相手の心に火を灯す存在になろう!

      2017/01/16

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

私自身の理学療法の捉え方の話になりますが、

『ライトワーク』だと思っています。

『ライトワーク』って言葉は、スピリチュアルの世界で

よく使われている言葉です。

 

なので、そういった世界に馴染みがないあなたには

初耳かもしれません。

 

だからと言って、自分には関係ない話である、

と思ってしまうのではなく、

なぜ、このブログで『ライトワーク』という言葉を持ち出したのか、

そこに意識を向けて頂きたいのです。

 

ここから先は、理学療法=『ライトワーク』って何だ?

という疑問を持たれた方のみ、読み進めて下さい。

 

スポンサーリンク

 

ライトワークとは?

 

『ライトワーク』という言葉だけを捉えると、

その言葉の意味するところが理解できないと思います。

 

なぜなら、一般的な言葉ではないから、

その言葉の意味するところを共有することができない、

という問題があるからです。

 

 

なので、まずは

『ライトワーク』という言葉の概念というか、

捉え方の話をしておきたいと思います。

 

私自身が、『ライトワーク』という言葉を

どのような意味合いで使っているのか、ということです。

 

 

それは、『相手の心に火を灯す』

という意味合いにおいて『ライトワーク』

という言葉を使っています。

 

 

このブログでは『調和』が大事である、

ということを何度も書いています。

 

『調和』という前提があって、初めて

患者さんや利用者さんの可能性や能力が開花する。

そのように、私自身の持論を展開しているわけです。

 

『調和』することができれば、患者さんや利用者さんの

可能性や能力を引き出すことができる。

この言葉の意味するところの話をしたいと思います。

 

 

一方通行の関係性ではなく、双方向の循環を起こすこと

 

多くのセラピストは、“自分が” という意識を持って

リハビリテーションをやっている。

 

それは、つまり

患者さんや利用者さんを “良くする” ということは

セラピスト自身がやるものである、

という認識を持っているということです。

 

 

でも、それは違うと思っているわけです。

このブログで何度も書いていることなのですが、

セラピストの考えや理想像を、患者さんや利用者さんに押し付ける、

ということはあってはならないのです。

 

それは、セラピストの一方通行な関係性でしかない。

 

 

大事なことは、セラピストと患者さんや利用者さんとの

双方向の循環 なのです。

双方向に循環してこそ、

より良いものを創造することができる。

 

そのように思っています。

 

 

感情が動かなければ、人は行動しない

 

これは普段の人間関係に置き換えて

考えて頂けると理解しやすいと思います。

 

 

誰かと関係する際に、あなた自身の考えや想い、

主張があるとします。

 

でも、相手がいて、その相手は自分の考えを

とにかく主張してくる。

 

あなたの話を聞くということもなく、

ただ一方的に、相手自身の考えを主張してくる。

 

 

相手の主張していくる考え自体は、

正論だし、とても良いものではあると思うけど

それは、自分自身の考えとは異なるものであったとしたら

いくら正論であっても、それは受け入れられるものではない。

 

論理的にいくらうまく説明され、説得されても

自分自身の感情が動かなければ、本当の意味で

納得できないのです。

 

頭で理解、納得しても、感情が動かなければ

人は動かない。

こういった原理原則があるのです。

 

 

自分自身の内側で、湧き上がる衝動。

感情といっても良いですが、

そういったものが起こらなければ

何も生み出せないのです。

 

結局は、現状維持でしかないのです。

 

表面的なものは一時的には変わってとしても

すぐに元に戻ってしまう。

そのようなことになってしまうのです。

 

 

どんどん変化していく状態をつくり出していくためには

自分自身の内側からの『変わりたい』、『成長したい』

という欲求が生まれないことには現状維持に落ち着いてしまうのです。

 

人間は変化を嫌う生き物 です。

変化することを恐れ、なるべく変化しないように

生きようとしている。

そういう生き物なのです。

 

 

だから、いくら外側から第三者が変えようと介入してきても

変わるべき本人が『変わりたい』とか、『成長したい』とか

そういった強い想いがなければ、変わっていかないのです。

 

セラピストの存在というのは、あくまで “きっかけ” なのです。

患者さんや利用者さん自身が変わるための “きっかけ” にすぎない。

 

 

化学反応を起こせていますか?

 

こういう話を聞いたことはないですか?

 

ひなが、卵の中で成長し、殻を破って

外界へと生まれ出てくるときの話です。

 

卵の殻を、内側から口ばしで突いて破ろうとする。

それは、内側からの生まれ出たいという衝動ですよね?

でも、それだけでは生まれ出ることはできない。

 

 

そこで大事になってくるのは、親鳥の存在です。

内側からの生まれ出たいという衝動の結果、内側から

卵の殻を突く、という行動を起こしているわけですが、

そこに、親鳥が外側から殻を突くことで、相乗効果が起こり、

無事に外界へと生まれ出てくることができるのです。

 

これが、親鳥が勝手に早く生まれ出て来て欲しいから

外側から殻を一方的に突いても、

殻の中で、ひなは十分に成長していないかもしれません。

 

外界へと生まれ出てくるのに、十分な状態ではないかもしれない。

その結果、無事に生まれ出てくることができないのです。

 

 

ひなの殻の内側からの生まれ出たいという衝動。

親鳥の生まれ出ておいで、という外側からの働きかけ。

その両者の働きがうまく合致するから、

無事に生まれ出てくることができるのです。

 

人間の可能性や能力を引き出すということも、

これと同じことなのです。

 

 

外側からの働きかけをいくらしても、

内側での準備ができていないと、うまくいかない。

リハビリテーションというのも、

そういうものだと思うのです。

 

セラピストだけが熱くなっていても、

それは患者さんや利用者さんには

熱は伝わりません。

 

その結果、何も化学反応が起こらない、

ということになるのです。

双方向の循環なくして、何も生み出せない わけです。

 

 

セラピストは、新たな世界があるということを提示し

それを患者さんは利用者さんが受けた上で

その世界に踏み出すのかどうかを決断するわけです。

 

そこに、

患者さんや利用者さん自身の意思決定

というプロセスがあるのです。

 

 

セラピストが、より良い世界を提示することができなければ

患者さんや利用者さんは、今ある世界からは踏み出せない。

つまり、現状維持のまま。

変化しない、ということになってしまうのです。

 

 

変化を恐れるのですから、当たり前ですよね。

変わることが怖いのです。

どういった世界なのか、分からない。

 

そんな未知の世界に踏み出して、

あらゆる不安や恐れを感じながら道を歩んでいくくらいなら

今の状態からは変わらずに、現状維持を保とうとする。

 

そういった特性があるのです。

 

スポンサーリンク

 

相手の心に火を灯そう!

 

冒頭で『ライトワーク』という言葉を書きました。

そして、その言葉の解釈として、『相手の心に火を灯す』

ということを書きました。

 

それは、現状維持の世界に留まり続けるよりも、

こういった新たな魅力的な世界があるのですよ、

ということを伝えるわけです。
今以上に、あなた自身の可能性や能力が花開いた世界、

というものを提示するわけです。

 

 

その結果、患者さんや利用者さんの心に

火を灯すことができるのです。

これが 内なる衝動 です。

 

この内なる衝動がなければ、本当の意味で

患者さんや利用者さん自身の可能性や能力を

引き出すことはできないのです。

 

変わるのは、患者さんや利用者さん自身であって、

セラピストが変えるわけではないからです。

 

 

患者さんや利用者さん自身の『変わりたい』、

『成長したい』という内なる衝動があって

そこにセラピストが何らかのサポートをする。

 

その結果として、患者さんや利用者さんの可能性や能力が

引き出されることになるのです。

 

 

セラピストが患者さんや利用者さん自身を

変えるのではない。

 

ここを勘違いしているセラピストが多い。

 

 

セラピストは、いかに『調和』することができるのか。

いかに今以上の魅力的な世界を提示することができるのか。

そこを大事にしなければいけないのです。

 

患者さんや利用者さんの心に火を灯す。

そういう “化学反応” を起こせる存在でないといけないのです。

 

 

それは言葉かけでもできるし、実際に患者さんや利用者さんの

身体に触れて、新たな世界を提示することでもいいわけです。

どのような手段でも構わない。

火を灯すことができれば何でも良いのですが、

 

 

そこで大事になるのは

セラピスト自身の一方通行であってはならない

ということです。

 

あくまで、

選択権は患者さんや利用者さん自身にあるのです。

 

そこを見誤ると、何も創造できないのです。

可能性や能力を引き出すことができない。

 

 

火を灯すことができれば、エネルギーになります。

そのエネルギーをどのように使っていくのか?

その火を絶やさないようにセラピストは

火を灯し続けるように、関係性を維持しなければいけないのです。

 

あなたのやっていること

あなたの提示しているものは

患者さんや利用者さんの心に火を灯しているものですか?

新たな魅力的な世界を提示することができていますか?

 

 

できていないなら、とてもじゃないけど

今現在の世界からは抜け出そうとは思えないのです。

今ある世界の方が安全だから。

 

あえて行動を起こして、様々なリスクを背負いたくない。

しんどいこともやりたくないし、痛みを伴いたくなく。

 

 

でも、良くなっていく過程、成長していく過程においては

しんどいことも、痛みも伴うものです。

そういったものを受け入れなけれいけないけど

新たな世界へと踏み出すことに魅力がある、

と感じさせることができたなら

リスクを受け入れながらも、新たな世界へと踏み出すでしょう。

 

 

あなたはどのような世界、未来を提示できていますか?

 

人間は 損失回避というプログラム を備え持っています。

それが、あらゆる行動の選択、判断に大きく関わっている。

 

その行動をとることによって得られるものと、

その行動をとることによって、そこに伴うリスクを天秤にかけたとき

 

得られるものが大きければ行動するけど

リスクが大きければ、よほど魅力がないことには

行動は起こさないのです。

 

 

あなたは、目の前の患者さんや利用者さんに

どのような世界を提示することができていますか?

可能性や能力を引き出し、それを体験してもらっていますか?

 

患者さんや利用者さんのより良い未来。

それをきちんとイメージさせることができないといけないのです。

それは、行動を促すためのきっかけにすぎないのです。

 

 

患者さんや利用者さんが、今という世界を抜け出し

自分自身の可能性や能力を開花させたい。

自分の可能性や能力をもっとみてみたい。

そのように思わせるような関係性を築くことが大事なのです。

 

そういった関係性を築くことができれば

大きく可能性や能力は開花していくことでしょう。

 

一気に可能性が広るのです。

 

 

あなたの存在が患者さんや利用者さん自身の可能性や能力を

閉じ込める存在ではなく

可能性や能力を引き出す、開花させる存在となるように

努力しないといけないのです。

そういった意味での『ライトワーク』なのです。

 

 

患者さんや利用者さんの心に火を灯すことができる存在。

『ライトワーカー』になって欲しいと思うのです。

『ライトワーカー』としての理学療法士が一人でも増えれば

この業界も、良い方向にシフトしていくと思います。

 

 

セラピストが主役ではないのです。

患者さんや利用者さん自身が主役です。

その主役を引き立てる存在がセラピストなのですから。

 

セラピスト自身が勝手に主役になって、

自分こそが主役であると勘違いしないようにして欲しいものです。

 

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - 『調和』や『一体感』, コミュニケーション, 信頼関係の構築, 可能性や能力を引き出す, 関係性 , , , , , , , , , , , , , ,