目の前の相手と深く“つながる力” を身につけよう!

      2018/11/28

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

私のブログでは、“つながる”

という言葉を使っています。

 

この “つながる” というのは、言葉としては

抽象的なものであり、具体的にはどういったものなのか、

ということが分からない人もいると思います。

 

“つながる” ということを、言葉で表現することは

とても難しいと感じています。

身体で体験して頂くことが、ベストである。

そのように感じています。

 

しかしながら、このブログという媒体は “言葉” を介して

表現する、伝えるというものなので、

具体的な説明というのは、難しいことではありますが、

そこに挑戦したいという想いがあります。

 

今回のブログでは、“つながる” ということについての話を

書き進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

人は誰かとつながりたい生き物である

 

何度も書いているように

人は、誰かと “つながりたい” 生き物 です。

こういった前提がある。

 

その前提を踏まえて、私たちセラピストは

目の前の患者さんや利用者さんと、

どのように関係していくのか?

関係性が、重要になってきます。

 

 

“つながる” という表現は、何かと何か、

最低2つ以上の対象が必要となってきます。

 

このブログで書いているのは、

セラピストと患者さんや利用者さんですね。

人間と人間。

その関係性のことを書いています。

 

では、人間と人間が “つながる” というのは

両者が触れ合うという物理的な接触があって

それ自体が “つながる” ということになるのか、

といったら、それは『No』です。

 

ただ、触れ合っただけではつながれない 

“つながる” ということは、

物理的な接触のことをいうのではなく、

お互いの意識が『同調』した状態 のことをいうのです。

 

 

意識が同調する

これは、言葉で表現することが難しいですよね?

頭でイメージできるものではない。

 

もちろん、普段から体験していれば

意識が同調する、ということを

頭の中でイメージすることは可能でしょう。

 

でも、意識の同調が一体どういうものなのか、

普段から、経験していないのであれば

イメージできるものではないのです。

だから、こうして言語化しているわけですが、

文章化したものを読んでも、それをイメージできない。

 

それは、身体を通して理解していないからです。

意識の同調は、頭でやるものではありません

身体を使って、身体を介してやるものです。

 

意識的にもできるものですが、無意識的にやっている、

ということの方が大きいでしょう。

 

頭でやろうとしても、それはうまくいきません。

『さあ、意識を同調させよう!』

と思ってやるものではないからです。

 

頭でやろうとすると、それはあなた自身の

一方的な関係性になってしまうからです。

 

 

相手との対話の中で『同調』は生まれる

 

意識の同調というのは、

具体的な方法というものがあるわけではなく、

相手との対話の中で生まれるものなのです。
相手の反応をフィードバックしながら、

自分自身の反応が引き出される。

このように、キャッチボールなのです。

双方向の循環なのです。

 

 

マニュアル化できない

ということが理解して頂けると思います。

相手があってこそ、成り立つものです。

その相手も、一人一人が異なった反応を示す存在です。

だからこそ、マニュアル化できない。

 

マニュアル化できない、ということは

頭で考えてやるものではない、ということです。

頭で考えてやっていたら、遅いのです。

反応が遅くなる。

 

同調するというのは、言語化すると

タイムラグがあるように感じますが

反射的な反応であると思っています。

 

相手に受け入れられることで、安心感が生まれる

 

分かりやすい例でいうと

あなた自身が、歩いていると目の前に

知っている人が歩いて来たとします。

 

その人は、顔見知り程度の関係だとすると

一応目が合った瞬間に会釈をしますよね?

 

そのときに、相手と目が合ったけど

相手からの反応はなかったら、どう思いますか?

 

また、反応は返ってきたけど

反応が遅かったり、

はたまた、反応がなかったら、

あなたはどのように感じますか?

 

自分自身が拒絶されているかのような感覚に

陥らないでしょうか?

 

 

でも、相手からの反応のタイミングが

あなた自身に『違和感』を感じさせないほど

ドンピシャなタイミングで反応が返ってきたら

どう感じますか?

 

ここでいう反応とは、もちろん好意的な

反応のことを言っています。

 

自分は、相手に受け入れられた、

という安心感に包まれると思いませんか?

 

 

そうなんです。

 

これは、コミュニケーションの本質でもあるのですが

きちんと自分の出している表現が、相手に受け入れられて

しかも、相手からも適切な反応が返ってくる。

 

そこに 安心感が生まれる のです。

 

この一連の流れ、プロセスが、

“つながる” ということなのです。

 

 

もちろん、これだけが “つながる” ということの

全てではありません。

その一部である、という捉え方をして下さいね。

 

スポンサーリンク

 

意識の同調

 

目にはみえない意識の世界で、物理的なものではない

コミュニケーションを行っている。
そのノンバーバルコミュニケーションのやり取りにおいて

衝突や一方通行がなければ、

そこに『調和』が生まれるのです。

 

 

『目配せ』とかもそうですよね?

これは、時々お互いの認識がズレてしまっていて

うまく伝わらないことがありますが、

お互いの意識が同調すれば、言葉を介さなくても

動きを同調させることができます。

 

道で歩いていて、目の前の人を避けようと思って

相手の右側へ避けたら、

目の前の相手も同じ方向に、移動したということって

ありますよね?

 

そういうのも、意識の同調によって起こるものです。

自分の相手に影響を受けて、相手も同じ方向に移動する。

または、あなた自身が相手の動きにつられて同じ方向に移動する。

それは、目で見て動いたのではなく、

相手の意識に同調した結果生じるものなのです。

 

 

このように、普段の生活の中で、

私たちは意識の同調というものを経験はしているのです。

意識の同調という言葉を、違った表現をするならば、

・『呼吸を合わせる』

・『息を合わせる』

といった表現ができると思います。

それは、ただの言葉のあやではなく、

実際に、呼吸や息というものが、

相手と同調するのです。

 

 

“つながる” という言葉は、とても抽象的です。

とても広い概念を含んでいるものです。

でも、こうして具体例をいくつか書いてきましたが

私たちは普段の生活の中で、経験していることなのです。

 

それは無意識的にやっていることだから

分からないかもしれませんが

普段から使っているし、体験している。

 

 

だから、頭では理解していなくても

身体では理解しているし、使っているのです。

 

ということは、すでに持っている、

ということになりますよね?

 

その すでに持っているものを、どのように使っていくのか?

活かしていくのか?ということを、あなた自身で試行錯誤しながら身につけていかなければいけない のです。

 

 

マニュアル化できないものであり、

具体例は挙げることはできても、

それはあくまで具体例であって

同じ場面、同じ出来事に遭遇することなんてないのです。

 

目の前の相手というものは、ロボットではない。

与えた刺激に対して、毎回同じような

反応を示すような存在ではないからです。

 

 

あなたの感性を開くこと

 

一人一人違った個性を持った存在です。

そして、日によって違うし、

時間の経過によっても違う反応をみせる。

心理的な要素にも大きな影響を受けます。

刻一刻と変化し続ける存在と、同調するには

やはり『対話』しかないのです。

 

 

きちんと相手の反応を受け取ること。

受け取った上で、どのような反応を返すことができるのか?

それは頭で考えてやることではありません。

頭でできる情報処理能力には限界があります。

 

身体が自然に反応する、

という状態をつくり出さなければいけないのです。

 

 

感性を使って、『対話』する。

身体を介しての情報処理は、頭での情報処理能力よりも

はるかに多くの量もこなせるし、

余計なものを介入させないから、情報処理が早いのです。

 

身体で対話する能力を身につけること

頭で考えない、情報処理能力を高めていくことが重要なのです。

 

そういう身体を手に入れないと

あなたは、目の前の相手と

“つながる” ことなんてできないのです。

 

まとめ

 

今回のブログでは、“つながる”

ということについての話をお伝えしてきました。

言葉で書くと、どうしても抽象的な内容になってしまいます。

なるべく具体例を出すことで、少しは “つながる”

ということの理解が深まったのではないでしょうか?

 

頭では理解できなくても、感覚的に “なんとなく” では

体験しているからイメージできる。

そのような感じかもしれません。

 

 

“つながる” ということによるメリットは、安心感でしょう。

この不安定な時代に、安心感を与えることができる、

ということは大きな価値提供となります。

それが、あなた自身の強みになる。

 

安心感を与えること

安心感で満たすことができれば

そこに一体感が生まれます。

調和が生まれます。

そのようにして、人の可能性や能力が引き出される

“場” が創造される ことになるのです。

 

 

人の可能性や能力が引き出されるためには、

その前提条件として “場” の創造が重要なのです。

“安心感” がある、“安心感” で満たされているから

既存の『枠』や世界を超えて、新たな世界に足を踏み出せるのですから。

 

自分自身の世界に、殻に閉じこもったままでは、

現状維持のままです。

何も、物理的現実世界は更新されないのです。

 

相手に安心感を提供し、安心感で満たすこと。

相手の可能性や能力を引き出せる “場” を創造すること。

 

そのためには、目の前の相手と、あなた自身が

深いところから “つながっている” 状態 を創造することが欠かせません。

 

“つながる力” を身につける、ということが

私たちセラピストには欠かせないのです。

 

ということで、今回のブログでは “つながる”

ということについてお伝えしました。

 

少しでも、“つながる” ということの理解が深まれば幸いです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - 『調和』や『一体感』, コミュニケーション, 信頼関係の構築, 創造, 関係性 , , , , , , , , , , , , , , , , , ,