勘違いしてないか?主役は、あなたではない!

      2017/01/16

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

世の中の流れとしては、女性性が優位な

調和を求める世界にシフトしているのに

理学療法士の世界は、まだまだ男性性優位な世界だと思います。

 

それは、どういったことから、

そのようなことを言っているのかというと

テクニックや技術至上主義

の流れが強いということからです。

 

様々な勉強会やセミナー、その他もろもろあります。

 

そういったものの多くは、何をやっているのかというと

セラピスト一人一人の『テクニックや技術を高めていこう』

という趣旨のものですよね。

 

意識の高いセラピストは、自分自身のテクニックな技術を高めたい。

そのように思っているはずです。

それは、患者さんや利用者さんを “良くしたい” 。

そういった想いを持っているからです。

それは、プロとしてあるべき自然な姿だと思います。

 

 

そこに、何も異論はありません。

私自身が問題提起したいのは、

そういった方向に走ってしまうことには

弊害が伴いやすい、ということなのです。

 

その弊害とは何か?

今回のブログでは、その話について書き進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

テクニックや技術至上主義に走ってしまうことの弊害

 

テクニックや技術至上主義に走ってしまうことには弊害があります。

そういった方向に進んでいってしまうとどうなるか?

 

それは、

セラピスト自身の自我を満たす方向に進んでしまう

ということなのです。

 

どういうことでしょうか?

 

 

よく “ありがちなこと” としては、

患者さんや利用者さんの変化を出せる “わたし” は凄い。

そういう方向性に走っていってしまうのです。

 

これは、表面的にはそのように思っていないかもしれませんが、

患者さんや利用者さんから、

 

『先生ありがとうございます』

『先生の腕は凄い』

『ゴッドハンドですね』

 

なんて、言われようものなら、

言われた本人としては、気持ちの良いものです。

 

 

でも、そうやって褒められるたびに

セラピスト自身が、患者さんや利用者さんの変化を引き出すたびに

『自己重要感』や『自己優越感』

というものを感じてしまうものです。

 

そして、『もっと、もっと』

って我欲を満たすために “欲” が暴走し出すのです。

 

その結果、セラピスト自身の意識が “自分が”

という方向に意識が向かってしまうのです。

 

 

承認欲求を満たす方向性に行くと本質からどんどんズレていく

 

人間には『承認欲求』という、

他者から自分のことを認められたい、

という欲求があります。

 

セラピストを職業としている人の中には、

自分自身に価値を見出すことができずに、

この仕事の中で、他者に対して何らかの価値提供をすることで

自己重要感、自己肯定感を満たしている、

というセラピストが少なくありません。

 

 

ゆえに、他者から自分自身のことを認めてもらえると

一時的ではありますが、承認欲求が満たされるのです。

で、『もっと、もっと』と欲を求めて暴走し出すのです。

誰かの役に立ちたい

そういう想いを持って、この職業を選択している

という側面があると思います。

 

その “想い” を持っている時点では、

意識のベクトルは自分ではない他者ですよね。

 

 

 

承認欲求が満たされると、原点から離れていく。

つまり、意識のベクトルが “自分” に向いてしまうのです。

そうやって、自己中心的な発想に陥ってしまうのです。

それは、特別なことではなく、

誰もが、その方向性に陥りやすいという傾向があるのです。

 

 

患者さんや利用者さんを良くしたのは、

『自分のおかげ』とか

『自分の実力で』とか

そういう意識を持ってしまうのです。

 

本質から、どんどんかけ離れていくわけです。

 

 

患者さんや利用者さんが良くなったのは、

何もセラピストのおかげではないですよね?

 

その “きっかけ” を与える、ということはあっても

セラピストが “変えた” のではないのです。

 

そこを勘違いしているセラピストが、まだまだ多いのです。

 

そして、そこに変なプライドを持っているセラピストも少なくない。

 

 

テクニックや技術を発揮するためには前提条件がある

 

テクニックや技術というものは、あくまでも

患者さんや利用者さんとの

信頼関係を構築できてこそ

初めて発揮できるものなのです。

 

相手に受け入れられてこそ、

はじめて使えるものなのです。

そこに気がつかない。

だから、テクニックや技術を高める方向性に走ってしまう。

 

 

向き合うべき相手は、目の前の患者さんや利用者さんなのに

自分の持っている、身につけたテクニックや技術を

披露するためだけの相手になってしまう。

 

患者さんや利用者さんのために、という想いが

間違った方向に向いてしまっているのです。

 

目の前の患者さんや利用者さんは、

あなたの持っている、身につけたテクニックや技術を

試すべき、披露すべき存在ではないのです。

 

 

あなた自身の自我の押し付けは、患者さんや利用者さんの

ためになることはない。

 

もちろん、患者さんや利用者さんの変化というものは出せるけど、

それが患者さんや利用者さんのためになっているか、

といったら疑問です。

 

 

自分自身を満たすことが、

一番の目的になっている からです。

 

そのように思っていなくても、テクニックや技術ばかりに

こだわっているセラピストは、潜在的にそのような想いを

持っているのです。

 

それは、患者さんや利用者さんとの『対話』ができない、

ということです。

 

セラピストの一方通行。

自我の押し付けでしかない。

 

 

双方向の循環を起こすことが大事なのです。

『調和』することが重要なのです。

『調和』することができないから、

テクニックや技術ばかりを求めてしまう。

 

テクニックや技術さえあれば、目の前の患者さんや利用者さんを

満足させることができるから、と本気で思っている。

 

 

 

口では、患者さんや利用者さんのため、と言う

心の中では、患者さんや利用者さんのため、だと思う

でも、それは結局は自分自身のためでしかないのです。

 

・自分自身の優越感

・自分自身の重要感

それを満たしたいだけなのです。

 

大事なことは、目の前の患者さんや利用者さんと

いかに『調和』することができるのか、

ということなのです。

 

スポンサーリンク

 

関係性にフォーカスせよ!

 

テクニックや技術さえあれば、それで患者さんや利用者さんを

良くすることができる。

それは思い込みです。

 

 

もちろん必要ですよ。

テクニックや技術というものは、必要 です。

 

なければ、いくら『調和』したところで

患者さんや利用者さんの可能性や能力を

引き出すことができない。

 

 

でも、それが全てではない。

大事なことを忘れて、テクニックや技術だけを追い求めても

それは、より自分自身を苦しめることにしかならないのです。

 

いくらでも素晴らしいテクニックや技術はあります。

 

そして、テクニックや技術というものは

どこまでも深めていくことができるし、

高めていくことができるものです。

 

つまり、終わりがない 

ということです。

 

 

自分自身を満たすためにだけに、テクニックや技術を追求する。

その結果、どんどん『調和』できなくなる。

そうやって、ズレが大きくなってくる。

 

本当の意味で、患者さんや利用者さん自身を

良くしたいと思っているなら

あなたのテクニックや技術という外側からの働きかけ、

ではなくて

 

患者さんや利用者さん自身の内側から、

『良くなりたい』

『変わりたい』

『上手くなりたい』

 

そういった想いを引き出して、その力を上手く引き出す方向に

導いてあげることが大事だと思うのです。

 

 

リハビリテーションとは、関係性 だと思うのです。

一方通行のものではなく、

双方向に循環した結果、相乗効果で新たな世界を創造する。

そういった関係性の世界だと思うのです。

 

患者さんや利用者さんのことを、心のそこから思うのであれば

相手の内側から、

いかに可能性や能力を引き出せるのか、

という視点を持って関係性を築くことが大事でしょう。

 

 

あなたのテクニックや技術を使って、患者さんや利用者さんを

変えることではないのです。

 

あなたが “変える” のではない のです。

 

 

患者さんや利用者さん自身が、セラピストのサポートを受けて

自分自身で新たな世界へと足を生み出すことが大事なのです。

 

主役は、あなたではない

患者さんや利用者さん自身なのです。

 

 

まとめ

 

テクニックや技術を高めて、患者さんや利用者さんに貢献したい。

その気持ちは大事です。

 

でもね、テクニックや技術至上主義に走ってしまうと

大きくズレてしまうのです。

それは、あなた自身を満たすためのものでしかないのです。

 

 

理学療法士は、人のお役に立てる、社会貢献ができる職業だと思います。

ゆえに、この職業を選択しているという側面があると思うのです。

しかしながら、初めは意識のベクトルが “他者” に向いていたものが

“自分が” という間違った方向性に意識のベクトルが向いてしまいやすい、

ということなのです。

 

そうなってくると、目の前の相手という対象は存在するけど、

その存在を無視した関係性にしか、なり得なくなるのです。

 

 

理学療法士というと、物理的なアプローチで身体というもので

変化を引き出していく、というイメージがあると思います。

そういうイメージが、多くのセラピストにある。

そして、そのイメージに縛られているのです。

 

だから、どうしても人間関係という側面から離れてしまう。

人との関係性がないがしろにされてしまい、

テクニックや技術至上主義に走ってしまう。

そういった傾向が強いと思うのです。

 

 

私たちセラピストが向き合うべきは、生体反応のある人間です。

関係することで、何かしらの反応が返ってくる生身の人間なのです。

人を “モノ” として扱っている。

そのようには思っていなくても、

関係性を無視したセラピストが少なくありません。

 

対話ができないのです。

自己中心的な、一方通行的なセラピストが多いのです。

 

 

“自分が” という意識

自分という存在への執着から抜け出し、

目の前の患者さんや利用者さんと『調和』できる存在になることが重要です。

 

あなたが主役ではない。

そこを勘違いしないようにしましょう!

 

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - 『調和』や『一体感』, 信頼関係の構築, 創造, 可能性や能力を引き出す, 関係性 , , , , , , , , , , , , , , ,