ハンドリングを高めるよりも前に、接触する『手』を考えよう!

      2017/01/14

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

臨床の場面で、私たちセラピストは『手』を用いて、患者さんや利用者さんと接触します。

接触することによって、セラピストの力を伝えたり、患者さんや利用者さんからの反応を感じ取りながら、リハを展開しています。

 

出力器であると同時に、感覚器でもある。

私たちセラピストにとっての生命線でもある『手』というものは非常に重要なものでしょう。

 

なのに、『ハンドリング』というものに興味関心を抱くセラピストは多くても

『手』の重要性について深く考えているセラピストは少なくありません。

 

今回のブログでは、『接触する』ということについて考えていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

“触れる” ことの意味を考える

 

セラピストとして、患者さんや利用者さんの身体に触れる、ということは欠かせないと思います。

リハビリテーションというプロセスの中に

患者さんや利用者さんの身体に『触れる』という要素が含まれている、ということですね。

 

この『触れる』ということを

どれだけ深く考えることができるのか?

 

それを、おろそかにしてしまうと

患者さんや利用者さんとの関係性をうまく構築できない 、ということになるのです。

 

 

具体的にいうと、

セラピスト自身の接触が患者さんや利用者さんの身体の緊張を高めてしまう 

 

セラピスト自身の接触により、患者さんや利用者さんの身体のバランスが崩れる 、ということなのです。

 

それは当然ですよね?

 

“接触する” ということは

少なからず患者さんや利用者さんの身体に対して外力を加える、ということになるのですから。

 

力を加えた分、バランスが崩れます。

ほんの少しの力を加えただけでも、

人間というのは反応する生き物なのです。

 

厳密にいうと、触れる前からも意識の領域でコミュニケーションをしているから

相手の意識の領域に侵入するだけでもバランスは崩れています。

 

 

関係することで、お互いのバランスは崩れるものである

 

少し話が脱線してしまいますが、

意識の領域という世界も捉えることができないと

患者さんや利用者さんとの関係性をうまく構築できないのです。

 

いかに『調和』していくことができるのか?

そういった視点をもって関係性を築くことが重要になってきます。

 

関係する、ということは

必ず何かしらの影響を与え合っているので、お互いにバランスが崩れるもの なのです。

関係することでバランスが崩れる。

 

だからこそ、新たにバランスを再構築する過程が必要なのですが、

その時に、いかに緊張状態をつくり出さないように、違和感や不快感を与えないようにすることができるのか 、ということが重要になってきます。

 

 

その “接触” が緊張状態を生み出している

 

話を戻しましょう。

『接触』ということについての話です。

 

『接触』するというのは、接触する相手だけではなく接触する自分自身にも緊張状態を生み出してしまうことになるのです。

 

 どういうことか?

 

接触することによって、反射的に手が固まってしまう。

手が緊張してしまう、ということなのです。

 

これを『接触性拘束』といいます。

このような特性があるのです。

 

 

赤ちゃんの手を指先で撫でてみると、

その刺激によって、手指が曲がってくる、ということを体験したことはないでしょうか?

 

それは原始反射というものがあって、

何かに触れるとモノを握るとか、つかもうという反応が起こるというものです。

(ざっくり言うと)

こういった特性があるということを知っておく必要があります。

 

何かに触れた際に、手が緊張してしまう、

という特性ですね。

 

それは、『手』の緊張だけにとどまりません。

手が緊張してしまう、ということは

前腕部も、肘関節、上腕部、肩関節など

末梢部から、中枢部にかけての緊張を生み出します。

どこか一部分の緊張だけでは収まらない、ということなのです。

 

 

『手』が緊張したら、全身にその影響を及ぼすことになる。

つまり、全身の緊張につながってしまう、

ということなのです。

 

『手』が緊張したら、全身が固くなる。

それは体幹部が “箱” のようになってしまう、

ということでもあるのです。

体幹部を細かく割って、細分化して使えないがために手先での動きになってしまう。

 

手先で何かをしようとしたら、動きが雑になるし、力の加減も細かな調整が難しくなるのです。

 

さらに、手の “あたり” も固いものになってしまう。

それは、触れられる相手からすると、

受け入れがたい接触になる のです。

 

柔らかい接触ならまだしも固い接触は、大きな外力になります。

そして、大きくバランスを崩してしまうことになる。

だからこそ、受け入れがたい刺激として認識されてしまい、相手の身体の緊張を生み出してしまうことになるのです。

 

スポンサーリンク

 

いかに “違和感” や “不快感” を与えない接触ができるのか、が重要である

 

いかに、セラピスト自身の “手” の緊張を生み出さずに接触することができるのか?

 

それは、いかに違和感を与えずに接触できるのか?

いかに不快感を与えずに接触することができるのか?

ということにもつながってきます。

 

・相手の身体に必要以上に緊張を与えないこと

・緊張状態を生み出さない関係性を構築することができる

それが重要になるのです。

 

柔らかい手

それは、相手に違和感を与えない、

相手に不快感を与えない手なのです。

 

ゆえに、相手に受け入れてもらうことができる接触 

つくり出すことができる。

 

そういう状態をつくり出せないことには、

相手との『調和』や『一体感』を生み出すことはできないのです。

 

 

『接触性拘束』

この課題と、どのように向き合うのか?

そこには具体的な答えなんてありません。

 

こうしたら、『接触性拘束』という課題をクリアできる。

そのような明確なものはないのです。

 

自分自身の身体で検証しながら、

自分自身の身体と対話しながら、

課題と向き合っていくこと。

それが求められるのです。

 

 

まとめ

 

あなたの、その “手” は、接触する際に

相手の身体に受け入れてもらうことができる手ですか?

相手の身体にフィットできる手でしょうか?

そこを問うてみることから始まります。

 

あなたの『手』は、目の前の相手と関係する際に、どのような影響を与えるものなのか?

その 影響力の大きさ、というものをセラピストとして認識する必要があります。

 

『手』の影響力というものを認識すれば、

セラピストとして、いかに『手』が大事なものなのか、ということを理解できるからです。

頭での理解、知識や情報としての理解ではなく、身体を通しての理解ができるということです。

 

 

そのことを踏まえ、セラピストとして『手』をどのように高めていくのか?

そこに意識が向くようになると思います。

相手との関係性を構築する上で、『手』による接触の仕方はとても重要な要素です。

相手に受け入れられる接触ができる。

それなくしては、相手との関係性を構築できないことになってしまうからです。

 

 

相手に “違和感”  や “不快感”  を与えることのない『手』を身につけること。

それはセラピストとして、欠かせないことだと思います。

目の前の患者さんや利用者さんをより良い状態に導きたい、という想いから、

ハンドリングを高めたい、という発想は大事ですが、ハンドリングそのものを高める前に、やるべき重要なことがあるのです。

 

それが、接触する相手に受け入れられる『手』を身につけること。

あなたの、その『手』が受け入れられるという前提がなければ、ハンドリング自体が意味をなさないのです。

 

それは、つまりあなたは何もさせてもらえない、

ということなのですから。

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 - 『調和』や『一体感』, カラダの使い方, ハンドリング, 関係性 , , , , , , , , , , , , , , ,