筋肉の癒着から解放すること

 

・どのようにすれば骨を使えるようになるのか?

・どうすれば、骨を捉えることができるようになるのか?

 

その具体的な話をしたいと思います。

 

それは至ってシンプルです。

ただ、シンプルなものほど難しい、

ということは理解しておいて下さいね。

 

 

その方法とは、『骨を出す』

ということです。

 

化石の発掘作業と同じように、筋肉に埋もれている骨を発掘するのです。

 

あなた自身の指で、手で、身体のパーツを使って

凝り固まっている筋肉を、骨から剥がすのです。

そうやって、骨を発掘していくのです。

シンプルでしょ?

 

でも、そう簡単じゃないのです。

なかなか骨から筋肉を剥がすことができないからです。

それほどまでに、癒着しているのです。

 

 

骨から筋肉を剥がすだけではなく、

隣接している筋肉との癒着も剥がしていかないといけない。

癒着している部分は、必ず何かしらの影響を及ぼしています。

 

発掘作業、癒着を剥がす作業の過程で重要なのは、その癒着を剥がした際に、

部分の変化が、全体にどのような影響を与えるのか?

ということをきちんと感じて欲しいのです。

変化を見て欲しいのです。

その変化という情報を、あなた自身にフィードバックすることが

あなたの身体で考えることができる状態をつくり出すことになるのです。

 

 

多くのセラピストが、新たな知識や情報はインプットするけど

身体を通して情報をインプットしないから、身体で考えることができない のです。

身体で考える力が育たないのです。

 

だから、適切な評価ができないし、

細かな部分が理解できない。

さらに、より良い状態に導くことができないのです。

 

 

脳に骨は骨、筋肉は筋肉と、それぞれの組織を再認識させることで身体が変わる

 

話が逸れましたが、

とにかく “発掘作業” に励むこと。
発掘作業の過程で、骨は骨、筋肉は筋肉、ということを脳に再認識させることなのです。

この 脳の再認識 というプロセスが、

何よりも重要 なのです。

 

なぜなら、再認識されると

身体の使い方が、再構築される からです。

脳としても、身体を効率良く使いたい。

そのような特性?があるからです。

 

先ほども書きましたが、骨というのは身体の組織の中でも

最も剛性が高い組織です。

ゆえに、その剛性という特性を活かすために

最大限、体重支持に使いたい。

 

脳に、骨という再認識がされると

その骨を積極的に使おうという働きが起こります。

 

そうやって、より良い方向に身体という身体資源を使おうとする 

その特性を意識的に、あなた自身がやっていくことが重要なのです。

それをどんどんやることで、骨が使えるようになってくる。

 

・骨を使えるようになる

・骨を捉えることができるようになる

 

その結果、骨と骨同士の “つながり” が生まれ、

連結するようになる。

 

すると、『軸』が通る ようになってくるのです。

骨の重みが生まれ、骨の重みにより地球の中心に向かう力が生まれるようになる。

そうやって、あらゆる骨が凝り固まっていた筋肉から解放されることで骨全体が、調和する位置関係に構築されるのです。

 

身体全体の骨が、それぞれに地球の中心に向かって引き寄せられる。

重力によって、地球の中心に向かうようになる。

 

骨全体の地球の中心に向かうベクトルの集合体が

身体の中心を天地に貫く『軸』となるのです。

背骨に貫く『軸』が形成されるのです。

 

 

このような状態を手に入れて、重力場という環境の中で

初めて『調和』した状態を手に入れることができるのです。

 

その空間で、地面との調和が起こる。

地球との調和が起こる。

 

 

“ゆるむ” ことが良い循環を生み出す

 

重力を感じられるくらいに、

筋肉が “ゆるむ” ということがない限り、

骨を感じることができません。

 

筋肉から解放されるから、骨の重みを感じられ、

骨を捉えることができるようになるのですから。

 

それは、これまでのブログでも書いてきたことですね。

 

 

発掘作業により、骨出しを徹底的にやる。

骨出しが出来たら、脳に骨という認識がなされます。

 

その結果、積極的に脳が骨を使おうとする。

骨が使えるから、筋肉の負担や仕事が減り、

より筋肉は “ゆるむ” ようになる。

 

筋肉が “ゆるむ” から、骨との組織分化が進む。

組織分化が進むから、どんどん筋肉も “ゆるむ” 。

このように、どんどん良い循環が生まれるようになる のです。

 

 

そうやって、どんどんゆるんでいくことが『軸』を身につけることにつながるのです。

 

あなたの身体と向き合ってみて下さい。

いかに、あらゆる部分で筋肉が凝り固まって、癒着しているのか。

そのことに気がつくことになるでしょう。

 

凝り固まっている分、癒着している分、あなたの身体は使えない身体だということをきちんと認識して下さいね。

 

 

あなたの身体の中で、

エネルギーの交通渋滞が起こっている。

 

癒着している部分で、凝り固まっている部分で

流れが阻害されているのです。

それは、身体を不自由にしている元凶なのですから。

 

 

・骨をいかに解放するのか?

・筋肉の緊張から、解き放てるのか?

そこが重要なのです。

 

骨を使えること。

それが、“コツ”  をつかむ、ということなのです。

 

昔の日本人は、現代人よりもはるかに高い身体能力を発揮しながら生活していました。

 

だからこそ、このような身言葉が生まれたのでしょう。

実際に、骨を使えているから、生まれた言葉でしょう。

 

あなたの身体は、本当に本当に使えていないのですよ。

そのことを認識しましょう。

まずは、そこからです。

 

 

まとめ

 

身体を使えるようになると、あなた自身のPTとしての人生の質が変わります。

あなた自身も快適、あなたと関係する相手も快適。

緊張状態をつくり出す存在ではなく、

相手の可能性や能力を引き出す存在となり得るのですから。

 

骨(コツ)をつかむことができるのですから、

中心がズレない。

あらゆるモノゴトの本質を捉えられるようになる。

それにより、大きなストレスを減らすことができます。

 

・人の関係性が、ズレる

・モノとの関係性がズレる

 

両者それぞれに、心身ともに大きなストレスがかかることは容易に想像できますよね?

 

ピタッと、対象の中心を捉えることができる。

それを得るためには、身体でいうと

骨(コツ)を捉える能力が欠かせないのです。

 

身体を使えるようになるためには、骨を捉えること。

骨を使うこと。

これが欠かせません。

 

そのような状態を手に入れるためには、あなた自身の凝り固まった筋肉から骨を解放することから始まります。

 

骨を解放し、骨を使っていく。

そうやって、骨を使っていけばいくほど『軸』が通るようになってきます。

『軸』が通れば、より筋肉が “ゆるむ” ようになる。

 

筋肉がゆるめば、より骨の意識がはっきりするようになる。

 

このようなサイクルに入っていくことが、

あなた自身の身体をより使えるようになるためには欠かせないプロセスなのです。

 

あなた自身が身体を使えるセラピストに進化することを願っています。

このブログが何かのヒントやお役に立てれば幸いです。

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - カラダの使い方, 能力、スキルアップ, , 関係性 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,