自己中心的な生き方から抜け出そう!

      2017/01/16

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

このブログを書くことの意味。

それは、この閉塞的な世界、世の中を変えていきたい。

そういう “想い” があってのことです。

 

世の中を、より自由で、創造的な世界にシフトさせていく。

そのような世界、世の中を創造したい。

そういう未来を見据えて情報発信しています。

 

時間はかかると思いますが、誰かにその役割を託すのではなく、

自分自身が出来ることを、それぞれがやる。

そういう意識が重要だと思うのです。

 

私たち一人一人が、人生の主役であり、

この世界、世の中を創り出している。

 

そういった意識を持って、

もっと前向きに人生を歩んでいく人間が一人でも増えれば、

世の中は面白くなってくると思うのです。

 

今回のブログでは、自己中心的な生き方をしている人が

自分の “殻に” 、“枠に” 閉じこもりながら生きている状態から

自分自身を解放し、自由で、創造的な世界を創造していくために

必要なことについて持論を展開していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

『調和』や『一体感』を生み出していくこと

 

このブログを始めて、色んな想いを持って、

その想いを一つ一つ、

ブログ記事に込めて書いてきました。

 

結局のところ、私自身はこのブログを通して、

何を伝えたいのか?

 

 

そこを考えてみたときに、出てくるのは

やはり『調和』や『一体感』なのです。

 

テクニックや技術至上主義という方向性に

傾いてしまっている流れに問題提起をし、

そして、より良い方向性として、

『こういった新たな世界があるんだよ!』

ということを伝えたいのです。

 

私自身もテクニックや技術というものさえあれば、

それだけで患者さんや利用者さんを満足させることができる。

本気で、そう思っていました。

 

 

でも、そうではないのです。

患者さんや利用者さんは、もちろん最高のサービス。

リハビリテーション、というものを受けたいとは思ってるでしょう。

でもね、それはあくまでも “表面的” なニーズでしかないのです。

 

 

怪我をしたり、病気をして

そのことによって、自分自身に対する “自信” を

失くしてしまっている。

 

時には自己嫌悪に陥ったり、自己重要感、自己肯定感を

感じられなくなったりしている。

 

そのような状態に陥っているのに、

それをテクニックや技術というもので

問題解決を図ることは本質的にはできないのです。

 

 

この持論に反論を持たれている人は、

“自分が” という想いが強い人 だと思います。

“自分が” 患者さんや利用者さんを良くするんだ。

 

そういった、『使命感』のようなものを持ってセラピスト

という仕事をしていることでしょう。

 

そのこと自体には、何も異論はないですし、

むしろ『使命感』を持って仕事をする、

というのは素晴らしいことだと思うのです。

 

 

でもね、“自分が” という想いが強ければ強いほど

『調和』とはかけ離れた状態をつくり出してしまう

ということに本人は気付かない。

 

患者さんや利用者さんのために、という想いが

強ければ強いほど

患者さんや利用者さんを良くするためのテクニックや技術

というものを求めるようになるのです。

 

 

それは、

方向性としてはズレてしまっているのです。

ベクトルとしては『調和』とは逆の方向に向かってしまう。

 

患者さんや利用者さんのことを本当に想うなら

向き合うべきはテクニックや技術ではなくて

患者さんや利用者さん自身 なのです。

そこに気がつかないといけない。

 

 

そういった意味では、テクニックや技術だけを高める、

という方向性に思いっきり偏ってしまう時期があっても良い、

と思っています。

 

思いっきり偏ってしまえば、そこで『あれっ?』って

何か違うんじゃないか、という違和感を

感じ始めるようになるからです。

私自身もそうでした。

 

あるところまでやってやって、やり尽くしていくと

『何か違うんじゃないか?』という想いが

湧いてくるようになる。

そこで初めて気づくわけです。

 

 

自己中心的な世界から、自己超越した世界へと踏み出そう!

 

本当に大事なことは何なのか?

 

自分自身がこれまでに気づかなかった

“盲点” に気づくようになる。

 

 

私自身がこのブログを通じて伝えたいことの

中心であり、コアであり、本質をいうと

それは『自己超越』した世界 の提示です。

 

『調和』や『一体感』を創造するためには

“自己超越” しなければ、できないことなのです。

 

 

自己中心的なものの考え方。

“自分が” という視点。

自我の押し付けをなくす。

 

自分というものを、とことん失くしていった結果、

『調和』や『一体感』を創造することができるのです。

 

これは捉え方によっては、ネガティブな捉え方をしてしまう人も

いるかもしれません。

 

 

でも、全くネガティブな意味合いでは使っていません。

 

自己主張をやめてみる

相手の話や声を傾聴する

相手を受け入れる

 

ということを深い段階でできるようになれば

『調和』や『一体感』なんて難しくないのです。

ごく自然にできるようになる。

 

自我というものを前面に出してしまっているから

『調和』や『一体感』を創造することができないのです。

 

 

ここで書いていることは、何も『抽象論』ではありません。

ざっくり言うと、

『自分なんて捨てちまえ!』

ということです。

 

自分にこだわらなければ、相手と調和できるのです。

一体感を創造できるのです。

自分自身にこだわるから、調和がなし得られない。

自分自身を第一に考えるから、調和できないのです。

 

『自己超越』できれば、新たな世界に踏み入れることが可能です。

そういった世界を感じて欲しいのです。

スポンサーリンク

 

『一体感』こそが幸福感を満たすものである

 

本当の幸福感とは、『一体感』です。

あなたの提供しているリハは、目の前の患者さんや利用者さんと

『一体感』をもって、何かを創造できていますか?

あなた自身の考えや主張の押し付けになっていませんか?

 

 

テクニックや技術を駆使するというのは

あなた自身の自我の押し付けでしかないのです。

もちろん必要な要素ではあります。

 

でもね、『調和』や『一体感』の創造を体験すれば

ここで私が書いていること、伝えたいことの本質を

身体をもって体感することができます。

 

本当の意味での『つながり』を体験することができるのです。

そのインパクト、衝撃は必ずや、

あなた自身の人生を大きく変えるための一つの “きっかけ” となるでしょう。

 

 

人は誰かと、深く “つながりたい” 生き物 なのです。

そこに深い幸福感を見出すことができる生き物なのです。

 

それを目の前の患者さんや利用者さんに

提示することができる存在となったとしたら

あなたの価値は、最大限に発揮されるでしょう。

あなたの魅力を感じずにはいられなくなる。

 

それは、理学療法士という職業だけにおける

重要事項ではないのです。

 

 

人間と関係するあらゆる職業、関係性において

最大限の価値となり、強みとなるでしょう。

 

だから、たとえ理学療法士という職業がこの先どうなるのか分かりませんが

それで生きていけなくなったとしても、

あなたには他の分野で生きていくことができるための

武器となる価値や強みがあるのですから生き残っていけるし、

選ばれる存在となることができるのです。

 

 

世の中に循環を生み出す存在になろう!

 

『自己超越』すること。

『自己』を超越して世界に足を踏み入れて

あなた自身の人生のステージを何段階もステップアップすること。

 

 

『人間には成長したい』

という欲求があります。

 

その欲求は人間が根源的に持っているものですが、

自分自身の成長にあたり、

自分だけが良ければいい、という発想はよろしくない。

 

それは、世の中に何も循環を生み出さない のです。

 

あなた自身の成長や進化が、世の中のためになる。

自分だけが、という視点から抜け出し、

世の中のために、目の前の相手のためにできることは何なのか?
そういった発想をもって生きることで、

どんどん世の中に、より良い循環を生み出していける。

 

私自身が、こうして情報発信しているのは、

そういった目的があってのことです。

 

世の中に何か貢献できることはないか?

と考えたときに、これまでの経験を伝えて社会貢献したい。

そういう想いがあるからです。

 

 

世の中を見渡してみて下さい。

どれほど、『自己中心的』な生き方をしている人間で溢れていることか。

誰かのため、社会のため、とは言いながらも

結局は “自分のため” なんです。

 

そういった自己中心的な世界だけで生きる状態から

一人でも多くの人が抜け出すことができたなら

必ず、世の中はより良い方向にシフトしていくと確信しています。

 

創造的な世界を創造したい。

そのためにこうして情報発信をしています。

 

世の中を創造的にシフトする。

そのための同志、仲間になってくれませんか?

あなた自身が、『自己超越』することができれば

その影響が、必ずあなたの周りの人間にも波及します。

 

そうやって初めは小さな波でも、その波がどんどん波及効果で

大きくなっていく。

 

 

このように直接的には世の中を変えるための力にはなり得ないですが、

間接的には世の中を変えるための力にはなる。

そういった力を創造することができると思うのです。

そこに、私は人生をかけて向き合っていきたい。

 

たった一人の力では、この閉塞的な行き詰まった世の中を

変えることはできない。

 

でも、こうして情報発信をすることで

想いに共感する人を集めて、同志や仲間を集めることができる。

 

 

ぜひ、今の世の中に憤りを感じているなら、

立ち上がって欲しいのです。

あなたの行動が、世の中をより良い方向にシフトしていくための

力になるのですから。

仲間に、同志になって欲しいと思います。

 

 

自己中心的な生き方から、

自己を超越した生き方へのシフト。

そこに踏み出しましょう!

 

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - 『調和』や『一体感』, 創造, 可能性や能力を引き出す , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,