姿勢や動作における設計図を手に入れよう!

      2017/01/14

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

私たちセラピストが関係する患者さんや利用者さんの姿勢や動作において、より良いものを引き出し、創造するために何を基準として身体を構築しているでしょうか?

何かガイドラインとなるものがあれば、それに沿って、身体を構築していくことができればより良いものを引き出し、創造することが容易くなると思います。

 

いわば、姿勢や動作の設計図 というものですよね?

 

そういった設計図をあらかじめ手に入れることができるのかどうか?

そこが、より良い姿勢や動作を引き出し、創造するためには欠かせない重要なことだと思います。

 

今回のブログでは、その設計図となるものについての話を書き進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

重力場で調和した状態を得るためには、『床反力』を捉えることが欠かせない

 

前回のブログ

立ち上がり動作の “極意” とは床反力を捉えることである! icon-external-link 

では、立ち上がり動作の “極意” とは床反力を捉えることである、ということをお伝えしました。

 

『床反力』を捉えることが、立ち上がり動作における評価とより良い動作獲得のためには欠かせない要素である。

そのような内容をお伝えしました。

 

 

この『床反力』を捉える、ということは

何も “立ち上がり動作” だけに限った話ではないのです。

 

立位保持も、歩行動作も

この重力場という環境の中で、何かしら姿勢保持や動作を行うためには『床反力』というものを捉えることが、欠かせないことなのです。

 

『床反力』を捉える、ということは

重力場において調和した状態である、ということです。

 

 

 

骨で立つことの重要性

 

復習も兼ねて書いておきますが、『床反力』を捉える、ということは

骨の支持性を最大限に活かす身体づかいが可能となる、ということです。

 

つまり、より筋肉の緊張を必要としない身体づかいが可能となる、ということです。

 

筋肉の緊張で、身体を固めない。

それは、より自由度の高い身体である、と言えます。

動き出しが、何よりもスムーズに可能となるのですから。

 

 

筋肉の緊張によって身体を固めてしまうと、

動き出そうと思ったら、既に固めてしまっている状態を一度解体しなければいけません。

 

その解体しなければいけない状態をひと手間挟むことは、動きにおいて大きなエネルギーロスとなるのです。

 

 

 

骨の支持性を最大限に活かした身体づかいが可能となれば、骨で立つこと が可能となります。

 

それは、ゆるんだ身体であり、どの方向にも、自由に移動できる、という側面があります。

 

ゆるんでいるから、どの方向にも動き出しがスムーズに可能となる。

 

頑張って動くのではなく、動きたい方向に力を抜けば、それが結果的に体重移動することになり、動きが起こる、ということなのです。

 

そういった状態を手に入れている身体は、あらゆる動きにおいてのブレーキ成分が少ない状態、といえるでしょう。

 

 

 

その一方で、筋肉の緊張で身体を固めてしまっている人は、ブレーキ成分が多い状態なのです。

 

何か動こうと思ったら、そのブレーキ成分となっているものを一度ゆるめたり、外さないことには動けないのです。

 

 

 

動きたいのに、動けない。

思うように動けない。

 

それが、どれだけ心身ともにストレスになっているのか。

そこを考えてみる必要があるでしょう。

 

ストレスを積み重ねていくことで、より心身ともに固まった状態に陥っていく。

身体のブレーキ成分は、精神面でもストレスになっているのです。

 

 

心身一如という言葉があるように、心と身体は切り離して考えることはできません。

つながっているものなのです。

 

身体の凝り固まっている部分が多ければ多いほど、心もどんどん固まっていく。

そのような相関関係があるのです。

 

 

 

地球の中心を捉えることが、『軸』の形成のために何よりも重要である

 

さて、重力場で調和した状態が 骨で立つ 、ということでした。

そのために必要なことは、『床反力』を捉えることである。

『床反力』を捉える、ということは地球の中心を捉える、ということでもあります。

 

 

地球の中心から地面まで伸びてくる線。

その線を捉えることが『床反力』を捉える、ということなのです。

 

地球の中心を捉えることができるから、地球という重力場と調和した関係性を構築することができる。

 

地球の中心を捉えることができないと、適切な関係性を構築することができないのです。

 

 

 

重力との適切な関係性を構築することができない。

それは、骨・関節の位置関係が適切に構築できない、ということなのです。

ゆえに、骨の支持性を最大限に発揮できないから、筋肉の仕事量を増やしてしまう、ということになるのです。

 

骨の剛性を、体重支持に活かすことができずに、その仕事を筋肉に依存してしまっている。

その結果、どんどん筋肉の緊張が高まっていく。

そして、使われれば使われるほど、凝り固まっていく。

 

このような 負のスパイラルに陥ってしまう のです。

 

 

 

筋肉がゆるめばゆるむほど、骨が使われる。

骨の支持性を最大限に活かすことができれば、骨で立つことができるようになる。

 

その結果、重力場において重力と調和した状態を

つくり出すことになり、重力と調和した関係性を

構築することができるようになるのです。

 

そこではじめて、『軸』が形成される ことになるのです。

 

 

 

『軸』があるから、身体が協調性をもって統合される

 

この『軸』というのは、床半力を捉えた部分から垂直に立ち上がる線といっても良いでしょう。

『床反力線』ですね。

 

この 床反力線=『軸』なのです。

 

 

セラピスト自身が関係する患者さんや利用者さんの身体に触れた際に、相手の支持基底面内に床反力を捉えることで、その支持基底面上に広がる空間に床反力線を立ち上がらせることが重要です。

 

支持基底面内に、床反力線(軸)を立ち上がらせることで、その床反力線に従って、身体が重力と調和した状態に再構築されるのです。

 

 

支持基底面の上に広がる空間の中で、身体という物理的な存在が、床反力線をもとに、それぞれのパーツが適切な位置関係に再構築されていく。

 

こういったプロセスがあって、

『軸』ある身体となるわけです。

 

部分的なものを、どうこうするわけではなく、『軸』をもとに身体を構築する 。

 

それは、目的とする姿勢や動作の設計図というものがあって、その設計図をもとに、身体を適切に構築していく、というプロセスといえるでしょう。

 

全体像というものがあって、そこに部分を当てはめていく。

そのガイド役となるものが、床反力であり、『軸』なのです。

 

 

 

分かりやすい話で言うと綿菓子ってありますよね?

綿菓子の中心には、割り箸を使います。

その割り箸を中心として、周りに綿を巻きつけていく。

あのようなイメージです。

 

中心となる『軸』があるから、その『軸』を中心に、より良いものを創造することができる。

そうようなイメージです。

 

『軸』があるから、まとまる のです。

バラバラにならずに、統合される。

 

 

身体も同じですよね?

それぞれのパーツが、バラバラに良からぬ方向に動き出したら、姿勢や動作が成り立たないですよね?

 

組織でも、みんなが同じ方向性に進まずに、バラバラに動き出したら、その組織は崩壊してしまいます。

 

そうならないためには、リーダーとなる存在が必要です。

そのリーダーとなる、まとめ役の存在が『軸』なのです。

そして、床反力線なのです。

 

スポンサーリンク

 

いかに重力と調和した関係性を構築できるのか?

 

重力場という環境の中で、重力と調和した関係性を構築するために床反力線をもとに、身体を構築していく。

そういったことができる存在となることが求められるのです。

 

ただ、頭の中にあるカタチに目の前の相手をはめ込もうとするのは方向性としては間違っている。

重力と調和した関係性を構築することはできないのです。

 

 

セラピストとしてのセンスがある。

とても素晴らしいセンスがある。

このような例えがあります。

 

このセンスという言葉に含まれる意味には、

いかに重力を感じ取ることができて、その重力と調和した関係性を構築することができる感性だと私自身は捉えています。

 

多くのセラピストが、こういった本質的なことができないのですから。

 

 

じゃあ、一体そういった本質を捉えることのできないセラピストが何をやっているのかというと、

自分の頭の中にある価値観や、妄想を目の前の患者さんや利用者さんに押し付けている のです。

 

それでは、何もより良いものを引き出すことができないことはここまで読んで頂けたら理解できると思うのです。

 

 

 

専門的な知識というのは、もちろん重要な要素ではありますが、この本質的な部分を活かしたリハを展開できることにはつながらないのです。

専門的な知識がなくても、この本質を捉える力が秀でていたら、その方がより良いものを引き出せるし、より良い何かを創造することができるでしょう。

 

セラピスト自身が、重力を感じられない。

『軸』を備え持った身体となっていない。

 

そのような状態では、何も引き出せないのです。

相手の可能性や能力を引き出すことができないのです。

 

 

・『床反力線』を立ち上げる能力

 

・相手の身体の支持基底面の延長上にある空間に

 『床反力線』を立ち上げること

 

それさえできれば、姿勢保持や、動作をより良い状態に構築することが可能となるのです。

重力と調和した関係性を構築することができるのです。

 

 

 

まずは、あなた自身が重力と調和した存在となること

 

今は、セラピストが関係する患者さんや利用者さんに焦点を当てて話をしていますが、

実は、『床反力線』を立ち上げるのは、相手の支持基底面の延長にある空間だけではないのです。

 

セラピスト自身にも立ち上げる必要がある。

さらに言うと、“私たち” の共通する空間にも立ち上げる必要があるのです。

 

 

話が複雑になってしまって、理解できなくなるかもしれません。

 

要するに、自分と相手、

そして、お互いに共有する空間にも3つの『軸』を立ち上げる必要がある、ということなのです。

 

もちろん、同時に3つの『軸』を意識して立ち上げることはできないでしょう。

 

 

 

じゃあ、どうするの?

って思われるかもしれませんね。

 

その答えは、自分自身が普段から『軸』を備え持った身体であり続けることなのです。

 

 

自分自身に『軸』があるから、関係する相手の『軸』を創造することができるし、感じ取ることができる。

そして、自分と相手の『軸』だけではなく、“私たち” というお互いに共通する空間の『軸』をも捉えることができるようになるのです。

 

この状態を創造することができれば、より可能性や能力が開花する場、空間を創造することができるのです。

 

自分自身が、地球と調和し、重力場と調和し、重力と調和する。

そして、関係する相手と調和する。

 

このようにあらゆる存在と調和が生まれるのです。

より、調和の範囲が広がっていくわけです。

 

そうなってくると、体感としても一体感を感じられるようになります。

 

安心感が生まれます。

信頼感が生まれます。

 

 

そして、自分という存在が、その空間に溶け込んだかのような感覚に陥ります。

 

自他分離しない、一体感。

対人間との一体感だけではなく、その空間そのものとの一体感です。

 

そういう場や空間を創造することができれば、大きな価値を生み出すことになるでしょう。

最大限に相手の可能性や能力を引き出す場を創造することができるのですから。

 

 

これは何もファンタジーを書いているのではありません。

この話をファンタジーとしてしか受け取れないとしたら、それは自分の頭の中の考えや価値観を相手に押し付けているだけのリハしかできていない存在でしょう。

 

自分自身も、関係する相手も世界が広がる、可能性や能力が開花する、という状態は、空間が広がる、ということなのですから。

 

 

空間が広がるというのは、意識の領域が拡大する 、ということです。

意識の領域が拡大するから、移動するための空間が広がるのです。

 

物理的な移動も、思考などの移動も移動すべき空間が広がっていないことには、特定の凝り固まった狭い空間内で動くしかありません。

既にあるものの中だけで完結してしまう。

 

そういった状態というのは、既存の何かは出せても、新たな何かを創造することはできないのです。

創造性が担保されない のです。

 

 

過去のブログ記事に、こういった話を書いたことがあります⬇︎

空間を拡げることがリハの本質である  icon-external-link 

 

ぜひ、読んでみて下さいね。

 

 

 

まとめ

 

今回のブログでは、関係する患者さんや利用者さんの身体を重力場という環境において、より良い姿勢や動作を引き出し、創造するためには『床反力』を捉えることが重要である、ということの話をお伝えしました。

 

セラピスト自身が、“ゆるんだ” 身体を手に入れた結果、地球の中心を感じることが可能となる。

そういった前提があって、骨の支持性を最大限に活かした身体づかいが可能となる。

 

骨の支持性を最大限に活かした身体づかいが可能となるから、セラピスト自身に『軸』ある身体を身につけることができる。

 

それが、重力場という環境の中で調和した状態を手に入れる、

ということなのです。

 

そういった状態を体現できてこそ、セラピストが関係する相手にも、重力と調和した関係性を構築することができるようになる。

 

 

重力場という環境の中で、調和した関係性を構築することができる。

そのために欠かせない構成要素の “おおもと” であるのが床反力線である『軸』なのです。

 

『軸』が重力場において身体づかいにおける設計図の根幹となる柱なのです。

柱なき、構造物は簡単に崩壊してしまいます。

いくらカタチだけをつくっても、そこ中心となる柱がなければ構造物としては脆いですよね?

 

 

構造物という表現をしましたが、人間はただ身体をあるカタチに一定状態のままにしておくことってないのです。

常に動いているものなのです。

流動的な生き物なのです。

 

流動した状態で、安定性と運動性を確保しながらあり続けることが求められるのです。

この矛盾した状態を、両方の要素を内包しながら “あり続ける” ことが求められる。

 

そのために必要なことは、『軸』でしょう。

 

地球の中心を捉え続けることができる状態。

それは、『軸』があるということです。

『軸』があるから、流動的な状態でも安定性と運動性の両側面を同時に確保できる。

 

矛盾を同時に内包したままであり続けることができる。

そういうことなのです。

 

 

 

やはり最終的に、話の行き着く先は『軸』になってしまいます。

重力場という環境で生きている限り、重要な要素として『軸』を身につけることは欠かせないのです。

それなくしては調和の道へは踏み込めないのです。

 

このように本質的な部分をきちんと捉えることができるのか?

そこが重要になってきます。

 

『軸』あるセラピストは、この本質を捉える能力も高いのです。

『軸』があるからこそ、モノゴトの本質を捉えることが可能となる。

 

 

・リハの本質とは何か?

・可能性や能力が引き出されるための本質とは何か?

 

こういった本質を見抜く力を備え持つ、ということがとても重要なことだと思います。

 

あなた自身の本質力を高めること。

 

何かしらのテクニックや技術を学ぶことも良いですが、

本質が抜け落ちている段階で、何を学んでも、身にはならない 

 

そこをきちんと押さえておきましょう!

 

 

ということで、今回のブログは以上になります。

 

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - 『調和』や『一体感』, カラダの使い方, , 関係性 , , , , , , , , , , , , , , , , , ,