『重力』を感じ取れない身体ゆえに『軸』なき存在として生きている

      2017/01/16

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

セラピスト自身の身体に『軸』が備わっていない。

そのことは、セラピストとしての本質的な問題です。

 

対人関係の仕事をしている私たちは、

『軸』を備え持っていないと

関係性の構築がうまく行えないので、

ある意味致命的だと言えるでしょう。

 

 

セラピスト自身の身体に『軸』が形成されないのは

心身ともに緊張状態にあるからです。

それはつまり、“ゆるんだ” 身体になっていないということです。

 

 

ゆるめないから、重力を感じることができない。

セラピスト自身の身体が必要以上に緊張状態で生きているがゆえに

重力を感じることができない身体になってしまっているのです。

 

重力を感じられないと、どのような問題が起こるのか?

なぜ、重力を感じる必要があるのか?

 

そのことについて、今回のブログを書き進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

骨(コツ)をつかめていますか?

 

前回のブログ記事

頑張らせちゃっているけど、それって良いの? icon-share-square-o 

では、その姿勢や動作は『頑張らなきゃできないのか?』

という問題提起についての話をお伝えしました。

 

 

『頑張る』ということは、

必要以上に筋肉の緊張を生じさせている

ということです。

 

『骨』という人体の組織の中でも、最も硬い組織を

最大限に活かして姿勢保持や動作を行う。

それができないがために、

筋肉への負担がかかっているのです。

 

骨の支持性を活かすことができれば、

最小限の筋緊張で済むのです。

骨で立つことができれば、

『軸』ができるようになるのです。

 

逆にいうと、『軸』がなければ

骨で立つことができない。

 

つまり、必要以上に筋肉の緊張を要する、

ということになるのです。

 

ゆるめばゆるむほど、筋肉の緊張から解放され、

骨を活かした身体づかいになる。

 

その結果、骨を最大限に活かした身体づかいができるようになる。

そのような相関関係があるのです。

 

・ゆるめない

・頑張ってしまう

・踏ん張ってしまう

 

そういった問題は、『軸』がない という根本的な、本質的な問題を抱えているからです。

 

 

必要以上に力む “クセ” から解放しよう!

 

幼児を想像してみて下さい。

幼児は筋肉はありますが、筋肉が未発達がゆえに

強い力を出すことができない。

 

そのため、骨という人体で最も硬い組織の特性を活かして

『立つ』ことや『歩く』ことをやっているのです。

 

どんどん筋肉が発達するにつれ、骨を使わずに

筋肉の緊張に頼るようになる。

 

 

その結果、骨の意識が乏しくなってしまうわけです。

骨の意識が乏しくなるから、骨が使えない。

その代りに、筋肉を使って、姿勢保持や動作を

行っているのです。

 

このように筋肉に頼る身体づかいへとシフトしていくことで

どんどん『軸』を失うし、

骨を使えなくなってしまうのです。

 

 

『頑張る』ことの問題構造としてあるのは、

重力を感じることができていない、

という問題があります。

 

ゆるむことができないから、

骨の “重み” を感じることができない。

 

骨の “重み” を感じることができないと

骨の意識がはっきりとしてこないのです。

 

 

重たいものを持ったときに、私たちは重力というものを

感じることができますよね?

 

でも、鉛筆などの軽いものを持ったときには

重力を感じることができない。

 

それは、軽いものだと必要以上に力んでいるから

鉛筆自体の重さに、筋力で勝ってしまうからです。

 

 

つまり、普段から必要以上に力を入れてしまう、

というクセがついてしまっているからなのです。

 

モノを持つときには、落とさないように

必要最小限の筋出力でモノを持つ。

 

そういった身体づかいをしていれば、

あらゆるモノの “重み” を感じ取ることができます。

 

 

重力によって “重み” が発生し、地球の中心に向かって

引き寄せられているわけです。

 

ゆるめば、“重み” が発生する。

力めば、“重み” が感じられない。

そして、重力を感じ取ることができないということです。

 

 

重力を感じ取ることができない、というのは

地球の中心を感じ取ることができない、

ということでもあります。

 

重力を感じ取る能力というのが、とても大事なのです。

 

なぜ大事なのでしょうか?

 

それをこれから書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

重力を感じ取れないと骨・関節の位置関係を最適な状態に構築できない

 

昔、学生の頃に教室の掃除をしたことってありませんか?

 

ほうきで掃き掃除をした経験ってあるかと思うのですが、

ほうきを逆さまにして、『軸』を立てて

倒れないようにする、という遊び?をやってことないですか?

 

ほうきの『軸』を感じ取り、

地球の中心とを重ね合わせることができれば

ほうきは倒れることはありません。

 

 

しかしながら、ほうきの『軸』も感じ取れない、

地球の中心も感じ取ることができない、

となると、簡単にほうきは倒れてしまいます。

 

人間も同じなのです。

 

 

 

骨というものがあります。

骨だけでは簡単に倒れてしまうので、

そこに筋肉が付いているのです。

骨と筋肉の共同作業で、倒れないようになっている。

 

これはざっくりとした説明なので、細かいツッコミは

置いておきましょう。

(脳とか、神経とか、そういう話です)

 

筋肉で固めてしまえば、骨だけで構成した

構造物の安定性は高まります。

 

 

しかし、固めてしまうと

その分、自由度が少なくなってしまうわけです。

動こうと思ったら、一度力を抜いてからでないと

動けないからです。

 

 

必要最小限の緊張で、姿勢保持や動作ができるというのは

重力を感じ取ることができている。

地球の中心を感じ取ることができている、ということです。

 

この地球上で生きている限り、

絶えず1Gという重力が、

私たちの身体にはかかり続けているわけですが

その力と、いかにうまく付き合えるのか、

ということなのです。

 

重力を感じ取ることができないから、

骨を適切なポジションに配置できない のです。

 

 

筋肉の頑張りに頼る、依存する身体づかいから抜け出そう!

 

骨、関節の位置関係を適切な位置関係に

構築できない。

その結果、筋肉に頼ることで構造を保とうとしてしまう。

 

それが、『頑張り』につながるのです。

 

 

・姿勢保持をうまく保てない

・動作時に力んでしまう

・必要以上に力が入ってしまっていて、痛みが発生する

・動き出しが遅い、ぎこちない

など・・・

 

こういったことは、重力を感じ取ることができていないからです。

地球の中心を感じ取ることができていない。

 

だから、骨、関節を適切な位置関係に構築することができない。

その結果、筋肉に頼らざるを得なくなる。

そういった状態になっているのです。

 

 

まとめ

 

『頑張ってしまう』ということの問題の本質は

 

・ゆるんでいないから、骨の重みを感じ取ることができない

・重力を感じ取ることができないから

 地球の中心を感じ取ることができない

 

ゆえに、骨、関節を適切な位置関係に構築することができない。

その結果、筋肉で頑張るしかなくなる、ということなのです。

 

 

その姿勢、その動作において

どのように骨、関節の位置関係を構築することができれば

楽に、快適に、姿勢保持や動作を行うことができるのか。

それを理解しなければいけません。

何度も書いているように 頭での理解ではない ですよ。

 

 

頭でできる情報処理能力には限界があります。

あなた自身の身体を通しての理解です。

 

身体で理解しないことには、使えない のです。

そして、患者さんや利用者さんを導くことができない。

 

その空間において、重力場において

どういった構造体を構築するのか?

 

骨、関節の位置関係ですよね。

それを身をもって知らなければ、

より良い姿勢や動作を導くことはできません。

 

重力なのです。

 

どのように、重力と付き合うのか?

重力に負ける構造体をつくり出すのか、

重力を活かした構造体をつくり出すのか。

 

それは、セラピスト自身の身体の在り方次第なのです。

 

自分自身にないものは、他者に提供できないのですから。

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

あなたの身体を深いところからゆるめて、

重力を感じ取れる身体へとシフトさせていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - カラダの使い方, , 関係性 , , , , , , , , , , , , , , ,