支点をつくらない身体づかいを手に入れよう!

      2017/01/16

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

『中心』を捉える技術 icon-share-square-o でもお伝えした通り、

今回のブログでは『中心』を捉える方法

についてお伝えしていきたいと思います。

 

あなた自身が『中心』を捉えることができるようになれば

緊張している筋肉をゆるめることや

関節可動域を拡大したり、スムーズな関節の動きを取り戻したり

より良い姿勢へと整えたり、より良い動作を導いたり

色んなことが難しくなくできるようになる。

 

あなた自身のセラピーの幅、引き出しが増えるし、

何よりも患者さんや利用者さんの可能性や能力を

引き出すことができる。

 

 

その結果、患者さんや利用者さんとの信頼関係が深まり、

あなたのファンが増えるわけです。

あなたでないといけない、っていう人が増えるわけです。

そういう状態を手に入れましょう。

 

そのためには、『中心』を捉える感性と技術 

それを手に入れる必要があります。

 

今回のブログでは、そのための方法を

お伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

あなたの『手』を “ゆるめる” 必要がある

 

まず、『中心』を捉えるには、あなた自身の『手』が

十分にゆるんでいなければいけません。

 

手そのものが、緊張して硬くなっていると、

相手の身体に触れたときに、

相手の身体から伝わってくる反応を

感じ取ることができません。

 

相手の反応を感じ取ることができない、というのは

相手の身体の状態を認識できないということなので

当然ながら、中心なんて捉えられないのです。

 

 

『中心』という言葉を使っていますが、

この『中心』というのは、ざっくりとした

大まかなものではないのです。

 

言語化するのが難しいですが、

とても小さな範囲であり、『点』であり、ポイントです。

 

ほんの少しずれても、きちんと捉えられません。

 

 

なので、最初はざっくりと

これが『中心』かな?

っていう程度でもいいですが、やっていくうちに

どんどん精度を高めていくようにしてみて下さい。

 

ざっくりしか捉えられないうちは

相手への身体操作は、うまく力を伝えられないですが

ピンポイントで中心を捉えられるようになれば、

ほぼ抵抗なく、身体操作が可能になります。

 

 

『中心』を捉えられるようになると必要最小限の力で最大限の効果を発揮できるようになる

 

これは前回のブログでも書いたことになりますが、

『中心』を捉えられると、動けない んです。

 

無抵抗になる。

抵抗しようにも、抵抗できない。

力が入らないのです。

 

 

で、セラピストは相手の身体の中心を捉えることができると

最小限の力で、最大限の効果を発揮することができます。

 

中心を捉えられるようになると、力が要らなくなるんです。

それを体験して欲しいと思います。

 

今、あなた自身がやっていることが180度

変わるくらいの衝撃かもしれません。

 

 

あなた自身の力を抜くこと

 

具体的な方法でしたね。

 

シンプルに説明すると、

あなた自身の力を抜くということです。

 

あなたが力を抜けば、相手の身体に触れたときに

相手は、バランスを取ろうとして

あなたが触れている手に、頼ってくるのです。

寄りかかってくる、といった表現の方が適切かもしれません。

 

 

あなたの中心を探してくる、というのは、バランスを取ろうという反射が起こるわけですが、

そのときに、相手の身体のバランスをとるための 支点を探し求めてくる のです。

 

あなた自身が、相手の身体に触れたときに

相手の身体が押し返してくるような反応がみられます。

 

そのときに、あなた自身のバランスが崩れるからといって

押し返してはいけないのです。

 

 

相手が押し返してくる力に対して、

『受け』をつくらない 

『受け』というのは支点のことです。

 

力を入れることができるというのは、支点があるから

力を入れることができるのです。

支点がなければ、力を入れることができない。

 

泥沼に足を踏み入れたら、踏ん張れないですよね?

それは、足裏の支えが不安定だから踏ん張れないのです。

足元がグラグラしていたら、力の入れ方が分からないですよね。

それと同じことなのです。

 

 

あなたの手で、受けをつくらない。

相手の力を受けない、ということです。

相手の力を受けてしまったら、そこに支点ができてしまいます。

よって、力を入れる土台が出来てしまう。

 

だから、あなた自身の手の力を抜くことです。

できる限り力を抜く。

 

 

手首も、肘も、肩も、肩甲骨も、肋骨も、背骨も

末梢部から中枢部にかけて

順番に、自分自身で力が入って、

視点をつくってしまっていないかを

チェックしていくのです。

 

どこの部分においても支点をつくらないように

力を抜いていく。

そういう身体づかいへと変えていかなければ

相手の身体の『中心』は捉えられません。

 

スポンサーリンク

 

あなた自身が深く “ゆるむ” ことで、こちらが求めなくても『中心』が引き寄せられることになる

 

ここでは相手の身体の中心を捉える、と書いていますが

あなた自身が能動的に、相手の中心を捉えるのではありません。

 

正確には、あなたが支点をつくらなければ

相手の身体に触れたときに勝手に、相手の中心が

吸い付いてくるようになるのです。

 

受動的ですよね?

 

 

相手からすると、触れられるということは

そこに支えとなる支点、受けがあると思って

その情報を探し求めてくるのですから

あるべき支点がなければ、『あれっ??』

ってなるわけです。

 

そうなってくると、どのように対処したら良いのか

分からない状況に陥ってしまいます。

 

いわば、思考停止状態と同じですね。

情報を処理できない。

処理できないから、フリーズしてしまうのです。

 

 

そういう状況に陥ると、“なす術” がなくなり

セラピストの身体に委ねるしかなくなるのです。

 

自分では対処不可能に陥ると、目の前の人間に依存する。

そういう状態になるのです。

だから、相手の身体が吸い付いてくるようになるのです。

 

 

このような状態を、

あなた自身でつくり出すことができれば

あなたの求めている身体操作が、

力を必要とせずに可能となります。

 

相手の抵抗を受けないのですから

こちらの力は最小限で済みますよね?

力と力のぶつかり合いをしなくても済むのです。

 

 

まとめ

 

このように、セラピスト自身が

相手の身体の中心を捉えにいくのではなく

セラピスト自身が、どこまでも深くゆるんでいけば

勝手に相手の身体の中心が引き寄せられるのです。

 

実際に体験してもらうのが、一番手っとり早いですが、

現実問題として難しいので、文章にて言語化していますが

言葉だけで理解するのは難しいかもしれません。

 

でも、そういう世界があるということが伝われば嬉しいですね。

 

力を使うのではなく、力を抜く、

という逆点の発想。

 

それをあなた自身で体現できるようになると

あなたのセラピーの世界が、一気に広がります。

 

そして、周りのセラピストと圧倒的な

差をつけることができます。

 

見た目には分からない。

でも、触れられると明らかに違いを感じる。

 

本質的なものって、なかなか目には見えません。

でも、身体は感じ取ることができるのです。

 

それを患者さんや利用者さんに体験してもらえたら

あなたの評価は一気に上がるでしょう。

他のセラピストにはできないことをやっているのですから。

 

 

本質的なものって、伝わるんですよね。

言葉なんて必要ありません。

触れただけで、分かるんです。

 

私自身も、そういう体験を患者さんや利用者さんと

共有してきました。

 

そして、多くのファンを獲得してきました。

ちょっと触れただけで、虜にする。

魅了する。

 

そういった身体を手に入れることが重要だと思います。

 

 

ということで、今回のブログは以上になります。

 

ブログを読まれて、何か分からないところや

疑問があれば、コメント欄に記載されるか、

直接、個別でメッセージに書いて送ってみて下さい。

 

本質力を高めて、患者さんや利用者さんを魅了する身体を手に入れるための様々なヒントをお届けするメルマガへ

ぜひ、登録してみて下さい。

 

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - カラダの使い方, 信頼関係の構築, 関係性 , , , , , , , , , , , , , , ,