あなたは “違和感” や “不快感” を与えるだけの存在となっていないだろうか?

      2017/01/14

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

今回のブログでは『同調』ということについて書き進めていきたいと思います。

このブログでも度々出てくる言葉ですよね?

 

なぜ、『同調』が重要なのか。

そこを理解する、ということが重要です。

毎回書いているように、知識としての理解ではなく、身体を通しての理解。

それなくしては、本当の意味で理解したとは言えません。

 

相手と同調できなければ、それは相手に

“違和感” や “不快感” しか与えない 

あなたとの関係が、 “違和感” や “不快感” でしかない 、ということなのです。

 

『同調する』とは、一体どういうことなのか?

今回のブログでは、同調について書き進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

自分勝手に動いていないですか?

 

『同調する』

 

それは、相手と一体化する、ということでもあります。

相手の動きと一体化する。

 

分かりやすい言葉でいうと、

相手と一緒に動く ということです。

 

 

さて、ここであなたに問いたいと思います。

普段の臨床の場面において、

例えば、立ち上がり介助や歩行の介助を行う、ということがあると思います。

 

その時に、相手の動きと一緒に動けているのか?

という問いです。

 

ここで言っている、“一緒に動く” ということの意味は、

相手の動きとぶつからない動き、

相手の動きを邪魔しない動きができているのか

ということです。

 

 

相手の動きたい方向を阻害し、流れが途切れてしまっている。

相手の動きとぶつかり、

あなた自身の動きを相手に押し付けている。

 

このような介助に、ハンドリングになっていないだろうか、という問いなのです。

多くのセラピストが、このような問題を抱えているのです。

 

しかしながら、この問題を問題である、と認識しているセラピストは少なくありません。

 

『不感症』のセラピスト が多い、ということです。

 

相手を無視した関係性になっている。

相手と対話できない、コミュニケーションができないセラピストが多い、ということなのです。

 

 

そういったセラピストがやっていることは何か?

それは、セラピスト自身の自我の押し付けです。

 

セラピスト自身の頭の中にあるもの。

 

それが何かというと、立ち上がり動作とは、こういうものである、

歩行動作とは、こういうものである、といったもの。

このような、セラピスト自身の頭の中にあるものを目の前の相手に、一方的に押し付けている、ということなのです。

 

ゆえに、相手とぶつかりあってしまうことになる。

相手と一緒に動けない。

相手と息が合わない。

このような状態に陥ってしまうのです。

 

 

このような関係性しか構築できないから、

関係する相手にとっては、セラピストとの関係は

“違和感” や “不快感” でしかない。

 

そんな関係性しか構築できないのですから、

関係する相手は、不安ですし、恐怖でしかない。

 

その結果、何も良いもの引き出せない。

このような状態に陥ってしまうのです。

 

こういったことに “無知” なんですね。

自分自身が、関係する相手に “違和感” や “不快感” を与えている、ということに対しての無知 です。

 

 

セラピスト自身が、この “違和感” や “不快感” を感じている、ということはあると思います。

 

しかしながら、その “違和感” や “不快感” をどのように捉えているのか?

顕在的捉えることができているのか、それとも潜在的捉えているのか?

 

こういった問題がありますが、

なぜか、介助が上手くいかない。

なぜか、上手くハンドリングができない。

こういった現象としては、誰もが感じていると思います。

 

 

ハンドリングや介助などで重要なことは何でしょうか?

セラピスト自身の頭の中にある、

立ち上がりとは、〇〇である

歩行とは、〇〇である

といったものを押し付ける関係性で良いのでしょうか?

 

多くの場合、セラピスト自身が身体が使えていないためにセラピスト自身の問題ある身体づかいを目の前の相手に、写し鏡のように転写している、という状態に陥ってしまっているのです。

もちろん、そのことに本人は気づいていないですが・・・。

 

 

相手と一緒に動こうと思ったら、

セラピスト自身の身体づかいを、そのままやる、ということでは成り立ちません。

 

これは、どういったことを言っているのか、

そのことを理解できないかもしれません。

なので、ここで解説しておきたいと思います。

 

相手と一緒に動く、ということは

相手の動きに合わせる、ということなのです。

ということは、セラピスト自身の普段の身体づかいをそのままやってはいけない、ということになります。

 

 

それを身体で理解するためには、

一度、自分自身で立ち上がり動作をやってみて欲しいのです。

 

そのときに、屈曲相ではどのような身体づかいになっているか?

伸展相では、どのような身体づかいになっているのか?

それを、丁寧に感じて欲しいのです。

 

普段、無意識的に行っている動き、というものを

あなた自身の意識に上げてみて欲しいのです。

 

・どれだけ体幹が前傾するのか

・どれくらい前傾すると、臀部が離床するのか

・臀部が離床する際に、どこの筋肉が働いているのか

・屈曲相と伸展相との比率はどうなっているのか

(体幹の前後方向への動きが大きい立ち上がりなのか、あまり前傾せずに、そのまま上に上昇するのか)

こういったことを、丁寧に自分自身で観察してみて欲しいのです。

 

 

あなた自身の “クセ” というものがある。

その立ち上がり方法は、あなただけのものであり、それを相手に押し付けても、共有できるものではないのです。

 

ここを理解する必要があります。

 

 

相手を無視して、教科書的な『型』にはめ込もうとしていないだろうか?

 

専門校で、立ち上がり動作について

具体的に、学びますよね?

 

屈曲相では、このような動きが起こって

伸展相では、このような動きが起こる。

それは、それ。

 

実際に、目の前の相手が、どのような動きをしているのか?

そこを感じ取る必要があります。

 

 

重要なことは、教科書的な習った立ち上がり動作を目の前の相手に、はめ込むことではない。

 

教科書的な動作を、目の前の相手に押し付けているセラピストもいますが、そうじゃない、セラピストもいます。

 

そのセラピストがやっていることとは、

セラピスト自身の普段やっている立ち上がり動作を相手に押し付けている、というわけです。

これって、マズいですよね?

相手からは、何も良いものを引き出すことができない。

 

 

相手が受け入れているならまだしも、

相手が受け入れることができないものを

セラピスト自身が一方的に押し付けているだけなのですから。

 

そのことにも気づいていない、セラピストが本当に少なくない。

相手を感じることができていない、相手を無視した関係性しか構築できないのですから。

 

 

教科書的な知識は、それはそれで理解しておく必要があります。

しかしながら、大事なことは

相手を感じるということでしょう。

 

相手の身体の状態があって、

相手の精神的な状態があって、

その人自身の動作をカタチ作っている。

 

多面的に、その人の動作を感じ取り、

その既存の動作を壊した上で、より良いものに再構築する。

このプロセスが重要なのです。

 

 

支持基底面がどれくらいの広さがあって、

その支持基底面の中で、

どのような身体づかいをしているのか?

 

そこを読み取れないことには、

新たなものを再構築することはできません。

 

疾患や、傷害、痛みなど様々な身体的な状態があって、その状態を含めた上で、なぜそのような動作になっているのか?

それを支持基底面と、その上に構築されている空間を捉えて、身体づかいを感じ取る必要があります。

 

 

私たちセラピストがやるべきことは

教科書的な動作を、そのまま『型』にはめ込むようなことを

リハでやるのではないのです。

 

相手の心身の状態を把握し、

その情報を踏まえた上で、相手の動作というものを捉えていかなければいけない。

 

相手の動作を捉えた上で、

じゃあなぜそのような動作になっているのか?

支持基底面と、その上に広がる空間を含めた評価をしていくことが重要なのです。

 

 

相手の身体空間を読み取ろう!

 

私自身が大事にしているのは、

その人の 空間認識 です。

 

・関係する相手が、どのような空間認識となっているのか?

・どのように空間を認識し、その認識した空間を、どのように使っているのか?

 

空間をどのように使っているのか、というのは

 

支持基底面が、どれくらいの広さがあって、

どこの意識が濃くなっていて、薄くなっているのか?

身体を、連動して使えているのか?

身体を協調的に使えていない部分はどこなのか?

 

この言葉の説明だとイメージが湧きにくいと思うのですが、

立ち上がり動作で言えば、

屈曲相で、体幹と骨盤が前傾することによって

足底面に体重が乗りますよね?

 

体重が足底面にのると、地面から床半力が返ってきます。

その返ってきた床半力を、うまく捉えて床半力を消さないように、途切れさせないように伸展相まで持っていくことができているのか、ということを感じています。

 

うまく立ち上がり動作が行えない人は、

床半力を使えていない 

どこかのタイミングで途切れるのです。

 

途切れることによって、どこかしらの筋肉を

代償的に使わなければいけなくなる。

その結果、頑張らなければいけない動作になってしまう。

 

 

床半力をうまく活かせるようになると、

骨の支持性を最大限に活かすことができる ので、そんなに筋力で頑張らなければいけなくなる、ということにはならないのです。

 

このように、床半力を活かした立ち上がり動作を

相手にインストールしようと思ったら、

まずはセラピスト自身が、普段の身体づかいにおいて体現できていることが求められます。

 

それが、前提条件となるのです。

 

 

床半力を活かした姿勢保持や動作が体現できている。

それは、重力場という環境において『調和』できている、ということでもあるのです。

 

よって、それを体現できているセラピストには『軸』が形成されているでしょう。

『軸』あるセラピストなのです。

 

 

セラピスト自身に『軸』がなければ、身体を通して考えることができない

 

話が大きく逸れてしまった感があるのですが、『同調する』という話でした。

 

相手の身体づかいを感じ取ること。

それが重要になってくる、ということです。

相手と対話すると同時に、一緒に動けること。

それが求められるのです。

 

 

いきなり抽象度を上げた話をすると、

今の段階では、知識としての理解で良いと思うのですが、

『軸』を相手の身体にインストールし、その『軸』に部分的な身体づかいを順番にダウンロードしていく、ということが大事になってきます。

この話は、言語化して説明することがとても難しい話です。

なので、まずは知識としての理解で留めておいて欲しいと思います。

 

なぜ、この話を持ち出したのかというと、

結局のところ、地球上で生きている限り、

重力といかに調和できるのか、という課題に絶えず直面させられているわけです。

 

『軸』が形成されれば、それは重力場で調和のとれた状態となっている。

それができないのは、重力と調和できない身体づかいとなっている、ということなのです。

 

なので、身体でどこか問題となっている部分的なところからアプローチして、身体というものを整えていく、ということも方法論としてはあるのですが、部分から全体を整える、ということではなく、

 

まずは、全体としての設計図である『軸』を相手の身体にインストールしてしまって、

そこから、部分的なものを『軸』と統合させるカタチで部分と全体を調和させていく、ということの方が、効率が良い。

それは、私自身の体験からも、そのように思うのです。

 

多くのセラピストは、どうしても部分と全体の両面から、捉えることができない。

部分的な側面に偏ってしまう、という問題を抱えているのです。
そうなってしまう本質的な問題としては、『軸』がないから。

そのセラピストに『軸』が備わっていないから、

身体を通して理解できないのです。

身体で理解できないから、

知識や情報で処理するしかなくなるのです。

よって、これまでに学んだ知識や情報を相手に押し付ける関係性になってしまうのです。

 

セラピスト自身が『軸』を身につけていれば

その身につけている『軸』を元に関係する相手の身体を感じ取ることができるのです。

『軸』に対して、その部分との関係性が

どのようにズレているのか?

『軸』に対して、どのような関係性が必要なのか?

そこを、身体で考えることができる。

ということは、その場で臨機応変に、柔軟に

対応できる、ということなのです。

 

 

セラピスト自身に『軸』があるのですから、

身体で考えることができるのです。

頭の中から、何かの知識や情報を引っ張り出してこなくても

『軸』を通して、高い視点から必要なものを引き出すことができる。

 

それは体験的にいうと

何かしらの直感として、『こうかな?』、『これかな?』というものとして浮かんでくるのです。

自分の中に『軸』があるのですから、

その『軸』を相手の身体に転写して、相手のことを、自分の身体のように見て取れるようになる。

このようなことができるようになるのです。

なので、自分の身体に『軸』が備わっていれば、

『軸』と調和できていない、身体の部分的なものがあれば、それが姿勢や動作をみたときに違和感として感じられるようになるのです。

こうした違和感を、どのように解消していくのか?

それは、身体が知っているのです。

自分の身体で考えることができる。

 

 

『軸』が形成されるには、『軸』を構成するための要素がある。

この構成要素を、身体の部分で、それぞれ当てはめて考えてみれば良いのです。

その気になる部分的な現象が、『軸』という観点からみたときにどのように全体に影響を与えているのか?

身体は有機的なつながりをもって存在していますから、部分的な現象をみたときに、他との関連性もすぐに理解できるようになるのです。

 

 

ここまでの話を踏まえて、セラピスト自身が『軸』を備え持っていることがいかに重要なことなのか、ということを理解できると思います。

 

『軸』ということと話を絡めていうと相手と同調すること。

それは、相手を感じることができないとできないことですよね?

相手と対話し、相手とコミュニケーションできること。

そのために欠かせないことは、セラピスト自身が

ゆるんでいること。

 

緊張状態では、相手を感じ取ることができません。

自分自身が、過剰に緊張した状態から解放された状態であること。

それが、相手を感じ取るためには欠かせない

重要な要素なのです。
ということは『軸』がある、ということが求められる、ということになるのです。

『軸』があるということは、ゆるんだ身体を手に入れている、ということでもあるからです。

 

ゆるんだ身体にしか『軸』形成されない のです。

それは、過去の書いたこちらの記事で詳しく書いていますので

参考にしてみて下さい⬇︎

あなたが『軸』を学ぶなら、迷わずこの一冊を読もう!

 

スポンサーリンク

『同調する』ということの実際

 

相手と一緒に動くこと。

 

そのためには、ここまで書いてきた、相手を感じることができる身体をセラピスト自身が手に入れている、ということが大事になってきます。

 

その上で、相手と一緒に動けるためにはどうしたら良いのか?

相手と同調するためには、どうすれば良いのか?

そこに、踏み入れることができるのです。

 

 

ここで、武道の世界から、大きなヒントとなるものをご紹介したいと思います。

 

こちらのサイトをご覧下さい⬇︎

スピードも力も必要ない!?  日野晃師範 武術の極意「同調」現象の話 icon-external-link 

 

 

『同調』の話が出てきます。

そして、それをどの程度汲み取れるのかは個々の感受性によりますが、動画によって具体的に観ることができます。

 

詳しい話は、こちらのサイトに書いてあることを参考にして頂いて、

このサイトに書かれていることを踏まえて、私自身がどのように考えているのか、ということを書いていきたいと思います。

 

 

『同調する』ということは、自分主体の動きとはならない

 

私自身が、関係する相手と同調するために大事にしていることは何かというと

『自分を捨てる』ということ です。

 

セラピスト主体で動かないということです。

 

私自身が、接触する前段階、接触している最中も

〇〇をしよう、という意思を持たない、ということです。

そういった意思や意図を持ってしまうと

その瞬間から緊張してしまうのです。

無意識的に緊張が高まってしまう。

そして、相手を無視した状態になってしまうのです。

 

 

これは考えてみると理解できると思うのです。

何か〇〇をしよう

そう思っている時点で、相手の存在を無視していますよね?

相手は、〇〇をしたい、という意思や意図はないのですから。

あるのは、セラピスト自身の頭の中だけです。

 

で、セラピストは、頭の中にある〇〇をしよう、

という考えをやることだけに意識がとらわれてしまうのです。

 

なぜなら、セラピストのやるべきことは

〇〇をしようという目的だけになってしまうからです。

 

頭の中は、そのことで一杯となり、

それ以外のものが入り込む余地がなくなる。

そうなってしまうのです。

 

 

・相手がどのように感じるのか

・相手がどう動きたいのか

・相手が受け入れるのか

そういった相手の視点に立った考えが、全くないのです。

ゆえに、一方通行的だと言っているのです。

 

まずは、自分というものを捨てる。

 

そして、相手と接触してみた際に、

どのような反応が返ってくるのか、

どのような情報が感じられるのか、

そこに傾聴します。

 

大事なことは、相手と一体化すること。

相手と同調することなのです。

 

 

相手と同調する、ということは一緒に動く、ということなのですが、

この相手と一緒に動くということの中身は、相手と同じ動きをする、ということではありません。

 

相手とぶつからないように動く、衝突しないように動く、ということです。

 

 

そのためには、サイトに書かれているように

目で見て、相手の動きを追っていては遅い。

かと言って、自分の予測で動くと相手の動きとズレてしまう、ということが起こるのです。

 

なので、大事になってくるのは、

意識の同調 です。

 

 

相手に何らかの意識の反応が起こる。

その “起こり” を、セラピスト自身が捉えるということが重要なのです。

 

意識とは、心と置き換えてもらっても結構です。

 

人間の特性上、身体は物理的なものがゆえに心よりも遅れて動きます。

つまり、何か対象に対して心、意識が身体に対して先行して移動する 、という特性があるのです。

 

この心の動き、意識の起こり、というものを捉えることができれば、相手と同調できるのです。

ここが最も重要なところですね。

 

心が先行する、意識が先行する。

後から身体が追従しようとする。

ここにタイムラグが生じるのです。

 

この “隙間” に、あなた自身が侵入することができれば相手の抵抗は起こらない。

というか、抵抗や緊張ができないのです。

 

この心と身体の隙間をいかに捉えることができるのか?

それは、感性を開かないことには感じ取れないし、感じ取れたところでそれを捉えることができないのです。

 

 

なぜでしょうか?

 

セラピスト自身が、相手の心と身体の隙間を感じ取ることができる。

 

それは、あなた自身の意識で感じ取ることができたとしても

そこに、身体という物理的なものをフィットさせることができないと、その “隙間” を捉えることができないからです。

 

つまり、それは一体化できないし、同調できない、ということになるのです。

 

この “隙間” を捉えられると、体験すると理解できるのですが、何もできないのです。

 

心も身体も反応できない。

そういった感じです。

 

 

対立関係が起こっている本質を知ること

 

さて、ここまで『同調する』ということについて色んな観点から話をお伝えしてきましたが、

なぜ、『同調する』ということが重要なことなのか?

なぜ、セラピストに求められる要素なのか?

 

そのことについて、書いていきたいと思います。

 

 

セラピストの接触や、ハンドリングによって物理的な力が、関係する相手に伝わることになります。

 

その外力は相手のバランスを崩すものであり、

その刺激は相手の不安定性を生み出すものがゆえに相手から抵抗されるものとなります。

 

それが、緊張状態をつくり出すきっかけとなり、

緊張状態を生み出した結果、相手から何も良いものを引き出すことができない、ということになるのです。

 

それはつまり、力と力のぶつかり合い、という現象が引き起こされる、ということです。

 

あなたと関係する相手との、対立関係が生じる 、ということなのです。

 

 

対立関係なのですから、当然ながらそのような状態からは、何も良いものを創造することはできない。

それは理解できると思います。

 

 

ここで、力と力のぶつかり合い、という言葉を書きました。

 

ここまで書いてきた内容を踏まえると、

力という物理的なもの同士のぶつかり合いだけではない、ということが理解できると思います。

 

力同士のぶつかり合い、だけではなく、

力と力がぶつかり合う前に、意識同士の衝突が起こっている

そのことを理解しないといけません。

 

 

まず、意識同士のぶつかり合いがあって、

その後に、遅れて身体の力同士がぶつかっている、という問題があるのです。

 

このことを、知らないセラピストはとても多いでしょう。

 

 

身体の力同士のぶつかり合いは、体感的に理解できても意識同士のぶつかり合いについては、感じ取れないがゆえに、理解できていない。

このことが問題なのです。

 

意識同士のぶつかり合いを回避できないのに、

物理的な身体同士のぶつかり合いは回避できないのです。

 

 

それなのに、ハンドリングとか、

テクニックや技術だけを求めている。

 

相手からより良いものを引き出すことができない原因は、ハンドリングなどのテクニックや技術不足だという認識になっているのです。

 

まさに、表面的な問題だけしか捉えることができていない 

 

 

問題の本質を捉えることができないから

いくら様々なテクニックや技術を学んだところで身につかないし、使えないのです。

 

本質力を高めよう、ということをこのブログでも何度も書いていますが、その所以はここにあります。

枝葉の部分しか見えていない。

 

 

とても視野が狭く、偏った視点しか持っていないのです。

 

その視点でしか物事を、世界を見れないので、

当然ながら世界を広げることができないのです。

あなた自身の『枠』を広げることができないのです。

 

 

セラピストと関係する相手の意識同士のぶつかり合いがある。

そこをクリアしないことには、

関係する相手に、“違和感” や “不快感” を与えてしまう、という問題を乗り越えることはできないのです。

 

物理的な衝突を避ける方法を身につけても、

それは根本的な問題の解決とはならないのです。

 

ここを理解できているのかどうか、が

とても重要なことですよね?

 

セラピストとしての質を高めていこうと思ったら、ここを理解しないといけない。

 

 

本質を見誤っている限り、何も成長や進化はできないのです。

 

相手に “違和感” や “不快感” を与えない関係性を構築すること。

それは、物理的な接触の有無に関らず、対人関係における関係性の構築のためには欠かせない最重要項目なのです。

 

そこが、あまりにも軽視されている。

ゆえに、一方通行的な関係性しか構築できない。

 

そんな状態では、とてもじゃないけど

『信頼関係』の構築はなし得ることができない。

 

 

 

ハンドリング自体が問題ではないのです。

その前段階にある、対人関係における前提条件が

できていないのです。

 

いかに相手に、“違和感” や “不快感” を与えずに関係することができるのか?

 

 

それは、相手と『同調する』ことができるのか?

自分という存在を捨てて、まずは相手を受け入れること、相手を感じること。

 

それができずに、セラピスト自身の〇〇したい、

という意思や意図に頭の中が埋め尽くされているうちは関係する相手との調和は生まれないのです。

 

このようなことから、考えてやっているうちは意識同士で、衝突しか起こっていない。

 

 

“違和感” や “不快感” を、どれだけ積み重ねているのか、

ということに気づきましょう。

積み重ねていけばいくほど、相手との調和からは遠ざかり、

信頼関係の構築からも遠ざかっていくのです。

 

それでは相手に対して、安心感を与えることができない。

不安感しか与えない のです。

 

それはつまり、相手の可能性や能力を引き出す場を創造することができない 、ということなのです。

 

 

まとめ

 

あなたは、身体同士のぶつかり合いだけではなく、意識同士のぶつかり合いを起こしてしまっていることに

気づいていますか?

自覚・認識できているでしょうか?

 

そこを乗り越えない限り、関係性の構築は難しいのです。

 

本当の意味での、本質的な関係性の構築。

それができるようになれば、あなた自身のセラピストとしての質は相当高いものになっているでしょう。

 

なぜなら、きちんと相手と対話できる関係性を構築することができる力があるのですから。

 

 

今回のブログでお伝えしてきた内容を踏まえて、

いかに表面的な関係性しか構築できないセラピストしか存在しないのか、ということを理解できると思います。

 

あなたは、どちら側のセラピストになりたいですか?

表面的な関係性しか構築できないセラピストなのか、本質的な関係性を構築できるセラピストなのか。

 

ぜひ、『同調』できる存在となって欲しいと思います。

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 - 『調和』や『一体感』, コミュニケーション, ハンドリング, 信頼関係の構築, 可能性や能力を引き出す, , 関係性 , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,