あなたの頭の中の妄想を相手に押し付けていませんか?

      2017/01/15

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

私たちセラピストが、患者さんや利用者さんと関係する際にどういったことが重要になるのでしょうか?

 

もちろん、“これ” といった決まり切った『答え』のようなものはありません。

重要な要素は、たくさんあると思います。

 

その中でも、重要なこととして挙げられるのは、

目の前の患者さんや利用者さんと “対話” する ということです。

 

 

『えっ?』と思われたかもしれません。

あなたの中では、対話している、コミュニケーションしている、と思い込んでいるかもしれないですが、

実は、対話している “つもり” 、コミュニケーションしている “つもり”になってしまっているのですから。

 

今回のブログでは、目の前の患者さんや利用者さんと関係する際に、重要な要素である “対話力”という観点で話を進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

きちんと対話できていますか?

 

これまで多くの理学療法士をみてきましたが、その多くのセラピストには 対話力が欠けている ということを感じます。

 

例えば、姿勢を整えるとか、動作練習をやっているとします。

その際に、セラピストが何をやっているのか、ということを観察していると

目の前の患者さんや利用者さんとの対話ではなく、セラピスト自身の頭の中にある世界。

それを前の前の患者さんや利用者さんに、やろうとしている。

そういったことを観察することができます。

 

『いやいや、そんなことはないよ!』

という反論をするセラピストもいるでしょう。

しかしながら、外側から観察していると

とてもじゃないけど、目の前にいる患者さんや利用者さんとの対話ができていないのです。

 

 

自分の頭の中にある世界

 

つまり、良い姿勢とは、こういう姿勢である。

そのためには、ここの関節がどうなって、ここの筋肉を働かせて・・・

といった 自分の中にある概念、思い込みの世界を目の前の患者さんや、利用者さんに再現しようとしている のです。

 

それは、セラピストの自我の押し付けでしかありません。

セラピストの頭の中の世界しかみえてなくて、それを現実世界に落とし込もうとしている。

そのようなセラピーは、目の前の患者さんや利用者さんの存在を無視した関係性でしかないのです。

 

 

より良いものを提供して、患者さんや利用者さんの可能性や能力を引き出したい。

そのような想いや意識があって、そのための勉強やスキル、技術の習得に励んでいることでしょう。

 

そのこと自体は何も悪いことではない。

むしろ、プロとして当たり前のことだと思うし、良いことであると思うのです。

 

勉強すること、スキルや技術を高めること。

そのことで、得られるメリットはありますが、

その一方で、盲点になってしまうこともある ということを理解しておかなければいけません。

 

それはどういうことなのか、というと新たな知識や情報をインプットすることで、自分自身の世界は広がるのですが、

同時に、思い込みを強めてしまう危険性を抱えている ということです。

 

 

先ほどにも書いたように、

 

・良い姿勢とは、こういう姿勢である

・良い姿勢をとるためには、

 ここの筋肉を働かせなくてはいけない

・良い動作とは、こういう動作である

・この動作は、この場面では、

 このようにならなければいけない

 

そういったことです。

 

それっていうのは、『枠組み』をセラピスト自身の中でつくってしまうことになるのです。

 

スポンサーリンク

 

『枠組み』にはめ込んでいる限り、可能性や能力は引き出されない

 

『枠組み』をつくること自体は、悪いことではありません。

じゃあ、何が問題になるのかというと、

その『枠組み』に囚われすぎて、その『枠組み』による縛りを受けてしまうということなのです。

 

そのことによって、セラピスト自身の思考も広がらないし、その『枠組み』にはめ込まれている患者さんや利用者さん自身の

世界も広がらないのです。

 

なぜなら、セラピストが持っている『枠組み』によってセラピスト自身が縛られているので、その『枠組み』を超えたものは提供できないからです。

 

『枠組み』に縛られたセラピストによって、患者さんや利用者さんは、セラピストの持っている『枠組み』にはめ込まれることを押し付けられるのです。

一方的に、その『枠組み』にはめ込まれる。

そのことが、患者さんや利用者さんのためになる、患者さんや利用者さんの可能性や能力を引き出すものであれば、それ自体は何も問題とはならないのです。

 

しかしながら、『枠組み』にはめ込まれることによって、患者さんや利用者さんの可能性や能力が引き出されないのであれば、よろしくないものを提供していることになるのです。

 

『枠組み』というもの自体は、何も悪いものではありません。

セラピーをする際の一つの指標としてセラピスト自身が『枠組み』を持っているのは、良いことだと思います。

 

患者さんや利用者さんの可能性や能力を引き出すために役に立つなら、それを積極的に使ったらいいと思うのです。

 

しかしながら、その『枠組み』を使うことで患者さんや利用者さんの可能性や能力が十分に引き出せたとしたなら、そこで使った『枠組み』を同じように患者さんや利用者さんに何度も使ってはいけないのです。

患者さんや利用者さんの可能性や能力を十分に引き出せたなら、次の段階に引き上げなければいけません。

 

 

同じ『枠組み』を使うということは、患者さんや利用者さんの成長や進化を阻害するものでしかないのです。

その『枠組み』を使うことで患者さんや利用者さんの可能性や能力を引き出せたなら、次の一手としては、その『枠組み』よりもレベルの高い『枠組み』を使わなければいけません。

患者さんや利用者さんの可能性や能力を引き出すことができた『枠組み』を破壊し、新たにより世界を広げるための『枠組み』を用意しておかなければいけないのです。

 

そうやって、どんどん世界を刷新していく。

そのようなセラピーができると面白いですよね。

そして、価値あるセラピーとなることでしょう。

 

 

そのためには、セラピスト自身が持っている “引き出し” をいかにたくさん持っているのか。

そういったことが求められます。

しかしながら、たくさん引き出しを持ってさえいればそれでいいのか、というとそうではありません。

自分自身が持っている引き出しを、いつでも引き出せるようにしておかなければいけないのです。

 

 

いくら価値ある引き出しを持っていたとしても、それがどこにあるのか分からない、自由に引き出すことができない、という状態であれば、それは、宝の持ち腐れ状態でしょう。

 

使えなければ意味がないのですから。

使えてこそ、価値となるのです。

 

 

まとめ

 

今回のブログでお伝えしたかったことは、セラピスト自身が目の前の患者さんや利用者さんと対話することが重要であって

セラピスト自身の頭の中にある概念や、イメージを目の前の患者さんや利用者さんに押し付けることがあってはならない、ということです。

 

セラピスト自身の自我の押し付けになってしまってはいけないのです。

目の前の患者さんや利用者さんと対話することが重要なのです。

 

セラピスト自身が向き合うべき存在は、セラピストの頭の中の抽象世界ではなく、目の前の患者さんや利用者さんという一人の人間なのです。

 

ということで、今回のブログは以上になります。

今回のブログを読まれて、何か分からないことや疑問がありましたら、コメント欄に書き込んで頂くか、直接個別にメッセージを頂けますと幸いです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - コミュニケーション, 関係性 , , , , , , , , , ,