頑張らせちゃっているけど、それって良いの?

      2017/01/16

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

これまでに多くのセラピストのリハビリの様子をみてきて

感じることがあります。

もちろん、私自身のこれまでのリハ内容においても

言えることでもあります。

 

 

患者さんや利用者さんが、目の前で

“頑張っている”

そういった様子をみていて、思うのです。

 

本当に、それでいいのだろうか?と。

 

できないことができるようになるために、

患者さんや利用者さんは頑張っているのでしょう。

 

 

しかしながら、できないがために

頑張ってしまっている、という状況をみて

それが果たして、

患者さんや利用者さんのためになっているのだろうか、

という問題提起です。

 

今回のブログでは、頑張ることが、

果たして良いことなのか?

そこを考えていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

頑張らせてしまっている問題の本質とは?

 

できないから頑張っている。

 

頑張っているというか、

セラピストによって頑張らされている、

といっても過言ではないと思います。

 

 

じゃあ、

・どうして患者さんや利用者さんが

 頑張らなくてはいけないのか?

・どうして患者さんや利用者さんを

 頑張らせてしまっているのか?

 

そこに問題意識を持ってみる、ということが重要でしょう。

 

・頑張らなくても、できないのか?

・そのためにセラピストとして、何ができるのか?

ということを考えてみることが重要なのではないでしょうか。

 

 

これまでの経験を踏まえて、

頑張らせてしまっている、という問題は

セラピスト自身の狭い視点による結果だと思うのです。

 

セラピスト自身が、

目の前の患者さんや利用者さん自身の評価をした結果、

気になるところや、問題だと持っているところがある。

 

当然ながら、そこに意識が向きますよね?

 

 

そこからが問題です。

セラピスト自身の意識が、集中して偏ってしまう。

問題であると思っているところにしか、

セラピスト自身の意識が向かない。

 

これが、頑張らせてしまうことの本質的な問題 です。

 

 

 

セラピスト自身の意識が、偏ったところに集中してしまっている。

だから、患者さんや利用者さんも部分的なところに

意識が集中してしまっている。

 

それが、『頑張る』ということにつながっているのです。

 

 

セラピスト自身が、部分的なところにしか意識がいかない。

その結果、全体がみれないのです。

 

部分的なところに意識を集中してしまった結果、

部分的なところで頑張らせてしまっている。

 

 

身体全体で、協調性のとれた身体づかいを引き出すことができずに

患者さんや利用者さん自身の身体を部分的に過剰に頑張らせて

姿勢をとらせたり、動作を行わせようとしているのです。

 

 

その身体の中身は整っていますか?

 

頑張らなくても、姿勢や動作は可能です。

 

頑張らなくても、楽に、快適に、心地よく

姿勢や動作をとれることができる状態へと導くことが

大事なのではないでしょうか?

 

身体を整えることができたら、頑張らなくても

機能的な、エネルギー効率の良い

姿勢や動作を獲得することができるのです。

 

 

セラピスト自身の意識が偏ってしまっているがために

全体をみれない。

どのように身体の構造を整えたら良いのか、

ということを評価できないことが問題なのです。

 

頭で考えても、構造を整えることはできないのです。

セラピスト自身の身体で理解していないことには、

より良い姿勢や動作を導くことなんてできないのです。

 

外観としての姿勢は整っているかのように見えても、

患者さんや利用者さんの身体に触れてみると

中身が整っていない、ということが大いにあるわけです。

 

 

頭で考えて、評価やリハをやっているセラピストは

つい見た目の外観を整えようとする。

 

それは、筋肉でいうと

外側の筋肉を使って、見た目の良い

姿勢をつくり出そうとしているのです。

 

そういった外側の筋肉で固めた姿勢というのは

中身がありません 

 

 

姿勢としては、整っているかのように見えても

そこから動こうと思ったら、動けないのです。

 

外側の筋肉で固めて姿勢を保持しているだけなので、

その状態から動こうと思ったら、

固めている筋肉の緊張を解放しなければいけないのです。

緊張を解放したら、動けないのです。

 

イメージとしては身体がバラバラになってしまうからです。

姿勢保持すら危ういのに、動くとなると

とてもじゃないけど、動けない。

 

 

重要なことは、

見た目のとしての外観を整えることではないのです。

 

中身のある、カタチをつくり出さないといけない のです。

 

骨という人体の中でも、最も剛性の高い支持組織を

最大限に活かしつつ、骨で立てるように構造を整えていくこと。

骨を最大限に活かして、立てるようになると

筋肉の緊張は最小限で済むようになります。

 

その結果、姿勢保持も快適だし、楽なのです。

 

スポンサーリンク

 

構造を整えれば頑張らなくても良い状態になる

 

『頑張る』というのは、筋肉の緊張を

より必要としている状態ですよね?

 

筋肉で頑張っている。

それが、『頑張っている』ときの感覚だと思うのです。

 

そういった状態から、抜け出さないといけないのです。

 

 

筋肉で、頑張らせない。

骨を最大限に活かして、姿勢保持がとれるようにする。

 

そういったことができないと、セラピストはより良い姿勢や

動作を導くことなんてできないのです。

 

これは、外側からみた評価ではできないことです。

実際に、触れてみて

どのような構造、身体の使い方をしているのか、

ということを感じ取らなければいけないのです。

 

見た目の評価と、触れたときの評価には

“違い”  があります。

 

 

こういったことを踏まえて、重要なことは

セラピスト自身が、見た目の評価と触れたときの評価の

結果をすり合わせていく、ということが大事なのです。

 

そして、セラピスト自身が

筋肉で頑張らない姿勢や動作を獲得している、

体現している必要があるのです。

 

より良い姿勢や動作を導くためには、

セラピスト自身の身体が

“お粗末” ではいけないのです。

 

 

そのような状態では、患者さんや利用者さんの

可能性や能力を引き出すことなんて、

とてもじゃないけど、できないのです。

 

このブログでも書いているように、

自分の持っているもの以上のものは、

他者に提供することができない 

 

 

そのことを知ることが大事なのです。

身体を通して知ることが大事なのです。

 

頭だけの理解は、

本当の意味で理解したとは言えないのです。

 

 

頑張らなくても良い状態に導くこと

 

今回のブログのテーマは、

患者さんや利用者さんの、

その『頑張り』は本当に必要なのか、

というテーマでした。

 

その答えは、必要ではない。

 

『頑張らなくても良い状態へと導くことが重要である』

ということになります。

 

 

頑張らなきゃできない。

そんなことはないのです。

 

セラピスト自身の思い込みで、

リハをやってはいけないのです。

 

 

頑張ってしまっているなら、

・なぜ、頑張っているのか?

・どうして頑張ってしまっているのか?

そこをセラピスト自身が考えることが重要なのです。

 

身体が整えば、構造が整えば

楽に、快適に、頑張らなくても姿勢の保持が可能ですし

動作も可能なのです。

 

どうすれば、より楽に、

快適な姿勢や動作を獲得することができるのか?

 

 

それは、セラピスト自身の頭で考えてできることではありません。

 

セラピスト自身の身体が、

“頑張らない” 姿勢や動作を獲得している状態、

体現している状態でないと、

患者さんや利用者さんに、頑張らせない姿勢や動作を

引き出すことはできないのです。

 

 

まとめ

 

何度も、このブログで書いていることになりますが、

セラピスト自身の在り方。

これが、とても大事なのです。

 

セラピスト自身の身体が、“お粗末” な状態であれば

それ以上のものは提供できない。

 

セラピスト自身の身体が、深いところからゆるんでいる状態、

骨を最大限に活かした姿勢保持や、動作を獲得できているなら

それを提供することができるのです。

 

 

こういったことを踏まえて、いかにセラピスト自身の

在り方が重要なのか、ということを理解して頂いて、

いかに、自分自身の身体が “お粗末” なのか、

ということを知って欲しいのです。

 

そこから始めるしかないですよね。

より良いものを提供しようと思ったら、

そこから始めるしかない。

 

セラピスト自身が気付くこと。

何でもできると思い込んでいないか

ということなのです。

 

 

何にもできていない、

ということを知った方がいい のです。

 

『無知』な状態が、最もタチが悪い。

変なプライドを持っている、セラピストは少なくないのです。

 

できているつもり。

より良いものを提供できているつもり。

“つもり” になっているだけ。

できてないですからね。

 

もっとより良いもの、世界ってあるのですから

それを患者さんや利用者さんに見せなければいけないのです。

より良い世界を提示しなければいけないのです。

 

そのためには、セラピスト自身の狭く、偏った世界を広げることが

とても重要でしょう。

 

セラピスト自身の身体が、緊張して固まっている状態では

何も世界は広がっていかないのですから。

まずは、そのガチガチな身体を解きほぐしていくところから

始めてみませんか?

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで、読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - カラダの使い方, 可能性や能力を引き出す , , , , , , , , , , , , , , , , , ,