あなたのその手は、気持ち悪い “手” になっていないですか?

      2017/01/15

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

私自身がこれまでに業界の中にいて、そこで感じることがたくさんあるのですが、その一つを今回のブログでお伝えしていきたいと思います。

完全なる、私自身の主観的な内容にはなりますが、誰かの言っているありきたりなことや、調べたらどこかに載っている情報を書いても面白くないですから。

そういった意味でも、私自身がこの業界の中にいて客観的に感じてきたことを、完全なる主観的な立場から物申していきたいと思っています。

 

で、今回のブログでお伝えしたいことですが、

あなた自身の『手』は、人様に触れる際に相手に受け入れられる『手』になっていますか?

という問題提起の話です。

 

あまりにも、セラピスト自身の『手』が固く、“違和感” や “不快感” しか与えることしかできない『手』の持ち主が多い。

そのように感じるのです。

 

目の前の患者さんや利用者さんと接触する『手』について

今回のブログでは話を進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

『手』の重要性を認識する必要がある

 

さて、私たちセラピストは『手』を介して、

患者さんや利用者さんと触れ合っています。

 

その重要な『手』ですが、

あまりその 重要さを感じていないセラピストがあまりにも多いのではないか、ということを感じています。

 

 

突然ですが、あなたがリハをやっているとします。

まさに、目の前の患者さんや利用者さんの身体にあなたの手で、触れている。

 

・その手は、なぜそこの場所に触れているのですか?

・なぜ、そこの場所でないといけないのですか?

・その手は、何を触れているのですか?

 

皮膚ですか、皮膚下ですか?

筋膜ですか?筋肉ですか?

骨ですか?

 

直接触れている部分ではなく、遠隔的に狙っているところがあるのですか?

 

身体の中心を捉えていますか?

 

・どういう目的で、その手を使っているのですか?

・その手の角度は、意味があるのですか?

・その手で出力している力加減は、

 それが適切なのですか?

・手を介して患者さんや利用者さんの身体に

 伝えている力の方向を考えて触れていますか?

 

こうしてパッと思いつくことだけでも書き出すと、

たくさん書き出すことができます。

 

ここで書き出したことを、リハの最中に誰かに聞かれたとしたら

あなたは明確に “答え” を提示することができるのか?

ということです。

 

あまりにも、無頓着で、明確な意図を持たずに触れている。

そんな状態で、果たして目の前の患者さんや利用者さんの可能性や能力を引き出すことができると思っているのでしょうか?

 

理学療法士として、プロ意識を持っているあなたにはこういう問いかけをしたいのです。

ぜひとも、そういった 問題意識を持ってもらいたい 

 

そのことで、あなた自身の世界も広がることになりますし、患者さんや利用者さんの可能性や能力を引き出すことができるようになるのですから。

 

 

業界健全化の流れを生み出したい

 

理学療法士の中にはプロ意識の低い、セラピストも少なくないですが、そういったセラピストには、何を言っても無駄ですから。

自分自身が、問題意識を持たない限り人は変わりません。

 

 

自分自身の中にある、何らかの想いや衝動。

そういったものに、突き動かされるキッカケがないことには人間というのは変わらないのです。

 

そういった意味でも、一人一人の質が高まっていき、そのことで業界の健全化が起これば良い。

質の低いセラピストが淘汰される世の中になれば自然と変わってくるか、必要ではなくなるので、いなくなるのではないかと思うのです。

 

 

リハを提供する側も、リハを受ける側も意識が高まれば相乗効果で、業界の健全化が起こるのではないかと思うのです。

私自身は、ぜひそうなって欲しいと思うのです。

 

 

リハを受ける側の意識や要求が高くなれば、自然と質の低いセラピストは淘汰されますよね?

必要とされなくなる。

 

素人の毛の生えたような、資格を持たなくともできるようなことしかしないセラピストが排除されればもっと業界は健全化するし、社会的な地位や価値も高まると思うのです。

 

そのことによって、リハを提供する側、受ける側の双方にも良い循環が起こる。

この業界が行き詰まっているからこそ、穴をぶち開けていかなければ業界自体も良くなっていかないし、リハを受ける患者さんや利用者さんが理不尽でなりません。

 

患者さんや、利用者さんは、セラピストを選べないのですから。

 

同じ料金を支払うのでも、新人とベテランで同じ料金を支払う、というのは、不公平だと思うのです。

 

 

この先、患者さんや利用者さん自身が、リハを受けるセラピストを選択することができる時代になってくれば、そこで新たな循環が起こって、選ばれない存在は淘汰される、ということになってくると思うのです。

 

そうあるべきだと思うのです。

それこそが、より良い社会をつくり出すと思うのです。

 

サービスを受ける立場としても、より質の高いサービスを受ける権利がある。

それが、実際問題としては不公平な状態になっているから業界の全体の質も上がっていかないと思うのです。

 

 

対話力のある『手』を身につけよう!

 

話が逸れてしまいましたが、あなたの『手』ですね。

そこに、もっと意識を向けて欲しいのです。

 

あなたの身体から生み出された力を、あなたの手を介して目の前の患者さんや利用者さんに伝える、という役割があるわけですが

 

その一方で、患者さんの反応や、状態を感じ取る役割もあるのです。

 

出力器であると同時に、感覚器でもある

ということです。

どちらか一方だけができたら良いということではなく、両方必要なのです。

 

 

絶えず、患者さんや利用者さんと触れている手を介して、対話し続ける力。

それを、どんどん高めていかなければいけないのです。

 

対話力は、本当に重要です。

対話力がなければ、何もできない。

対話力がなければ、それはセラピストの自我を一方通行的に

押し付けるものでしかないのですから。

 

そのような一方通行な、自己中心的なセラピストが多すぎるのです。

あなたの頭の中の妄想を相手に押し付けていませんか? icon-external-link  でも書いたように、

セラピストの頭の中の世界しか見えていない。

 

 

頭の中の世界に引きこもり、

向き合うべき目の前の患者さんや利用者さんの存在が “ないがしろ” にされている。

 

 

それでいいのでしょうか?

 

 

目の前の患者さんや利用者さんの身体に触れている、あなたのその『手』は、対話ができる『手』でしょうか?

 

対話できる『手』を、あなた自身が持っていないのであれば、あなた自身の努力により手に入れていかなければいけません。

 

対話力を身につけるためには、感受性の高い『手』を手に入れないといけないのです。

 

 

 

そのためには “ゆるむ”  こと。

“ゆるんだ手” を手に入れること 

 

あまりにも、患者さんや利用者さんに触れる手が固すぎる。

固すぎるために、触れられる側からすると違和感しか感じられない。

“気持ち悪い” 手 なのです。

 

 

あなたが触れられる側の立場なら

そんな“気持ち悪い” 手に触れられたいとは思わないですよね?

 

 

固い手というのは、コミュニケーションができない のです。

対話力のない手で触れると、それはセラピストの押し付けしかできない手でしかない。

 

力が入っているから、相手の細かい変化というものを感じ取れない。

当然ながら、そんな手は患者さんや利用者さんからは受け入れてもらうことはできないのです。

 

だから、何も始まらないわけです。

というか、始められない。

 

信頼関係が築けないのですから、そのような状況からは何も良いものは生まれません。

それほどまでに重要なことなのです。

 

 

いかに “ゆるんだ手” で

対話することができる手で

目の前の患者さんや利用者さんに触れることができるのか。

 

触れた瞬間に、患者さんや利用者さんの扉を開けることができる、違和感を感じさせない手。

 

 

そういった『手』を身につけない限り、目の前の患者さんや利用者さんから受け入れてはもらえないのです。

 

“ゆるんだ手” であるからこそ、絶えず変化し続ける相手の身体の反応を感じ取ることができるし、

ゆるんでいるからこそ、細かく相手の身体を操作することができるのです。

 

 

この相手の身体を操作するというのは、相手を無視して自分の思うがままにコントロールする、という意味合いではありません。

相手の反応を細かく感じ取りながら、より良い方向に身体を導いていく、という意味合いにおいての身体操作なのです。

 

 

『軸』を身につけよう!

 

“ゆるんだ手” を手に入れるためには、あなた自身の身体がゆるまなければいけません。

 

手だけではなく、身体全体がゆるんでいる必要がある、ということです。

 

そうじゃないと、“ゆるんだ手” は手に入れることができないのです。

 

 

ゆるめば『軸』ができます。

『軸』があれば、より “ゆるんだ” 身体を手に入れることができます。

このように相乗効果があるのです。

 

あなたの身体に『軸』を身につけるには、姿勢って大事ですよね?

あなたの姿勢というものを鏡などで見てみて下さい。

 

どうですか?

『軸』を感じられますか?

ゆるんだ身体、自然体な身体に映っているでしょうか?

 

そうでないなら、どこが、どういった問題で緊張が生まれているのでしょうか?

このように、自分自身の身体と常に対話し続ける意識を持たないとゆるんだ身体は手に入れられないし、『軸』そのものが形成されないのです。

 

 

心と身体がゆるんでいるからこそ、『軸』が形成される。

『軸』があるから、心も身体もゆるむ。

 

そういった相互関係がある のです。

 

 

前の前の患者さんや利用者さんと、深い対話ができる能力を身につけるには

まずは、あなた自身の身体との深い対話が必要なのです。

 

早速、今すぐからでもあなた自身の身体との対話を始めてみて下さい。

 

ということで、今回のブログは以上になります。

 

今回のブログの内容で、何か分からないことや疑問に感じることがありましたらコメント欄に書き込んで頂くか、直接メッセージを頂けましたら幸いです。

最後まで、読んで頂きましてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - カラダの使い方, , 関係性 , , , , , , , , , , , , , , ,