『中心』を捉える技術

      2017/01/16

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

私たちセラピストが、患者さんや利用者さんの

身体に触れる際に、どういったことが重要になってくるのでしょうか?

 

身体に触れることの本質は、

『相手の身体に触れる』、ということの本質を理解せよ! icon-share-square-o にも書きました。

 

なので、今回のブログでは

重複する内容は書きません。

 

今回のブログで、あなたにお伝えしたいことは、

『中心』を捉える、ということです。

 

・『中心』とは何か?

・『中心』を捉えることで、どういったことが起こるのか?

・なぜ、『中心』を捉えることが重要なのか?

 

今回のブログでは、この『中心』を捉えるということについて

話を展開していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

『信頼関係』の構築のために深く “つながる” 技術が欠かせない

 

相手の身体の中心と、セラピスト自身の中心を

“つなげる” こと。

それができれば、周りのセラピストとの差を

圧倒的に広げることができます。

 

あなたが患者さんや利用者さんに触れることで、

患者さんや利用者さんとの調和が生まれます。

 

患者さんや利用者さんからの抵抗を受けることなく、

あなたという存在を受け入れてもらえます。

その結果、信頼関係の構築がなされる 

 

 

さらに、患者さんや利用者さんの意識の世界が拡大することで

身体が解放され、可能性や能力を引き出すことができます 

 

自分自身と、相手の中心とが “つながる” と

こういったことが可能になるのです。

 

それって、かなり重要なことだと思いませんか?

 

また、これから先、あなた自身が生き残り、

選ばれる存在となるためには

欠かせない要素だと思いませんか?

 

 

自分の中心と相手の中心がつながる。

そこに、一体感が生まれる。

セラピストと患者さんや利用者さんとの調和だけではなく、その “場” や “空間” との調和も生まれる のです。

 

一体感が得られたときの感覚は、独特です。

なんとも言えない感覚です。

何にも縛られない自由な世界を実感できます。

 

と同時に『安心感』を感じることができます。

 

 

そういった状況をつくり出すことができれば

患者さんや利用者さんの可能性や能力を引き出すことは

難しくない。

 

 

安心感で、相手を満たすこと

 

一体感や調和が得られれば、セラピスト自身だけではなく

患者さんや利用者さんに『不安』や『恐れ』の感情を

抱かせることはないのです。

 

つまり、

安心感を与えることができる のです。

 

 

『安心感』を与えることができる

『安心感』で満たすことができる

こういう価値提供が可能となるから、

患者さんや利用者さんとの関係性が良好な関係性を構築できるのです。

 

つまり、『信頼関係』の構築ですね。

信頼関係が構築されるから、相手の可能性や能力を引き出すことができる。

そういった関係性があるのです。

 

 

『中心』を捉えられないと違和感しか与えられない

 

患者さんや利用者さんの中心を捉えることができない。

そういったセラピストは、かなり多いでしょう。

 

ほとんどのセラピストは、体の中心を捉えることができず、

身体の表面に触れて、力づくで患者さんや利用者さんの

身体を動かそうとしている。

 

関節を動かすときも、動作練習を行う際も、

緊張している筋肉をほぐすときも

重要なのは、モノゴトの中心を捉えることです。

 

表面的な部分をどうにかしようと思っても、うまくいかないし、

ぎこちなくなるし、違和感しか感じないのです。

 

 

中心さえ捉えることができれば、

最小限の力で

最大限の効果を得ることができる。

 

関節を動かすときのことをイメージしてもらえたら、

理解しやすいでしょう。

関節の中心を捉えて、骨を動かしていく。

それが、最も効率の良い動かし方なはずです。

 

中心を捉えることができず、やみくもに動かしても

どこかで引っかかったり、詰まったりするわけです。

 

スポンサーリンク

 

対話し続けるから『中心』を捉えることができる

 

私のブログでは、『対話』が重要である、

ということを何度も書いています。

対話するからこそ、中心を捉えることができるわけです。

 

セラピストが自己中心的に動いても

モノゴトの中心は捉えられないのです。

中心からズレてしまうのです。

 

 

相手の身体に触れている、その接触面からかえってくる反応。

そういったものを感じ取りながら、中心を捉え続けていく。

そういった能力が欠かせないのです。

 

さっきから『中心』という言葉を何度も使っています。

『中心』というのは、これが中心である、

といったように、明確にここであるという

動かない部分のことを指して言っているのではありません。

 

中心というのは、絶えず動き続けている。

 

別の表現をするなら、中心は絶えず変わり続けている、

ということなのです。

 

 

それは考えてみれば分かることです。

私たちがじっとしていても、目を閉じてみれば絶えず

重心は移動し続けています。

 

それは感じることができますよね?

 

私たちが触れているのは、物体ではなく

生身の人間なのです。

生きている、反応がかえってくる存在に触れているのです。

 

だから、絶えず中心も移動し続けることになるのです。

 

 

移動し続けているものを捉えるには、対話です。

対話しながら、中心を捉え続けていくこと。

これが、必須のスキルでしょう。

 

筋肉をほぐすのも

可動域を拡大するのも

姿勢を整えるのも

動作を導くのも

 

全て、中心を捉えることができさえすれば、

難しくなくなります。

 

 

中心を捉えることができないと、逆に難しくなります。

 

重いものを持とうと思ったら、その物体の中心を感じないと

無駄に力を必要としますよね?

移乗動作とか、起き上がり動作の

介助の場面を思い出してみて下さい。

 

移乗動作や、起き上がり介助をセラピストにやってもらうと

そのセラピストの能力が明確に出ます。

 

中心を捉えることができているのか、できていないのか?

明らかな違いが生まれます。

 

介助をやる方も、介助される方も

“楽さ” が全く違うのです。

 

 

中心を捉えることができれば、身体にかかる負担が少ない のです。

 

中心を捉えることができなければ、

身体にかかる負担は増大します。

 

 

あなた自身が『調和』していますか?

 

あなた自身が、相手の身体に触れているときに

あなた自身は “違和感” を感じていないですか?

 

自分と、相手の身体との関係性において “フィット” している感覚。

そういったものを感じられているでしょうか?

 

“フィット” 感を得られていない。

それは、違和感として感じていることだと思います。

 

 

この “フィット” していない感覚や違和感の感覚を

あなた自身が感じているということは、

目の前の相手と『調和』できていない、ということなのです。

 

 

あなた自身がしっくりきていない。

その違和感。

それは『調和』が取れていないということの証 でもあるのです。

 

違和感を感じない、という状態は『調和』できている、

ということでもあります。

 

自分自身との調和

地面との調和

その “場” や “空間” との調和

こういったものとの調和がなされて、

はじめて目の前の相手との調和が生まれるのです。

 

 

目の前の相手と調和できない。

それは、まずは何よりも先にあなた自身との調和が求められているのです。

 

調和できていないから、頑張らないといけない。

調和できていないから、過剰に力んでしまう。

調和できていないから、リラックスできない。

こうして、調和できていないことによる様々な問題が生まれるのです。

 

 

調和できないのは、

『中心』を捉える技術がないから。

『中心』を捉える感性が乏しいから。

 

そもそも、身体自体がゆるんでいないことが問題なのです。

身体が過剰に緊張してしまってる状態に陥ってしまっているのです。

力んだ身体になってしまっている。

 

ゆえに、重力を感じることができない。

骨を感じることができない。

だから、あらゆるモノゴトの『中心』を捉えることができないのです。

 

 

昔から、『コツをつかむ』という言葉があります。

その “コツ”  とは骨のことなのです。

 

骨の感覚をつかむには、筋肉の緊張をゆるめることですよね?

筋肉の緊張がゆるまないことには、骨自体の重さであったり、

カタチというものを感じ取ることができないのですから。

 

 

『中心』を捉えることができないのは、ゆるんでいないから。

ゆるんでいないから骨(コツ)をつかめない。

骨(コツ)をつかめないから、

あらゆるモノゴトの『中心』を捉えることができないのです。

 

 

まとめ

 

理学療法の様々な技術やテクニックを身につけ、

高めていくには、『中心』を捉えるスキルを磨くことが先決です。

 

『中心』を捉えることができないのに

いくら素晴らしい技術やテクニックを学んでも

それは使えないものでしかないのです。

 

大事なことは、表面的なものではない。

技術やテクニックの表面的な部分にしか意識が向かない、

というのは残念なことですね。

 

 

あらゆるモノゴトの本質とは何か?

という視点を持っていれば、『中心』を捉えることが

いかに重要なのか、ということを理解できるのですから。

 

本質さえつかむことができれば、

自然に技術やテクニックは身につくし、

『中心』を捉えることができるスキルが高ければ

あなたが触れること自体が、

素晴らしい技術になっているわけです。

 

本質を見誤ると、いくら熱心に学んでも時間の無駄です。

成長はしないのです。

 

 

今回のブログでは、『中心』捉えることが

いかに重要なのか、ということについてお伝えしました。

 

次回のブログでは、具体的にどのように

相手の身体の『中心』を捉えるのか、

その方法についてお伝えしたいと思います。

 

これから先は本質力のあるセラピストが生き残る時代になります。

あなた自身の本質力を高めて、

生き残れるセラピスト、

選ばれるセラピストになりませんか?

 

ブログでお届けしている内容を、よりマニアックに

より詳しく解説しているメルマガへの登録をお勧めします。

あなたの、その行動がこの先の人生の大きな価値となり、武器となります。

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - 『調和』や『一体感』, 信頼関係の構築, 関係性 , , , , , , , , , , , , , ,