人間的な成長にフォーカスしよう!

      2017/01/14

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

この先に待ち受ける、理学療法士の未来。

一体、どうなっていくのでしょうか?

 

時代の変化ともに、働き方や在り方がどんどん変化しています。

ますます厳しくなる業界の中で、果たして

“いち” セラピストとして生き残っていけるのか?

理学療法士としての未来はあるのか?

 

このように、

セラピストとしての将来不安を抱いているセラピストは

少なくないでしょう。

 

今回のブログでは、様々な『不安』を抱えているセラピストに向けて

ブログを書き進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

あなたは、何に対する “不安” を抱えているのですか

 

セラピストとして、

将来に不安がある。

そのようなセラピストは少なくないと思います。

 

『不安』と一言で言っても、

何に対する不安を抱えているのでしょうか?

 

色んな不安がある。

 

・あなたの抱えている “不安” って何でしょうか?

・何に対する “不安” なのでしょうか?

 

そこを明確にしない限り、対処のしようがない。

ただ、漠然と不安を抱えている。

 

不安の正体を探ろうとはせず、ただ “不安” という名の

正体不明な “何か” を抱えている。

それって、自分自身をより不安にさせてしまっている

ということに気づいていますか?

 

あなたの抱える “不安” の正体。

そこを明確にしないのは、なぜだと思いますか?

 

これはある側面からみた話です。

なので、これから書くことが “全て” ではない、

ということを踏まえて、この先に読み進めて下さい。

 

 

見たくないものに “蓋” をしても、根本的な問題解決にはならない

 

あなた自身が抱えている “不安” の正体。

 

それを明らかにしようとしないのは、

自分自身が抱えている問題の

正体を知りたくないから です。

 

知らないままにしておきたい。

見たくない。

そのような背景があるからです。

 

それはなぜでしょうか?

 

明らかにしてしまったら、

そこに向き合わなければいけない からです。

 

人には、完全性という特性?習性?があります。

自分自身の問題、課題、欠けているものを知ってしまったら、

それを埋めようとする働きがあるのです。

 

完璧な存在にはなれないのに、

完璧な存在になろうとしてしまう傾向がある、

ということです。

 

知らない方が身のためである。

このような言葉があるように、

知らなければ、意識には上がらない。

 

ゆえに、気にはならないのです。

 

問題を認識していないのですから、

意識のしようがないですよね?

 

 

でも、それは顕在意識での話です。

潜在意識や無意識の世界では、自分自身が抱える問題を

認識しているのです。

 

ゆえに、モヤモヤ感は解消されないまま

生き続けることにはなります。

 

 

問題の先送りこそが、あなたの不安をより増強させている元凶である

 

ここで比較の話をしておきます。

 

自分自身の抱えている “不安” の正体。

それを明らかにしなければ、見たくないものを

見なくても済むようになる。

ただ、モヤモヤ感は解消されないまま、

精神不安を抱えたまま生きていくことになる。

 

その一方で、あなた自身が抱えている “不安” の正体を

知ってしまったら、それに向き合わなければいけなくなってしまう。

見たくないものに蓋をしていたのに、

それを開けて見てしまったがために

問題の本質を認識してしまうことになるのです。

 

そして、それを解消するために

エネルギーを費やすことになってしまう。

それが嫌なのです。

避けたいのです。

 

 

前者と、後者を比較した際に、

自分にとってエネルギーコストの側面から、

どちらが楽なのか?

 

そう考えると、ほとんどの人は前者を選択します。

見てみない “ふり” をすることの方を選択する のです。

 

その方が、精神的にも負担が少ない。

そのように思い込んでしまうのです。

 

でも、それは一時的に逃げただけです。

 

 

問題の先送りをしてしまうと、

ツケがどんどん溜まっていくことになる。

その結果、そのツケを返せなくなってしまうのです。

 

最終的にどうなってしまうのかというと

自己崩壊 です。

精神が崩壊する 

 

ココロの器には、限界があります。

無限ではない。

 

心が抱える葛藤を、そのまま放置していれば

それがどんどん膨らんで、

しまいには限界点を超えてしまうのです。

 

それを知らなければいけないのです。

 

一時的には、逃げて楽になったとしても

それは、いつかは向き合わなければいけないときがやってくる。

 

完全に逃げることなんてできないのです。

 

 

あなたの抱えているその問題は、あなた自身にしか解決することができない

 

『不安』の話に戻ります。

 

あなたの抱えている “不安” の

正体とは何でしょうか?

 

・セラピストとしての将来に対する不安

・自分自身には価値がないという不安

・自分には価値を提供することができない不安

・自分のテクニックや技術に対する不安

・人間関係における不安

・理学療法士という職業の将来に対する不安

・給与に対する不安

・自分自身の将来、人生に対する不安

 

まあ、色々とあるでしょう。

それぞれ、違いますよね?

 

ゆえに、その不安を解消するための具体的な方法については

異なっているわけです。

 

 

具体的に不安の正体を知ってしまったら、

そこに向き合わなければいけなくなる。

嫌が応にも、向き合わなければいけなくなる。

それは、必然的にですね。

 

そのことに対して、あなた自身がどのように捉えるのか、

ということが重要になってきます。

 

・面倒くさい

・しんどいことはやりたくない

・自分の頭で考えたくない

・解決策を提示して欲しい

・誰か代わりにやって欲しい

 

このように捉えてしまう人は少なくないでしょう。

 

自分自身のことなのに、

それを他人ごととして捉えている。

 

自分で何とかしようという発想がない のです。

 

誰かが、何かが、自分の代わりにやってくれる。

解決してくれる。

そのように本気で思っている。

 

自分の人生なのに、他力本願 なんですね。

 

それだと何も成長しないのです。

人間的な成長や進化は望めないのです。

 

スポンサーリンク

 

人間的な成長や進化にフォーカスすることが、人間として生きるための健全な営みである

 

人間には成長したい、

という欲求があります。

 

その欲求は本能的な欲求の一つだと

言われていますが、その欲求を放棄している。

それは、ある意味人間として生きることを放棄している、

と思うのです。

 

 

どんどん成長していくことこそが、

人間としての健全な在り方だと思うのです。

 

何かしらの問題や課題があるから

それを乗り越えることで、人間的な成長や進化を

遂げることができるようになる。

 

問題や課題を放棄してしまうと、

その機会を逃すことになるのです。

 

それは、現状維持の生き方であり、

場合によっては退化の道でしかない 

 

 

あらゆる問題や課題は、自分自身を成長・進化のための

貴重や機会を与えてもらった、と捉えることができれば

高い視点でモノゴトを捉えることが可能となります。

 

高い視点でモノゴトを捉えることができるから、

・視野を広げて、どのように解決したら良いのか?

・どのように乗り越えたら良いのか?

ということを考えられるようになるのです。

 

誰かに、何かに依存するのではなく、

自分自身で考え、乗り越えられるようになる。

 

そういう力を身につけないといけないのです。

 

 

それはつまり、『自立』しなければいけない 

ということなのです。

もちろん、何もかも自分一人でやる必要はありません。

時には、誰かの力を借りることも大事になってきます。

 

でも、多くの人は、誰かの力を借りることに

意識を向けてしまうのです。

 

自分自身の限界を勝手に設定して、

自分には無理、自分にはできない、

そうやって誰かに丸投げする。

 

そのような生き方で、どうして成長できるのでしょうか?

 

 

あなた自身が自立しない限り、あらゆる不安は解消しない

 

大事なことは、まずは自分の力でやってみる

ということ。

 

やってみてできないのであれば、

誰かの力を借りたら良いのです。

 

順番が間違っている。

 

 

まずは、誰かに依存する。

それが先に来てしまうのです。

 

自立できなければ、いつまで経っても

自分自身の頭で考えることはできません。

生きているとあらゆる出来事が、次から次に目の前に現れます。

その都度、誰かに依存するのでしょうか?

 

 

そんな生き方をしている限り、

永遠に “不安” から解放されることはないのです。

 

結局のところ、自分自身で “不安” をつくり出している

ということに気がつかなければいけないのです。

 

 

自らの力で乗り越える力を身につけること、

依存体質から抜け出し、自立すること。

 

そのためには、あらゆる出来事は

自分自身を成長させるための貴重や機会だと

捉えて向き合ってみる こと。

 

それが大事になってきます。

 

 

逃げ癖を身につけないこと!

 

現実逃避を繰り返し、ツケを返せなくなって

自己崩壊していく。

 

そのような状態に陥らないように、

自分自身を成長・進化させるために

問題の先送りをしないようにしましょう。

 

ときには、向き合えないときもあります。

 

自分自身のエネルギーが下がっていて、枯渇している。

そのような状態では、とても向き合えない。

 

そんなときには、向き合わず

エネルギーを充電したら良いのです。

エネルギーを高めて、向き合えば良い。

 

でもね、こう書いてしまうと簡単に言い訳をして、

いつまでも向き合わない人がいるのも事実です。

 

今は、そのタイミングではない。

じゃあ、いつがタイミングなの?

って聞きたくなります。

 

結局は面倒くさがって、逃げているだけなのです。

逃げ続けても、それは逃げ切れない。

ある意味ハラをくくって向き合わなければいけないのです。

 

 

あなた自身の問題に向き合えないのは、

“逃げ癖” がついているから。

身に染み付いてしまっているからなのです。

 

そのような自分から抜け出さないといけないのです。

 

 

まとめ

成長する喜びを感じること。

自分のステージが上がる喜びを感じること。

それなくしては、自分自身の人生を生きている、

という実感が得られないと思うのです。

 

あなたは自分自身を成長・進化させるための

機会をつくっていますか?

逃げていませんか?

 

人生における時間は有限です。

 

逃げ続けても、死ぬときに

やっておけば良かったと後悔することになります。

 

それで良いなら、良いと思うのです。

あなたの人生だから。

誰にも、とやかく言われる筋合いはないのです。

 

 

でも、後から後悔するなら

その時は面倒くさくてもやっておくべきなのです。

 

自分自身の成長にフォーカスして欲しい。

そう思います。

 

人間的成長を望まなくて、

何のために人間として生きるのでしょう。

 

悩みや苦しみは、生きている限りなくならないものなのです。

逃げ切れるものでもない。

 

 

それは、捉え方に問題があるのです。

あなた自身の成長や進化を遂げるために

あらゆる悩みや苦しみといった問題が現れるのです。

 

現れる、というか

本当は、自分自身でつくり出しているのですが。

 

そこに向き合い、乗り越えることが

あなた自身の人間的成長や進化につながるのです。

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 - 理学療法士の未来, 能力、スキルアップ , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,