身体が使えないセラピストが増産中!

      2018/11/28

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

セラピストの身体の在り方について多々感じることがあります。

“身体づかい” を長年探求してきた身として、

多くのセラピストの身体の在り方について

問題提起したいことがあります。

 

・身体の在り方が、なっていない

・身体づかいが、なっていない

 

そもそもセラピスト自身の身体の在り方が、

“マズい” 状態に陥っているのに

そんな状態で、目の前の相手の可能性や能力を

引き出すことなんてできないのです。

 

今回のブログでは、多くのセラピストが抱えている

身体の在り方、身体づかい、の問題について

書き進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

あなたは骨(コツ)をつかめていますか?

 

前回のブログ

セラピストの在り方が、目の前の相手に及ぼす影響力を認識せよ!  icon-share-square-o 

では、セラピスト自身の在り方が

とても重要であるということをお伝えしました。

 

セラピスト自身が、“ゆるむ” こと。

深いところまで “ゆるむ” ことができれば

骨を使って、立つことができます。

 

それが、“骨(コツ )” をつかむ

ということなのです。

 

 

骨というのは、人体の組織の中でも

もっとも硬い組織です。

その硬い組織を、身体の姿勢保持のために

最大限活かす、ということが重要なのです。

 

骨を最大限に生かすことができれば、

筋肉の緊張を最小限で済むようになります。

 

つまり、頑張らなくても良い、踏ん張らなくても良い

ということになるのです。

 

 

筋緊張を最小限で済む、ということは

エネルギー効率の側面からみても

非常に効率の良い身体の使い方です。

 

そして、姿勢保持の状態から、動作の局面に移行する際にも

スムーズな移行が可能となるのです。

 

 

その “頑張り” は必要ですか?

 

これまでのブログでも、患者さんや利用者さんの

身体に不必要な緊張を高めないことが重要ですよ、

ということを書いてきました。

 

姿勢保持の状態から、動作の局面へと移行する際に

過剰な緊張があると、それがブレーキとなり妨げとなるのです。

 

わかりやすくいうと

その過剰な緊張を、一度抜かないと次の局面に移行できない、

ということなのです。

 

 

それは、車や自転車の運転でいうところの

ブレーキをかけながら、

アクセルを踏んでいるようなものだと言えます。

 

それは、明らかにエネルギー効率の側面からみても

非効率な身体の使い方ですよね。

 

でも、そういった身体の使い方を指導してしまっている、

ということを自覚、認識しないといけないのです。

 

 

患者さんや利用者さんの身体を

過剰に緊張させてしまっていないのか?

そこをきちんと観察、評価できなければいけないのです。

 

そのためには、セラピスト自身がゆるんでいないといけないのです。

セラピスト自身がゆるんだ身体を手に入れていないと

細かい部分が分からない。

 

知識や情報だけで、

より良い姿勢や動作というものは

引き出せないし、指導できないのです。

 

セラピスト自身が体現しているからこそ、

身体をどのように使ったら良いのかを

本当の意味で理解できるし、評価できるし、

患者さんや利用者さんに指導できるのです。

 

自分の身体にないものは、本当の意味では他者に提供することはできない のです。

 

 

骨の支持性を最大限に活かして立つこと、

動くことを身体で理解していれば、

どこの筋肉が働いている必要があるとか、

緊張が抜けている必要があるとか

そういったことを理解できます。

 

頭で考えなくても、身体で理解できる。

 

だから、患者さんや利用者さんに

フィードバックすることができるのです。

 

こういったことを踏まえて、とにもかくにも

セラピスト自身の身体づかいが重要ですよ、

ということをお伝えしているのです。

 

 

頭で考える状態から、身体で考える状態へシフトすること

 

セラピーの際には、目の前の患者さんや利用者さんと

接する中で、多くの情報を処理しなければいけません。

 

頭で処理できる情報量というのは限られているのです。

同時にいくつもの情報を処理することができない。

 

でも、身体で考えることができれば

頭で考えるよりも、はるかに多くの情報を同時に処理できるのです。

 

 

頭で考える、というのは

部分しかとらえることしかできません。

 

でも、身体で考えるということは

部分から、全体を捉えることもできるし、

全体から、部分へと視点をフォーカスすることもできる。

 

ミクロとマクロ、部分と全体を自由に行き来することができるのです。

 

 

この差は、圧倒的な違いを生み出しますよね。

余裕が生まれるから、視野が広くなるのです。

 

だから、色んなことが見えるようになります。

患者さんや利用者さんの評価や、セラピー、

そのどちらも視野を広げて対処できる。

 

そういった能力を身につけていくことは

必須の能力と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

あなたの身体がつかえていないことが問題である

 

セラピスト自身が、ゆるめない身体でいると

動けないんですよね。

 

姿勢を整える、ということだけならまだしも

歩行介助や、歩行動作の促通などの際には

セラピスト自身がブレーキをかけながら、アクセルを踏んでいる状態なので

そういったセラピストに触れられる相手は

大きな違和感を感じてしまう のです。

 

触れている手が硬いし、相手の身体にフィットしない。

一体感を得られないので、

動きの邪魔になってしまうのです。

 

 

進むべき方向に行きたいのに、それを邪魔してしまうとか

行きたくない方向に、誘導されてしまうとか

そういった状態に陥ってしまうのです。

 

 

つまり、全く『息が合わない』ということになるのです。

 

それは、お互いに心地よいものではないですよね。

そんな関係性だと、とても深い信頼関係なんて得られないのです。

 

 

触れる相手と調和できないのですから、

バラバラになってしまっているのです。

そのことに気がつかなければいけません。

 

『あれ、うまくいかないなぁ!?』

じゃないんですよね。

 

 

セラピスト中心にモノゴトを考えてはいけないのです。

 

目の前の患者さんや利用者さんの可能性や能力を

うまく引き出せないのは、

セラピスト自身の身体の在り方に問題があるからなのです。

 

そこを認識しないといけないのです。

 

 

そのことにあまりにも『無知』なセラピストが多いのです。

 

うまくいかないことを、目の前の患者さんや利用者さんに責任転嫁している。

 

そうじゃないんです。

セラピスト自身の身体づかいが、

“ヤバい” からなのです。

 

良くないという意味での、“ヤバい” 状態なのです。

 

問題の本質は、セラピスト自身の身体づかいの “低さ” なのです。

 

 

『調和』できる身体を手に入れよう!

 

プロ意識を持って仕事をしていくなら、

テクニックとか、技術とか

そういったものを追い求めるよりも

まずは、セラピスト自身の身体の在り方について

探究することが大事だと思います。

 

目の前の相手と調和することのできない身体でしかないなら

相手に感じるのは、『違和感』でしかないのですから。

 

可能性や能力を引き出すとか、そういうことから

程遠い状態なのです。

 

 

逆に、可能性や能力を引き出すことを

阻害してしまっていることの方が多いのです。

 

まずは、セラピスト自身の身体から整えていきましょう!

 

あなた自身が『調和』のとれる身体を

手に入れることが欠かせないのです。

 

 

まとめ

 

セラピスト自身の身体の在り方が、なっていない。

セラピスト自身の身体づかいが、なっていない。

これらの問題は、セラピストとしての

本質的な問題です。

 

テクニックや技術を追い求めることよりも目を向けるべき、本質的、根本的な問題 です。

 

 

そこに気づいていないセラピストが、本当に多いと感じています。

テクニックや技術というものを追い求めること自体は

素晴らしいことです。

 

でも、身体がつかえないのに、

いくら素晴らしいテクニックや技術を追い求めても

それを身につけることはできないのです。

 

 

逆にいうと

身体がつかえれば、テクニックや技術の習得が早くなるし、

いくらでも応用が利くのです。

 

身体がつかえると、自由に『枠』にはめ込んで

あらゆるテクニックや技術というものの『型』ともいうべき

本質に気づくことができるからです。

 

マニュアル的なものに当てはめるのではなく、

身体が、それぞれのテクニックや技術というものにフィットする。

そのように、身体で考えることができるようになるのです。

 

 

勉強すること、何かを学ぶことは良いと思います。

でも、いくら知識や情報だけを詰め込んでもそれは頭の中の世界を拡大することにしかならない 

 

大事なことは、新たにインプットした知識や情報を

身体をつかって、物理的現実世界にインストールすることです。

頭の中にインプットしただけでは、

新たな知識や情報をダウンロードしただけなのです。

 

 

PCと一緒で、ただソフトをダウンロードしただけでは

そのPCでは使えないのです。

ダウンロードしたものをインストールして初めて使えるのです。

 

それを人間に当てはめると、大事なことは

身体をつかって知識や情報を検証していくということですよね?

それをやらないから、身体がつかえないままなのです。

 

 

ただ知識や情報だけは持っているセラピストになる。

身体はつかえない、知識ばかりのセラピスト。

そんなセラピストいますよね?

そんな “痛い” セラピスト にはなりたくないものです。

 

 

能書きばかり垂れて、身体が伴っていないセラピストの言うことなんて

誰が信じるのでしょうか?

 

私たちセラピストは知識や情報だけでリハをやるのではないのです。

身体をつかって、リハを展開していきます。

 

 

ゆえに、身体がつかえないことには

やはり説得力を持たない。

もちろん知識や情報って大事ですよ。

 

ここで勘違いしないで欲しいのですが、

どういったことを言っているのか、理解して下さいね。

知識や情報だけに偏ってしまうことが問題である

ということをお伝えしているのです。

 

 

知識や情報に偏ってしまうことが問題なのです。

その結果、身体をつかえていない残念なセラピストが増産されている、

ということを言っているのです。

 

 

インターネットの発達により、いくらでも知識や情報を得ることができます。

でも、いくら知識や情報を手に入れたところで

それが活かせるのかといったら、それは別問題です。

活かせていないセラピストばかりではないでしょうか?

 

それは身体をつかって、インストールできていないからです。

身体で、府に落とせていない。

 

だから、つかえない知識や情報のままで終わってしまっているのです。

 

 

あなたの身体の在り方は、いかがでしょうか?

身体はつかえていますか?

 

そこを自ら “問う” ところから始めてみましょう!

 

ということで今回のブログは以上になります。

最後まで、読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - 『調和』や『一体感』, カラダの使い方 , , , , , , , , , , , , , , , , ,