先入観や思い込みを破壊すれば、可能性や能力が開花する空間が創造される

      2017/01/14

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

私自身が、目の前の患者さんや利用者さん自身の評価や

実際のリハの場面において可能性や能力を引き出す際に

重要視していることは、『空間』です。

 

相手が、その空間をどのように認識しているのか?

そこを読み取り、認識した上で、

いかに『空間』を拡大することができるのか?

 

 

『空間』を拡大すること が、

相手の可能性や能力を引き出すことに “つながる” からです。

 

このような評価方法や、リハ介入は

他のセラピストはやっていないと思います。

ゆえに、新たな概念として知って欲しいと思います。

 

なぜ、『空間認識』を評価し、そこに介入していくことが重要なのか?

そのことについて、今回のブログでは書き進めていきたいと思います。

 

この概念を理解し、実際に活かせるようになると

より創造的なリハを展開することができるようになります。

 

スポンサーリンク

 

先入観や思い込みが、可能性や能力を抑圧している元凶である

 

前回のブログ、

その “思い込み” を解放すれば身体が激変する icon-share-square-o 

では、『情報操作』についての話をお伝えしました。

 

私自身、この『情報操作』という考え方を

とても大事にしています。

そして、臨床の場面においても

活かしているのです。

 

患者さんや利用者さん自身が、一体どういった

先入観や思い込みを持っているのか?

そこを汲み取らなければいけません。

 

 

その上で患者さんや利用者さんの可能性や能力を開花するために

阻害しているものを破壊していく。

さらに、破壊した上で先入観や思い込みを解除していくのです。

 

そのことによって、これまであった『枠』が取り払われて

その『枠』を超えたものを

創造することができるようになるのです。

 

このプロセスが、可能性や能力を引き出す、

ということになるのです。

 

 

セラピスト自身の先入観や思い込みが、問題の本質をみえなくしている “盲点” を生み出している

 

さらに大事なことは、セラピスト自身の先入観や思い込みです。

 

患者さんや利用者さんを担当する際に

その患者さんや利用者さんの情報を

カルテやサマリーなどで確認する、

ということをやると思います。

 

それは必要なことであり、重要なことであるとともに

先入観や思い込みを

つくり出してしまうことにもつながるのです。

 

 

先入観や思い込みをつくり出してしまったがために

盲点を生み出してしまう。

 

・この病気なら○○

・この症状なら〇〇

・この怪我なら〇〇

・この障害なら〇〇

・このステージなら、このレベルなら〇〇

 など・・・。

 

こういった情報に必要以上に意識が囚われてしまうと

盲点をつくり出してしまうことになるのです。

 

 

向き合うべきは相手の情報ではなく、その人自身である

 

私たちセラピストがみるべき対象は

病気や症状、障害や傷害ではありません。

 

目の前の患者さんや利用者さん自身 なのです。

これができないセラピストが、結構多いと思うのです。

 

 

色んな評価法があります。

その評価法に則って、評価した情報。

それはそれ。

それが全てではない。

患者さんや利用者さんは情報ではないのです。

 

誰かが評価したものは、あくまでも主観的なものにすぎません。

 

 

そういったものをみて、患者さんや利用者さんの状態

というものを何となくは把握できても

実際に目の前で向き合ってみないことには

分からないことだらけなのですから。

 

先入観や思い込みをつくり出してしまったがために

その情報にセラピストが支配されてしまって、

その情報で頭の中が一杯になってしまっているセラピストがいます。

 

で、そういったセラピストがやることって

頭の中にある情報だけをもとに

目の前の患者さんや利用者さんの評価をしたり、

リハに介入したりしてしまうのです。

 

それは、目の前の患者さんや利用者さんを無視しているのと

同じことでしかない。

 

 

本当に、適切な評価ができているのだろうか?

 

同じ空間、同じ “場” を共有して、

初めて分かることって多々あります。

 

そういったものを無視して、一体何が生まれるのでしょうか?

そんな状態では、適切な評価なんてできない 

 

さらに、リハなんて提供することなんてできないのです。

もちろん、可能性や能力を引き出すことなんてできないのです。

 

あまりにもセラピスト自身の頭の中の世界だけで

リハをやっているセラピストが多いなぁ、って感じます。

 

不感症なんですね。

感性が閉じてしまっている。

 

 

それとともに、違和感を感じないんでしょうね。

様々な違和感。
身体が不感症ということだけではなく、

頭だけでしか考えることができないから、

身体で考えることができないわけです。

 

知識や情報などはたくさん知っていても

それを実体験として理解していないから

身体で考えることができない。

 

 

こういった問題が根底にあるから、

頭の中の世界に引きこもってリハをやってしまうのでしょう。

 

知識や情報だけをいくら詰め込んでも

それは使えない情報なのです。

 

 

部分的なものに意識が囚われていないだろうか?部分と全体の両方を捉えることができない限り、適切な評価はできない

 

話が脱線してしまいました。

もとに戻しましょう!

 

私自身が大事にしていることの話でしたよね。

『情報操作』ということです。

 

患者さんや利用者さんの持っている先入観や思い込みを

いかに外すことができるのか?

 

そのために大事なことは、

世界を広げること

空間を拡げる、ということです。

 

 

私たちの身体は、重力場という環境の中で

人体というある程度決まった法則に則って

活動している身体を使って生きています。

 

なので、ある程度決まった身体の使い方であったり、

パターンというものがある。

 

それを理解していれば、

それをもとに細かいところの情報を評価しながら

より良い姿勢や動作を導くためには

どのように身体の再構築をしていけば良いのか、

ということが考えられるようになります。

 

 

・なぜ、そのような動きをしなければいけないのか?

・なぜ、そのような姿勢になってしまうのか?

・なぜ、そのような○○になってしまうのか?

 

問題点というのは、そこの部分だけの問題で

起こっているのではないのです。

 

部分的な問題は、身体全体において関連性がある。

 

 

部分的な問題というのは、身体全体のバランスを保つために

最適なバランスを保つために、

部分的に負荷がかかっている、というでもあるのです。

 

なので、部分的な問題として捉えて

そこだけを良くしても、

また同じ問題を再発させたり、違う場所に

新たな問題をつくり出してしまう、

ということになってしまうのです。

 

こういったことから、部分と全体。

ミクロとマクロ。

 

視点を自由に移動して、

問題点を捉えることができる能力が求められるのです。

関連性を見出せるようにならないといけないのです。

 

部分的な問題は必ず、全体に何かしらの影響を及ぼしている。

 

そういった視点を持って、

なぜ、そのような姿勢や動きになってしまうのか?

そこを考える力を身につけないといけないのです。

 

スポンサーリンク

 

『空間』を創造する、ということ

 

私の主観的な話になりますが、

私は『空間』を大事にしています。

 

その人が、この空間において、

どのように空間認識をしているのか?

意識の在り方がどのようになっているのか?

そこを評価していきます。

 

 

そして、その評価をもとに

より空間を拡大し、意識の領域も広げていく。

 

そのことによって、患者さんや利用者さんの世界が

広がるようになるのです。

可能性や能力が引き出される空間を創造する のです。

 

 

・空間が閉じている

・空間が歪んでいる

・空間が狭くなっている

 

このような状態に陥ってしまっていては、

可能性や能力が引き出される空間は創造できません。

 

可能性や能力が引き出される空間というのは、

より自由に、広がっている空間 なのです。

 

自由を制限する要素がない空間。

そういった空間を創造することが大事なのです。

 

 

先入観や思い込みを破壊することが、『空間』を拡大することにつながる

 

さて、この空間を創造する、ということですが

具体的にどういったことをやっていくのか?

そこが興味あると思います。

 

それは、冒頭にも書いたように

患者さんや利用者さんの持っている先入観や思い込み、

というのは必ず、空間認識に大きな影響を与えています。

 

言い換えるならば、先入観や思い込みが

その人の空間をつくり出している。

そのようにいえるでしょう。

 

 

だからこそ、患者さんや利用者さんの空間認識が

どのようになっているのか?

 

まずは、空間を認識した上で

じゃあ、そのような空間だと、

こういった限定的な身体の使い方になってしまうよね、

という感じで、空間認識と、身体の使い方に

関連性を持たせていく。

 

その上で、空間をまずは拡げてあげることで

身体の使い方を再構築していく。

 

 

空間が変化することで、

身体の自由度、選択肢が増えるのです。

増えるから、新たな身体の使い方を

再構築することができるのです。

 

 

空間が拡がらないことには、何もできないのです。

閉じた空間内で、できることは限られている。

関節の動きも、どんな方向でも自由に曲がる構造を持っていませんから、

ある程度限定的な動きに従っているのです。

ゆえに、選択的な動きになってしまうのです。

 

その姿勢、その動きになってしまうのには

必ず何かしらの理由がある。

 

 

表面的な問題ではなく、

心と身体の両面から、その人自身の空間認識がどうなっているのか?

それを捉えることができないと、

今以上に姿勢や動作をより良いものが引き出せないのです。

 

一時的には変化しても、本質的な部分は変わらないのですから。

 

 

まとめ

 

空間認識が、その人自身の

姿勢や動作をつくり出している。

つまり、設計図のようなものです。

 

ゆえに、空間認識や設計図が変わらない限り

本質的な変化は望めない ということなのです。

 

『空間』というのは、情報です。

 

その情報がどのようになっているのか?

どの情報に大きな影響を受けているのか?

 

そういったことを評価して、

新たな情報を加えたり、既存の情報を書き換えたり、

消したりしながら、空間や世界を広げていく。

それが、可能性や能力を引き出すことにつながるのです。

 

多くのセラピストが、目の前の患者さんや利用者さんの

可能性や能力を引き出すことができないでいる。

良い変化を引き出せないでいる。

 

その根本的な原因となっているものは何でしょうか?

それを理解していないし、“無知” なのです。

 

部分的な現象や問題に囚われて、

問題の本質が見えていない のです。

 

問題の本質とは、『空間』です。

『空間』を評価できないし、

『空間』を拡大することができない。

ゆえに、良い変化を引き出せないのです。

 

あなた自身が、今回のブログでお伝えしたように

『空間』を適切に評価し、相手の『空間』を拡大することができれば

相手の可能性や能力を引き出す空間を創造することができるようになる。

 

そのことを、身をもって体験しないことには、

今回のブログでお伝えしてきたことの意味を理解できないでしょう。

知識や情報だけのインプットでは使えないし、

活かせないものを、お伝えしてきたのですから。

 

まずは、目の前の患者さんや利用者さん自身のことよりも

あなた自身の “身体づかい” においての『空間』がどのような認識になっているのか、ということを理解し

どのように『空間』を拡大すれば、より身体が自由で、解放されるのかを検証してみて下さい。

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 - 創造, 可能性や能力を引き出す , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,