目の前の相手と『調和』できない問題の本質とは?

      2017/01/16

 

どうも理学療法士の魚住です。

 

このブログでは、『調和』することが重要である

ということを何度もお伝えしています。

 

目の前の患者さんや利用者さんと『調和』することができない、

という問題は、セラピストにとって大問題 です。

 

『調和』できないということの問題点とは何か?

 

そのことについて、今回のブログでは話を書き進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

あなたという存在を受け入れてもらえていますか?

 

『調和』できない、という問題は

目の前の患者さんや利用者さんから、

あなた自身を受けいれてもらうことができない、

という側面があります。

 

自己中心的なセラピストは、とてもじゃないけど

患者さんや利用者さん自身からすると、

受け入れられたものではないからです。

 

『調和』できないのですから、患者さんや利用者さんの

バランスを崩すことになるわけです。

緊張状態をつくり出してしまうことになるのです。

 

 

それって、

めちゃくちゃ不安ですし、怖いですよね?

 

患者さんや利用者さんの安全性が脅かされるのですから

受け入れられるはずはないのです。

 

 

『調和』がとれてこそ、信頼関係が構築され、

患者さんや利用者さんから受け入れられる

ことになるのです。

 

 

頭での理解ではなく、身体での理解が重要である

 

『調和』が大事である、ということは分かった。

そのように頭で理解したつもりかもしれません。

 

でも、それは本当の意味で理解していないのです。

頭での理解は、本当に理解したことにはならない。

体感的に、身体で理解しないことには

本当の意味で理解したとは言えないのです。

 

自分自身が理解している、

と思い込んでしまっている状態ほどまずい状態はない。

そんな “痛い” セラピストにはならないようにしましょう。

 

 

『調和』がとれない問題の本質とは?

 

こういうことを書いていて、

私自身が、何が言いたいのか?

その真意をこれからお伝えしていきたいと思います。

 

目の前の患者さんや利用者さんとの『調和』がとれない。

その 問題の本質はどこにあるのでしょうか?

 

対 “人間” との『調和』。

それがとれないことが問題なのではありません。

 

 

もちろん、問題であることには変わりありません。

それは、あくまで表面的な問題にすぎない、

ということを言いたいのです。

 

 

目の前の人間と調和できない。

それは、表面的な問題です。

その奥には本質的な問題が隠されているのです。

 

つまり、『盲点』になっていることがある。

そこを知ることが重要なのです。

 

 

どういうことでしょうか?

 

問題の本質というのは、別のところにあります。

そもそも人と『調和』する前に、セラピスト自身が

“わたし” 自身と調和することができていないのです。

 

あなた自身との調和がとれないのに

どうして、あなた以外の他者と

調和することができるのでしょうか?

 

 

あなた自身と調和できない問題というのは、

いくつかの問題が考えられます。

 

なので、ここでお伝えしている話というのは

そのいくつもある話の中の、一つの側面である

という理解のもとに読み進めて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

あなた自身の心と身体が緊張状態にあることが問題である

 

あなた自身が、“わたし” 自身を調和できない。

それは、“ゆるんでいない” からなのです。

心も身体も緊張しているから調和できないのです。

 

 

ここでは、心の問題は置いておきましょう。

話し出すと、とんでもなく長くなってしまうので、

ここでは、身体の話に絞ってお伝えしていきます。

 

・身体の緊張が抜けない

・力みがとれない

・ゆるめない

 

こういった問題を抱えているから、普段から

緊張状態にある身体で生きているのです。

 

 

だから、骨を使えない。

骨で立てないし、動けないのです。

 

骨(コツ)をつかめない。

だから、あらゆることをやっても上手くいかない。

 

それは、モノゴトの中心をつかむことができない 

ということでもあるのです。

 

 

ゆるめばゆるむほど、過剰に緊張を強いられていた筋肉は解放され

骨の意識がはっきりしてきます。

それは、筋肉の緊張から骨が解放され

重力に従うことで、“重み” を感じられるようになる からです。

 

“重み” を感じられる、ということは

骨の中心が、地球の中心に向かって引き寄せられる、

ということになります。

 

その結果、地球の中心とつながって

骨、関節の位置関係が最適な状態に再構築される、

ということになるのです。

 

 

それが、空間との調和、地面との調和、

さらに言えば、地球との調和が生まれるようになるのです。

 

 

ゆるめば、ゆるむほど

重力をよりはっきりと感じられるようになり、

地球の中心を感じられるようになります。

 

その結果、骨で立てるようになる。

つまり、『軸』ができるようになる 

ということなのです。

『軸』ができれば、より筋肉がゆるむようになります。

 

 

骨(コツ)をつかむこと

 

骨というのは人体の組織の中でも、最も硬い組織です。

 

その特性を使って活かして、

身体を支えることができるのですから

筋肉の緊張を最小限に抑えることができるわけです。

 

筋肉の緊張が最小限で済む、ということは

必然的に骨で支持しなければいけなくなります。

 

その結果、骨の意識が高まります。

骨(コツ)をつかむことができます。

 

コツをつかむから、あらゆるモノゴトが

上手くいくようになります。

頑張らなくてもいい。

自然体でいられる。

 

このような状態になるから、

自分自身との調和がとれるようになるのです。

 

 

自分自身との調和がとれる、という状態は

地面との調和がとれるということです。

 

自分自身との調和がとれる、という状態は

その空間との調和がとれるということです。

 

自分自身との調和がとれる、という状態は

地球との調和がとれるということです。

 

もっと大きな視点でいうと

宇宙との調和がとれるということなのですが、

そこまでスケールを広げると理解できないと思うので

これくらいで留めておきます。

 

 

まとめ

 

これまで書いてきたことを踏まえて、

あなた自身が “わたし” という存在自身と調和できないのは

地面との調和、空間との調和、地球との調和がとれないからなのです。

 

だから、緊張してしまうのです。

力んでしまうのです。

頑張ってしまうのです。

踏ん張ってしまうのです。

 

骨が感じられないから

骨を使えないから

コツをつかめないから、あらゆることが調和できないのです。

そういった本質的な問題構造があるのです。

 

 

目の前の人間と調和できないということは

あくまでも表面的な問題にすぎないのです。

本質を見誤ると、方向性が大きくズレてしまいます。

 

 

目の前の相手と調和できないのは、

目の前の相手に “非” があるからだという

傲慢な考え方をしてしまうのです。

 

それは、自分自身の問題を責任転嫁していることになるのです。

 

 

あなた自身が、あなた自身と

調和できていないから

目の前の人間と調和できないのです。

 

あなた自身が、あなた一人で調和できないのに、

誰かと調和できることなんてあり得ないのです。

 

 

お一人様で調和できない人間が、

どうしてお二人様で調和できるのでしょうか?

 

 

本質を見抜く目を持ちましょう。

 

問題の本質は、あなた自身が

あなた自身で調和できないことが問題なのです。

 

 

目の前の相手との調和をとれるようになるためには

まずは、あなた自身との調和を図りましょう。

 

その過程で、あなた以外の存在との調和が取れる方法が

体感的に分かるようになります。

 

 

知識や情報での理解ではなく、

身体を通した理解が得られます。

 

その結果、本当の意味で『調和する』ということを

理解するときがやってくるでしょう。

 

 

ということで、今回のブログは以上になります。

 

このブログを読まれて、『調和』することの重要性を理解して頂けましたら、

さらに深い理解を得るためにメルマガ登録をおすすめ致します。

 

最後まで、読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - 『調和』や『一体感』, 信頼関係の構築, , 関係性 , , , , , , , , , , , , , , , ,