相手の “心” に寄り添う、“想い” に寄り添うことができる存在になろう!

      2017/01/16

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

今回のブログは、私自身の経験談から一つ

お伝えしたいことがあります。

それは、人間の可能性について、です。

この人間の可能性というテーマと絡めた話をしたいと思います。

 

その話は何なのか?

それは、患者さんや利用者さんの口から発せられる言葉についてです。

 

その人の本心から発せられる言葉もあれば、

本心の裏返しの言葉のときもある。

 

今回のブログでは、人間の可能性と相手の発言の真意についてを絡めて

ブログを書き進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ネガティブ発言の言葉の真意を汲み取ろう!

 

リハをやっていると、対象となる患者さんや利用者さんから

ネガティブなことを言われる、ということが少なくありません。

 

そういったネガティブな発言の中でも、

『自分はこれ以上良くならない』

『何をやっても一緒』

などといったような自暴自棄になられている方も少なくありません。

 

でもね、そういった発言をする人ほど

自分自身の可能性を見てみたい、

っていう想いを強く持っている のです。

 

 

なぜ、そう思うのか?

それには、きちんとした根拠となる話があるのです。

私自身の勝手な思い込み、推測のもとに話を書いているのではない。

 

基本的に好き勝手にブログを書いてはいますが、

自己中心的な内容に偏りすぎないようには心がけています。

 

このブログを読んで頂けるあなたのために、

『読んで良かった』

『共感できる』

『ためになった』

って感じて頂けるような内容を書いていきたいと思っているのです。

 

 

さて、話を戻しましょう。

どのような根拠となる話があるのか?

そこが、あなたが知りたいと思うところ、

興味のあるところだと思います。

 

ネガティブな発言をする患者さんや利用者さん。

自暴自棄な発言は、真に受けないようにしています。

 

あくまで中立的な立場をとります。

そういった発言をしてしまう背景を汲み取るようにしていますし、

また、それはある意味本心の裏返しであるとも捉えています。

 

 

今回のブログでお伝えしたいのは、

“本心の裏返し”

という話です。

 

本心が分かるのか?

って思われるかもしれませんね。

 

私自身には、そのような読心術というものは

残念ながら持ち合わせていません。

 

持ち合わせていないのに、なぜそのようなことがいえるのか?

それって矛盾しているんじゃないか、

って声も聞こえてきそうですが・・・。

 

そういう意見もあることは承知の上で、

このまま読み進めていって欲しいと思います。

読み進めていって頂けたら、真意をご理解頂けると思います。

 

 

自分自身の可能性や能力に期待しているから・・・

 

自暴自棄になっていて、ネガティブな発言をしてしまう

患者さんや利用者さん。

 

よくなるための努力を怠っている、ということはありません。

むしろ、努力はしている。

努力をしているけど、その努力に見合った成果が得られない。

 

そこに、焦りと不安の感情が湧き上がってくるのでしょう。

そして、自分自身に対しての “怒り”

焦りと不安。

 

 

それは十分に理解できますよね?

 

で、『怒り』です。

自分自身に対する “怒り” 。

 

それがなぜ起こるのかというと、期待しているからです。

自分自身に対して期待している。

 

別にセラピストに期待しているわけではないのです。

 

 

自分自身への期待度が大きいからこそ、

“怒り” の感情が湧き上がってくるのです。

 

・自分自身の可能性は、こんなもんじゃない。

・自分自身の能力は、こんなもんじゃない。

 

そういった 理想像としての自分と、現状の自分とを比較した結果、

その『差』をなかなか埋めることができないから“怒り” の感情が湧き上がってくる のです。

 

 

つまり、自分自身の可能性や能力というものを信じているのです。

決して、自分自身に可能性や能力はない、とは思っていない。

 

発言としては、いくら自暴自棄でネガティブな発言があったとしても

それは理想像とする自分に近づけないことへの “怒り” から

くるものだと思っています。

 

そういった捉え方を、私自身はしているので

ネガティブな発言を受けても、中立的な立場を表明します。

 

 

その言葉の背景にある想いに寄り添えば、

そういう発言をしてしまう気持ちが理解できるからです。

 

それを否定する気持ちはありません。

で、そういった発言をする人ほど

自分自身の可能性や能力を体感したときに見せる

なんとも言えない表情は、感慨深いものがあります。

 

口では、あんなことを言っているけど

実は本心では自分自身の可能性や能力を信じている。

 

 

そして、何よりも、誰よりも

自分自身の可能性や能力をみてみたい、

と思っているのです。

 

だから、その期待に応えたいと思うわけです。

 

目の前の患者さんや利用者さん自身の可能性や能力を

引き出すことに全力を注ぐ。

 

引き出すためのあらゆるサポートはしますが、

それを実際に引き出せるのは、患者さんや利用者さん自身なのです。

 

 

私たちセラピストができることって限られている。

セラピストが、患者さんや利用者さんを良くするのではない。

 

患者さんや利用者さんの可能性や能力を引き出すための

きっかけ作りをしたり、サポートをするだけなのです。

それ以外にできることなんてない、と

私自身は思っています。

 

 

そこに異論を唱えるセラピストもいると思いますが、

それはそれで構わない。

そこは議論するべきところではないと思っているからです。

 

私自身の立場としては、そういった立場をとる、

ということなだけですから。

 

それが正しい、と主張しているのではない のです。

これまでの経験から、そのように思うからです。

そうだと感じるのですから、そうとしか言えないのです。

 

スポンサーリンク

 

喜びを分かち合える喜び

 

セラピストをやっていて、『あぁ幸せだなぁ』と感じる瞬間は

まさに、目の前の患者さんや利用者さんの可能性や能力が

引き出された瞬間に立ち会えたときです。

 

その瞬間こそ、なんとも言えない空気感を

共有することができるからです。

 

自分のこと以上に喜びを感じます。

 

自分が患者さんや利用者さんの可能性や能力を引き出せた、

という思いではなく

患者さんや利用者さんの可能性や能力が開花した瞬間に立ち会わせて頂けたことに感謝 、という思いです。

 

 

人が成長・進化する場面に立ち会えるって

すごいことだと思うのです。

そこに共に喜びを分かち合える。

自分ごとのように感動を共有することができる。

それが醍醐味であると思うのです。

そういった瞬間を何度でも味わいたい。

 

だから、セラピストをやっているのだと思います。

誰もが、自分自身の可能性や能力をみてみたい。

そう思っていると思うのです。

口ではなんとでも言えます。

それが本心だとは思えません。

 

自分自身の可能性や能力に立ち会えた瞬間に見せる顔。

その顔を見たら、あのときの、あの発言は “ウソ” でしょ?

って思ってしまうんですよね。

 

 

まとめ

 

人は口では何とでも言えます。

 

だからこそ、その言葉の背景情報を汲み取れないといけないと思うのです。

本心でもあり、本心の裏返しでもある。

どちらなのか?

 

どちらでもあるし、どちらでもない。

 

口から出てきたということは事実です。

その言葉をどのように解釈するのか?

それは、受け取り方次第でしょう。

 

 

そして、相手から発せられた言葉をどのように受け止めるのか?

それは、関係性の構築に大きく関係してきます。

言葉のままに、受け取ってしまっても良いこともあれば、

相手は、言葉のままに受け取って欲しいとは思っていないこともある。

 

読心術ではないけど、

言葉だけを汲み取るのではなく、

相手の表情や、しぐさ。

そういったもの全てを読み取って、関係性を構築することが重要なのです。

 

 

相手に、私は受け入れられている。

そのように感じさせることができれば、

関係性の構築がうまくいっている、と言えるからです。

これは、言葉だけを読むと

相手を意図的にコントロールしているように感じますが、

そうじゃない。

 

 

相手の “心”  に寄り添うこと。

相手の “想い” に寄り添うこと。

それが、とても大事なことであるということを伝えたいのです。

 

“自分が” という自己中心的な発想を持って関係性を構築するのではなく、

目の前の相手を尊重すること。

その姿勢が重要なのです。

 

縦の関係性にならないこと。

それが重要なのです。

 

相手の心に、想いに寄り添えるセラピスト。

そういうセラピストが一人でも増えれば良いなぁ、と思っています。

相手の可能性や能力を引き出すことができるセラピストが増えれば

それが世の中に価値提供を与えることになるし、社会貢献になると思うからです。

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - コミュニケーション, 可能性や能力を引き出す, 関係性 , , , , , , , , , , , , , , , ,