業界により良い循環を起こすことが、社会貢献になる!

      2017/01/15

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

このブログを通じてやっている情報発信のコンセプトとして、

『業界を健全化する』

というコンセプトがあります。

 

で、誰に向けての発信なのか?

ということですが、質の “よろしくない” セラピストや

自己成長を望まない意識の低いセラピスト

に向けて書いているのではありません。

ここが、勘違いされやすいところだと思っています。

 

業界の健全化を図るためには、質の “よろしくない”

セラピストや、意識の低いセラピストに対して、

何かしらの働きかけをやっていきたい、という想いはありますが

それは、そういったセラピストのためにはならない。

 

質の高い、意識の高いセラピストに向けて、

この業界に循環を起こすための情報発信をしているのです。

 

今回のブログでは、そういった質の高い、意識の高いセラピストに

私自身が提案したい理想像、未来像についての話を

書き進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

変わらない人はいくら言っても変わらない

 

人間は変化することを恐れる生き物です。

 

自分自身の内側から溢れ出る衝動。

そういったものに突き動かされた結果、

自分自分が変わる、ということならまだしも

 

自分自身が変化を望んでいないのに、

勝手に外部から変えようという力が働くと

潜在意識下で、大きな抵抗が生まれます。

 

 

それは、臨床の場面でも同じことなのです。

 

そのリハを受ける本人が、やりたいとか

良くなりたいとか、変わりたいとか

そういった想い、衝動が自分自身の内側から

起こらないことには何にも良くならないのです。

 

だから、セラピストのやることは、

これから 目指していくべき理想の世界の提示 です。

 

 

それを提示して、そこに踏み出すのか、踏み出さないのか、

といことを選択するのは、患者さんや利用者さん自身なのです。

セラピストの押し付けがあってはならないのです。

 

セラピストの押し付けがあると、そこに抵抗が生まれます。

その結果、『調和』できないのです。

『調和』できないから、何も創造できない。

 

創造できない、ということは

可能性や能力を引き出すことができない、

ということなのです。

 

 

循環を起こせば、必要でない存在は淘汰される

 

私自身が発信している対象となる人は、意識の高い人です。

この先の厳しい業界に対して『危機感』を持っているセラピスト。

そこに対しての情報発信です。

 

質の “よろしくない” セラピストや、意識の低いセラピストが、

ますます相対的に増えていく。

その流れは止まらないと思います。

 

そして、止められない。

そのように持っています。

 

 

そこにエネルギーを注ぐのではなく、

意識の高いセラピストを一人でも増やし、質を高めていくこと。

それが大事だと思っています。

質の高いセラピストに対しての情報発信をすることで、

さらに質を高めていく。

 

質の “よろしくない” セラピストや、意識の低いセラピストとの『差』を

より広げていくこと。

そこを目指しています。

 

 

その結果どうなるのかというと、

明らかな『差』が生まれるようになりますよね?

『差』が生まれるということは、そこに価値が生まれる、

ということです。

 

質の “よろしくない” セラピストや、意識の低いセラピストは、

どんどんより厳しくなる。

そういった状況が生まれると思うのです。

その結果、質の “よろしくない” セラピストが淘汰されることになる。

 

そうなれば、自然界の法則と同じで

循環が起こると思うのです。

 

 

質の高いセラピストだけが生き残る、

ということはないですが、質の “よろしくない” セラピストや、

意識の低いセラピストは一定数循環が起こることでいなくなる。

それは、世の中にとっては良い循環 だと思います。

 

何も不公平ではないし、理不尽なことではない。

 

 

そういったことを理不尽だと

感じてしまうセラピストがいるとしたなら

それは、ただの “甘え” でしかない。

自分自身を高める、ということを怠っているのに、

自分を必要な人間だと認めろ、といったような

無謀な主張でしかない。

 

“自分が” という狭い視点でしかモノゴトを考えることのできない

人間でしかないのです。

 

 

つまり、自分さえよければいい、

という自己中心的な発想をもって生きている ということです。

 

世の中に価値を循環させることができないものは

排除されて当然だと思います。

何をもって価値なのか、というのは

難しい話にはなりますが、少なくとも

取り替えのきくセラピストは、数としてはそんなに必要ではないので

一定数以上のセラピストを除いて必要ではなくなりますよね?

 

だから、排除されてしまうことになるのです。

それは、健全化という目的には理にかなっていると思うのです。

 

 

国家資格や肩書きという権威の価値はどんどん下がっている

 

取り替えのきかない存在が、一人でも増えることで、

世の中にも理学療法士としての価値を提供することができると思うし、

その結果、社会的な価値も上がると思うのです。

 

今は、色んな意味で理学療法士という肩書きを持っているだけで

ある程度守られている、というような状況にある。

 

国家資格でないセラピストなんて、守ってもらえるものがないから

ひたすら自分自身を高めていますよね?

腕を磨き続けている。

そうじゃないと、生き残れないし、選ばれないから。

 

 

でも、理学療法士の世界は違うと思います。

国家資格、という肩書きにある程度守られている。

だから、素人に毛の生えたようなセラピスト?

が多いわけです。

乱暴な言い方をするならば、国家資格を取得するだけの

勉強ができれば資格は取得することができる。

そこで終わりなのです。

資格さえ取ってしまえば・・・

そこからの成長や進化がない。

ぬるま湯に浸かって、生きているから

全く危機感を持っていないのです。

 

 

時代の流れは早い。その変化を読み取れない存在は取り残される運命にある

 

こういう話があります。

 

沸騰したお湯に、いきなり浸かってしまえば

想像に容易いように必ず火傷を起こすでしょう。

でも、水の状態から浸かっていて

その水が火傷するくらいに熱せられても気づかない。

 

まさにこんな状況の中で生きているセラピストが多い。

周りの状況が見えていないし、時代の流れを読めていない。

自分自身が、世の中の流れに対して、

今どこに、どのように立っているのか?

それを把握できていないし、見ようともしない。

 

 

『大丈夫でしょ?』

みたいな感じで楽観視している。

そこに対して、外野の人間がいくらとやかく言っても

蚊帳の外なのです。
本人が危機感を抱かないことには何も変化しないのですから。

人間が変わるとき、って

本当に追い込まれたときですよね?

 

 

でも、追い込まれたときって、

すでに時遅し だと思います。

業界全体としての流れに乗って、そのまま移動していけば

その流れの先が崖先なら、

気づいたときには、その流れに押し流されて戻れないのです。

みんなこの先が崖だと気付いてパニックに陥ったとしても

次から次へと押されてくるので、戻れない。

 

 

そのような状態にならないように、今からでも

行動し始めなければ、そういった状況に陥るときがやってくる。

そう思っての情報発信です。

 

危機感を持っているセラピストだけが、

といったら語弊がありますが、

 

そういったセラピストが生き残ればいいと思っています。

そういったセラピストが生き残ることが、

患者さんや利用者さんのためになる。

業界の健全化が図れると思っているのです。

 

 

世の中に、何かを生み出す

循環させる、という役割を全うする存在となれないのであれば

それは、世の中には必要ではないのです。

 

自分自身を成長・進化させたいと思わない存在に

何かを創造することができるでしょうか?

何か価値を生み出すことができるでしょうか?

とてもじゃないけど、『YES』とは言えないと思います。

 

いつまでもぬるま湯に浸かった状態で生きていくのではなく、

危機感を持って、現実を直視して世の中のために、何かを創造できる存在、

価値を循環させることのできる存在が一人でも増えていけば

業界だけでという範疇ではなく、世の中に理学療法士として

より良い循環を生み出すことができるようになると思うのです。

 

 

まとめ

 

質の “よろしくない” セラピストや、意識の低いセラピストを

どうこうしたい、という想いは私自身には全くありません。

危機感を持っているセラピストに対して、

どうあるべきか、ということの問題提起と

目指すべき未来の提示を発信しているのです。

 

他のセラピストとの差別化をどのように図るのか?

そういった側面を考えることは、これからまずます厳しくなる業界で

あなた自身が生き残乗っていくためには欠かせないでしょう。

 

 

しかしながら、差別化を図るということにおいて

既存の『枠』、理学療法士という業界の『枠』や

自分自身の『枠』の中だけで、何とかしようと思っても

それはそれで差別化は図れるかもしれないですが、

狭く、偏った世界の中だけで、考えてもそれは大した差別化にはならない。

 

重要なことは、既存の『枠』を超えた世界に足を踏み出す、

ということなのです。

 

『枠』に収まるのではなく、どんどん『枠』を超えていく、

『枠』を破壊し、新たな世界と交わってみるということなのです。

 

そうやって、既存の外側の世界と交わらないことには、

時代の変化を感じ取れないし、読み取れないのです。

特に、理学療法士という業界の『枠』は

狭く、偏った閉鎖的な世界だと思うのです。

 

だからこそ、その『枠』に身を置いたまま、

他者との差別化を図ろうと思っても、そこには限界がある。

時代背景とセットで考えて、行動していかないことには

どんどん時代の流れについていけなくなる。

そうやって、どんどん時代の流れに取り残されてしまうのです。

 

 

業界の未来は分かりません。

この職業は無くならないとしても、働き方や在り方は

今以上に変化してくるでしょう。

そうなったとき、果たして理学療法士としてやっていけるのか?

理学療法士という職業を選択し続けることができるのか?

それは、今の時点では『 Yes! 』とは言えないですよね。

 

視野を広げて考えないといけません。

自由に『枠』を移動できる “移動力” を身につけないといけません。

めまぐるしく変化する時代の流れに取り残されないように

あなた自身のするべきことは何なのか?

そこを考える必要があると思います。

 

 

あなた自身を解放し、自由で、創造的な存在を手に入れて

あなた自身の存在価値を最大限高めると同時に

時代の変化に取り残されない、

時代の変化に柔軟に対応出来る存在を手に入れましょう!

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - 理学療法士の未来 , , , , , , , , , , , , , , , ,