あなたの治療技術を高めるためには身体づかいの再構築が欠かせない

      2017/01/16

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

あなた自身がセラピストとしての治療技術を高めようと思われているのであれば、絶対に外せない大事な要素があります。

それが何かというと、既存の『枠』を破壊していく、という発想です。

 

具体的にいうと、あなた自身の身体づかいのプログラム 

分かりやすくいうと、“くせ” を変えていかないことには

なかなか、あなたの治療技術を高めていくことは難しいのです。

 

すでに持っている既存の『枠』内で、何とかしようとするのではなく、

その『枠』を壊して、新たな『枠』を再構築すること。

それが、大事になってきます。

 

 

すでにある『枠組み』の中で、何とかなるなら

とっくに何とかなっている。

何とかならないのは、既存の『枠』という狭く偏った世界の中でもがいている状態に陥ってしまっているからなのです。

 

あなた自身が、治療技術を身につけていく上で欠かせないこと。

それは、既存の『枠』に創造的破壊を起こすこと なのです。

 

あなたの身体づかいというプログラムを再構築すること。

それが、欠かせないのです。

 

今回のブログでは、その話について書き進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

力づくでの身体操作を否定せよ!

 

『相手の身体に触れる』、ということの本質を理解せよ! icon-share-square-o 

という前々回のブログでは、『相手の身体に触れる』ということの難しさについての内容をお伝えしてきました。

 

少し復習しておくと、相手の身体に触れるということは

相手の身体のバランスを崩すことになり、その結果、相手の身体の緊張を高めてしまう、という問題が生じてしまいます。

 

 

相手の身体に触れることによって、

相手の身体の緊張を高めてしまうことになる。

 

その結果、どうなるのかというと

セラピスト側の力が、相手に伝えられない

ということになるわけです。

 

力を伝えたい方向に、伝えられない。

思うように、相手の身体を操作できない。

こういった問題が生じてくるのです。

 

相手の身体に触れることで、相手の身体の緊張を高めてしまう。

そのことにより、次の動作や局面に移行できないですよね?

 

 

もちろん力づくでやれば、可能といえば可能ですが、

そんなことをやって、一体何か意味があるのでしょうか。

 

力を伝えたいけど、触れた瞬間から

相手の身体に緊張を高めてしまい、抵抗されてしまう。

 

この問題に、あなた自身はどのように

向き合ったら良いのでしょうか?

 

言葉かけで、あなたの求めている姿勢や動作を相手が思うように行ってくれるのであれば、

何も相手の身体に触れる必要なんてありません。

 

 

しかしながら現実問題として、そのようなことはほとんどできない。

ほとんどの場面において、相手の身体に触れるということを介してリハを行わなければいけないのですから。

 

相手の身体に触れても、相手の身体を緊張させずにセラピストが伝えたい力を伝え、導きたい方向へと身体を導いていく。

 

それを実現するには、どのように対処すれば良いのでしょうか?

 

 

この葛藤と向き合って、何かしらの “答え” というものをあなたは導き出したことはありますか?

 

私は、独自に武道や武術の身体づかいからヒントを得て、職場の後輩の身体を借りて試行錯誤し続けました。

 

その結果、力を使わずに相手を身体操作する方法を身につけていったのです。

 

正確には、『力』は使います。

 

ただし、相手の身体の緊張を不必要に高めることなく

相手の抵抗を受けることなく、

私自身の力を伝える方法を身につけてきたのです。

 

その話をしたいと思います。

 

 

力を入れるのではなく、“力を抜く” という発想

 

相手の身体に触れると、触れられた相手は自分に加えられた力と同じだけ、

またはその力以上の力で押し返す、という反応を示します。

 

それは、姿勢反射と呼ばれるもので、自らのバランスを保つためには欠かせない自動的な反応です。

 

そういった反射を備えているのです。

転倒しないように、バランスを保つための働きを備えている。

 

 

こういった働きを知った上で、相手の身体に触れて

相手の身体に不必要な緊張を与えることなく、相手の抵抗を受けることなく、自分自身の力を相手に伝えることができるのか?

 

それは、

セラピスト側の力を抜く

ということです。

 

 

どういうことなのか、さっぱり分からない。

そのような声が聞こえてきそうですね。

 

力を入れたら、相手に押し返される。

だからといって、ますます力を加えてしまったら、

相手により強い力で抵抗されるのです。

 

そこで、逆転の発想 です。

力を入れるのではなく、力を抜く。

 

 

力を抜くとどうなるのかというと、

相手は、あなたの触れた手に身体が吸い付いてくるかのようになります。

 

力を入れることができる、というのは一体どういうことなのでしょうか?

 

力を入れられない状態にすれば、

力を入れられなくなる、というわけです。

 

 

固定支点をつくり出すから、そこを起点として相手からの抵抗を受ける

 

想像してみて下さい。

あなたが泥沼に足を踏み入れたときのことを。

 

うまく踏ん張れない。

ゆえに力が入れることができない、というわけです。

そのような状態を、あなたの身体で作り出せば良いのです。

 

あなたの、相手の触れている『手』を支点にしなければいい。

 

 

あなたの、相手に触れている『手』が、相手の支点になってしまうと、そこに寄りかかってくるのです。

寄りかかる支点があれば、相手はそこに力を集めてくるのです。

 

あなたが相手に触れる→

→相手に頼る支点を作ってしまう→

→相手に頼られてしまう→

→あなたのバランスが崩れるからより強い力で押し返す→

→相手からもより強い力で押し返される

 

という負のスパイラルに突入してしまうわけです。

 

そうならないように、相手の身体に支点をつくり出さないことが大事なのです。

 

 

支点は固定しない、揺動支点としての身体づかいを身につけることが重要

 

具体的には、あなたの『手』が相手の力を入れるための支点となっているわけですから

その支点を、『手』から『肘』、『肩』、『肩甲骨』、『肋骨』、『背骨』へと支点を移動していくわけです。

 

より抹消で力を使うのではなく、より中枢部で力を使う

ということです。

 

そのときに重要なことは、

姿勢は変えずにあなた自身の体の中で、支点を移動させていくこと なのです。

 

 

だから、それは外側から見ても何も分からないことなのです。

何が起こっているのか、どういうことが起こったのか、

それを相手に察知されてはいけないのです。

 

相手も、自分のバランスを保つことに必死になって、支点を探し求めているのですから、その情報を与えてはいけないのです。

 

相手に、力を入れることができる支点さえ与えなければ、相手の不必要な緊張を生み出さなくても良くなるのです。

ゆえに、あなたの伝えたい力を相手に伝えることができる。

 

そして、あなたの求めている身体操作を行うことができる、

ということになるのです。

 

言葉で書くと、このような感じになりますが、

問題は、実際にあなた自身が書いていることをやろうと思ったらそう簡単にはできない、という問題が生じるのです。

 

スポンサーリンク

 

あなたの “身体づかい” にパラダイムシフトを起こそう!

 

あなた自身の身体で緊張している部分を “ゆるめる” ということだけでさえも簡単ではないのに

それを、他者との関係性の中で “ゆるめる” となると一気にハードルが上がるからです。

 

他者と関係することで、より不安定になる。

相手に触れたら、相手の抵抗や押し返しを受けてしまう。

その結果、自分自身のバランスが崩れないように身体を緊張させてしまう。

 

身体を緊張させないと、自分自身のバランスを保てない

という身体づかいになっているがゆえにこの問題は、そう簡単には乗り越えられる問題ではないのです。

 

 

あなた自身に必要なことは

これまでの身体づかいを180度変えるようなパラダイムシフトを起こさなければいけないわけです。

 

身体を緊張させてバランスを保つ、という身体づかいから

身体をゆるめてバランスを保つ、という身体づかいへ。

 

このパラダイムシフトを起こせない限り、あなたの力と相手の力同士のぶつかり合いが起こってしまうことは避けられないのです。

よって、あなたの身体操作は相手に通用しないものでしかない。

 

 

力づくのリハビリをやり続けることに意味はありません。

 

あなた自身もしんどいし、

何よりも患者さんや利用者さんのためにならない。

 

あなたの身体づかいは、心地の良いものですか?

目の前の患者さんや利用者さんに受け入れられる、

抵抗されない触れ方、力の伝え方ができていますか?

 

そうでないなら、今すぐにでもパラダイムシフトを起こしていくべきでしょう。

 

 

表面的なテクニックや技術を学ぼうとするのではなく、ここで書いている本質的な部分をきちんと身につければ何もテクニックや技術を学ばなくてもあなたの手で触れるだけ、あなたが動くだけで十分に素晴らしいセラピーが展開されるようになるのです。

 

ぜひとも、本質力を身につけて欲しいと思います。

 

早速行動しようと決断されたあなたはメルマガへ登録してみて下さい。

 

あなたの一生ものの価値を身につける ための様々なヒントをお届けしていきたいと思います。

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで、読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - カラダの使い方, 創造 , , , , , , , , , , , , ,