その “思い込み” を解放すれば身体が激変する

      2017/01/14

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

情報操作で心と身体が変わる

それを、私自身の身体でも常に実験してますし、

大きな変化を感じています。

そして、実際のリハビリテーションの場面でも、

その変化というものを感じています。

 

 

『情報操作』という言葉だけを見ると

何か危険なことをやるのではないか?

といったようなマイナスなイメージが

湧いてくるかもしれません。

 

しかしながら、ここで言っている『情報操作』というのは

そのような “怪しい” ものではありません。

 

今回のブログでは、『情報操作』ということをテーマに

ブログを書き進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

『情報操作』とは、“思い込み” を解放するということである

 

ここで言っている『情報操作』とは何か?

分かりやすい言葉でいうと

自分自身の持っている思い込み、

患者さんや利用者さんの持っている思い込み 

 

そういった、私たち人間の持っている “思い込み” (情報)に対して

こちらが何かしらのアプローチをするということです。

 

そして、この “思い込み” を外していく、

ということが、心と身体を大きく変える、

ということにつながるのです。

 

 

自分自身の可能性や能力や

患者さんや利用者さんの可能性や能力が開花しない、

開花できないのは、思い込みや先入観といった

『枠組み』に囚われてしまっているからです。

 

その『枠組み』の中に閉じ込められていて

そこから出ることができない。

 

ゆえに、『枠』を超えたものが創造できない、

引き出されない、ということになるのです。

 

 

これ以上はできない

これ以上は動かない

これ以上は体重をかけれない

これ以上はしんどい

など・・・・

 

いくらでも書き出すことができます。

 

こういったものが、いくつもありますよね?

でも、それって本当にそうなのだろうか?

っていう問いを常に持っていることが重要なのです。

 

結局のところ、全て “思い込み” なのですから。

 

 

『果たして、そう思ったり、感じているけど

実際問題、本当にそうなのか?』

 

こういう視点があれば、すでに持っているあらゆる

『枠組み』による縛りを受けなくなります。

 

それが、可能性や能力を開花させるためには

欠かせない要素なのです。

 

スポンサーリンク

 

“意識” と “視点” を変えてみる

 

『情報操作』

この言葉だけを聞いても、なんだかイメージができない。

 

一体、どういうことを言っているのか、

その真意を理解できない。

そのように思われているかもしれないですね。

なので、具体例を挙げて

解説していきたいと思います。

 

 

『意識』の話をしたいと思います。

そして、視点の話ですね。

 

『意識』『視点』

この両面から、話を展開していきます。

 

 

セラピストの立場からいうと

目の前の相手の身体に触れる。

この際に、セラピストの意識としては、『触れる』

というのは能動的ですよね?

セラピスト自身からの働きかけになります。

 

このように能動的に触れにいく、というのは

よほど触れる手がゆるんでいないことには

触れた瞬間に、相手の身体に緊張を生み出します。

 

ゆるんでいれば、相手にとって

受け入れることができる手になります。

 

 

緊張している、硬い手は、

受け入れられない手になるのです。

 

ゆるんだ手というのは、単純に『手』そのものを

ゆるめていく、ということに取り組めば良い、

ということではないのです。

 

身体全身がゆるまないことには、柔らかい手には

なり得ない。

そういった身体を手に入れるためには、

とてつもない時間と労力が必要になります。

それはセラピストとしては、必要な努力なのですが

そう簡単には手に入れることができるものではない。

 

しかしながら、簡単というわけではないですが、

自分自身の意識の在り方を変えることで、

身体は大きく変化する のです。

そして、相手との関係性も大きく変わることになります。

それは、“ゆるめていく” という工程よりも

易しいと思います。

 

その話に入っていきましょう。

 

 

能動的なのか、受動的なのか?

 

大事なことは『視点』を変えること なのです。

 

相手の身体に触れる、というのは能動的である。

そのように先ほど書きました。

 

 

相手の身体に触れる、というのはセラピスト自身の視点ですよね?

相手からすると、『触れられる』。

こういった捉え方になります。

 

触れる側と、触れられる側

こういった関係性になっています。

 

これを逆転させるのです。

 

見た目にはセラピストが相手の身体に触れにいっているのに、

セラピストの意識では『触れる』ではなく、

『触れられる』という意識に変えるのです。

 

自分自身の意識の在り方を変える。

 

 

それは視点を変える、

ということです。

 

『触れる』という能動的な状態を

『触れられる』という受動的な状態へと変化させる

これが大事なのです。

 

 

セラピスト自身が、相手の身体を『触れる』ときに

触れる相手から『触れられている』という意識を持って

相手の身体に触れると

不思議と相手からの抵抗を受けない。

 

それは、相手から受け入れられている、

ということなのです。

 

セラピストから触れられる相手の意識としては

セラピストから触れられている、

という認識自体は変わりません。

セラピストが、『触れる』から

『触れられる』という意識の在り方自体を変えても

触れられる相手側の認識自体は変わらないのです。

 

つまり、セラピスト=『触れる側』、

自分(触れられる相手)=『触れられる側』

という関係性には変わりがない、ということなのです。

 

セラピストからすると

自分=『触れられる側』

触れる相手=『触れられる側』

という関係性になるのです。

 

 

自己主張するものは、受け入れ難い。

こういった特性があります。

セラピストが相手の身体に触れる際に

どうしても『触れる』という意識が強くなってしまう傾向にあります。

 

それは、セラピスト自身の一方的な自己主張であり

考えや思いの押し付けになってしまうのです。

それは、相手にとって受け入れ難い接触です。

 

 

なぜなら、自分自身のバランスが

セラピストの接触によってバランスが崩れてしまうからです。

この問題は、とても大きな問題です。

人に触れる、という場面において

とても重要なことなのです。

 

いかに、触れる際に、

触れた相手の緊張を生じさせずに接触することができるのか?

 

 

そのために必要なことが、意識の切り替えなのです。

 

能動的から受動的な意識へのシフト。

これができれば、触れられる相手からすると

受け入れられる接触になるのです。

自己主張がない手は、受け入れられるものなのです。

 

 

大事なことは『意識』の切り替えなのです。

『視点』を変えてみる、ということ。

 

それができずに、一方的な、偏った視点でしか

モノゴトを捉えることができないと、

世界が全く広がらないのです。

 

目の前の課題や問題を解決すること

目の前の矛盾や葛藤を乗り越えること

そのために必要なことは『視点』を切り替えることが

とても重要なのです。

 

もっと多面的に、多角的にモノゴトを捉えることができれば

様々な見方ができるようになります。

 

その結果、これまでには考えられなかったアイデアが

思い浮かぶようになります。

 

物理的な身体というものは変わりませんが、

意識を変えることで、

接触を通じての、感じ方、認識が

全く変わるのです。

 

 

まとめ

 

『意識』の切り替え。

それは、情報を書き換えること、

情報を操作する、ってことなのです。

 

自分自身が採用している情報。

その情報によって、空間や心と身体が変化します。

 

どういった情報により、大きな影響を受けているのか?

それを知ることが重要なのです。

 

 

その影響のある情報を書き換えることができれば

物理的現実世界にも影響を与えることができる。

 

同じ手なのに、触れる側の意識の違いだけで

全く異なる手に感じられる。

 

そういう世界がある、ということを知らないから

世界を広げることができないのです。

 

“無知” ゆえに

世界が閉じてしまっている。

 

 

専門的な勉強だけをしていても、何も世界は広がりません。

専門外のことも取り入れてみる。

そうやって、異世界との交流が大事なのです。

 

ただ、異世界と交流すること自体は簡単なのですが、

自分自身の抽象度を上げることができないと、

いくら異世界と交わっても、それは意味のないことになります。

 

それが、どういうことなのかというと、

結局、色んな世界のことは抽象度をどんどん上げていくと

共通する部分がみえてくるようになるのです。

 

視点を上げていくことにより、自分の世界と

共通している部分がみえてくる。

 

そうやって、共通する部分を取り込んでいくのです。

それが、成長や進化につながるわけです。

 

 

それができないと、いつまで経っても、何を学んでも身にならない。

視点の切り替え、視点の上げ下げ。

自由に視点を移動することができる力を身につける こと。

これが重要なことなのです。

 

 

視点が偏り、狭い世界の中だけで生きている。

そんなセラピストには、目の前の患者さんや利用者さんの

可能性や能力を引き出すことなんてできないのです。

 

逆に、可能性や能力を閉じ込めてしまうことになってしまう。

そういったセラピストが少なくない。

 

その本質的な問題は、

視点の低さと、視点の偏り なのです。

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 - 創造, 可能性や能力を引き出す, 関係性 , , , , , , , , , , , , , , , ,