この仕事でなければいけない理由ってありますか?

      2017/01/15

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

あなたは、なぜこの仕事をやっているのでしょうか?

 

どういう目的を持って

何をしたくて

この仕事をしているのでしょうか?

 

もちろん、生きていくための手段として
お金を稼ぐという目的があるでしょう。

 

でも、“それだけ” ということはないですよね?

もちろん中には、そういう人もいるでしょう。

このブログを読んでいるあなたは、

そんなことはないと思うのです。

 

生きるためのお金を稼ぐ、いわゆる『ライスワーク』。

それだけが目的でこの仕事をしているなら、
なんかもったいないというか、残念だと思うのです。

この仕事をする意味。

それがない。

 

今回のブログでは、理学療法士という職業でなければいけない、その理由。

それについて考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

あなたの仕事は “ルーティンワーク” になっていませんか?

 

別に、理学療法士でなくても、生きるためのお金は

稼ぐことができますよね。

 

なんとか最低限でも

生きていくことには困らない程度のお金を稼ぐだけなら、

この職業でなくても良いわけです。

この職業を選択し、何を生み出すことができているのか?

 

あなた自身の人間的な成長。

それとともに、社会や、世の中に、

一体どんな価値提供をすることができているのか?

そこを問うて欲しいのです。

 

 

ただ、生きていくためのお金を稼ぐためだけ、だと

仕事に対するモチベーションって保てないですよね。

 

だから、どんどん ルーティンワークになっていく

作業のような仕事内容。

誰でもできるような仕事内容。

誰とも変わらないような、考えない自動化している仕事内容。

 

そんな状態になっていって、

その結果、質の “よろしくない” セラピストを増産しているのです。

ほんと、増えていますよね。

 

 

有資格者数が増えることで、

相対的にそういったセラピストが増えていく。

その流れは止めることはできないと思います。

そして、これからも増え続けていくと思います。

 

だからこそ、このブログを読んで頂いている意識の高い、

心が腐っていないセラピストは自分自身を

より高めていく努力をしないといけないと思うのです。

 

それが、自己成長につながるし、

社会や世の中に貢献することになる。

 

つまり、より良い循環が生まれる

ということなのです。

 

創造性にこそ、価値がある

 

作業化しているセラピスト

ルーティンワーク化しているセラピストが増えたところで

何か良い状態になるでしょうか?

より良い社会や世の中を創造することができるでしょうか?

 

人間として、人間力の乏しい存在を増産することはあっても

人間力の高い存在が増えることはありません。

 

そして、人間力の乏しい存在が増えることによって、

その人間と関わる人にも、悪影響が出る。

 

 

それでは、患者さんや利用者さんが良くならない。

患者さんや利用者さんの可能性や能力が広がることはない、

ということでもあるのです。

 

患者さんや利用者さん自身が、関わるセラピストの在り方は

本当に大事です。

 

セラピスト自身の世界が閉じた状態では、

関係する患者さんや利用者さんの可能性や能力は引き出せない。

それどころか、悪影響を与えることにもつながりかねないわけです。

 

関係性の悪化から、信頼関係を失い、

『理学療法士=信用できない』
とか

『リハビリ=しんどいし辛い上に、
一向に良くならない』
とか

色んな悪影響を与えることになってしまうこともある。

 

事実、そういった想いや不安、怒りを抱えている

患者さんや利用者さんっていますし、いました。

 

そういった患者さんや利用者さんは、

めちゃくちゃ多くはないけど

滅多にいない、ということもないです。

 

ある程度の割合で存在している

ということは間違いないです。

 

そういう声を実際に聞くのです。

誰から聞いたわけではなく、

実際の患者さんや利用者さん自身の生の声として聞くのですから。

 

 

そういった声を聞かなくても、

患者さんや利用者さん自身が、これまでに受けてきたリハビリ

それ自体に満足してしまっている人もいる。

ある病気や怪我をして、最初に受けたセラピストの

提供しているリハビリが、最適なリハビリだと思われている。

 

それは、他のリハビリを知らないから、

これまで受けてきたものこそが、最高、最適なリハビリだと

思っているだけなのです。

 

最初に受け持ったセラピストとの関係性の中で

つくられた『枠』に囚われてしまっているがために

その『枠』を超えたものを知ることができない。

 

ここで言いたいのは、もっと世界は広がっているし

その広がっている世界を、セラピストは提示できないといけない、

ということです。

 

 

患者さんや利用者さんの世界を広げる、

可能性や能力を引き出すための選択肢を

提示できないといけない 

ということなのです。

 

今以上に、より良い世界が広がっている。

もっと楽に動けるし、快適に動くことができる。

何よりも、患者さんや利用者さん自身の可能性や能力に

自ら気づいてもらう、体感してもらうことができる。

 

そのような体験やきっかけを与えることができるセラピストが

一人でも増えたなら、創造性がありますよね?

 

希望が生まれます。

創造性が生まれます。

人生が開けます。

お互いに成長や進化をすることができます。

 

そういったものを生み出せる関係性を築くことができる。

 

そういう状態になれば、この職業をやっていることに

大きな意味も、価値もあると思うし

何よりも自己成長にもつながり、社会や世の中へ

貢献することができると思うのです。

 

関係性にこそ、創造性が担保されている

 

なにも生み出せていないから、

世の中が閉塞的になっている。

生み出せないから、滞る。

 

だからこそ、創造することが大事なのです。

創造することに価値がある 

 

 

私たちセラピストは、目の前に存在する患者さんや利用者さんの

人生に関わっている のです。

だからこそ、最大限の敬意をはらって

関係性を構築しなければいけない。

 

セラピスト自身が、何かをするのではない。

セラピスト自身が、何かを与えるのではない。

セラピストと患者さんや利用者さんとが関係することで、

何かが生み出される、という関係性が重要なのです。

 

人と人とが関係する中で

何かが、創造される。

そこに価値があると思っています。

 

どういったものが創造されるのか、は

目の前の相手と関係してみないことには分からないですよね?

そこに、セラピスト自身の自己中心的な考えを

押し付けることがあってはならないのです。

あくまでも、選択肢は患者さんや利用者さん自身にあるのですから。

 

より良い世界、未来を提示しよう!

 

セラピストは、理想とする未来を提示する役割なのです。

今以上に、より良い世界がある、より良い未来がある

ということを様々な手段を用いて提示していくのです。

 

選択肢の中から、どういった選択を採用するのかは、

患者さんや利用者さん自身なのです。

 

主導権は患者さんや利用者さんにあり、

ガイド役、ナビゲーターがセラピストなのです。

ともに、共同作業でより良い未来へと歩んでいく。

そういった関係性を構築できるセラピストが

一人でも増えたなら、この業界の健全化が図られるでしょう。

 

 

何も生み出せない。

生み出そうとも思わないのであれば、

乱暴な言い方をするならば、必要ない のです。

社会に、世の中に、何の価値も生み出さないし、

提供しないのですから。

 

 

・あなたはセラピストとして、

 何を生み出すことができているのでしょうか?

 

・あなたはセラピストとして、

 どういった社会貢献ができているのでしょうか?

 

ただの肩書き付きの存在は、

患者さんや利用者さんのためにはならない。

 

患者さんや利用者さんは、セラピストを選べないのです。

勝手に、選ばれる。

 

だからこそ、責任感を持って

プロ意識を持って、自分自身ができることを最大限に提供する。

そういった意識が重要だと思います。

 

 

まとめ

 

どんな仕事をするにも、同じことだと思います。

 

・なぜ、その仕事をしているのですか?

・なぜ、その仕事でなければいけないのですか?

・その仕事をすることで、何を生み出したいのですか?

・その仕事を通じて、何を得たいのですか?

そういったことを自分自身で問うてみて欲しいと思います。

 

理学療法士って、創造的な職業 だと思っています。

そこに面白さがあると思うし、

醍醐味があると思うのです。

 

人と人が関係することで、何かが生み出されるという

予定調和ではない世界。

関係する人の可能性や能力が開花する瞬間に立ち会える喜び。

 

そして、それを共有することができる喜び。

そういったものがあるから、

私自身はこの仕事をしていると思います。

 

あなたは、この仕事をすることに

どういった喜びとやりがいを見出しますか?

ぜひ、教えて下さい。

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 - ブログ, 創造, 可能性や能力を引き出す, 関係性 , , , , , , , , , , , , , , ,