セラピストの在り方が、目の前の相手に及ぼす影響力を認識せよ!

      2017/01/16

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

私たちセラピストに欠かせないことってたくさんあると思います。

その中でも、特に重要なことだと思うことがあります。

 

それが何かというと

セラピスト自身の “在り方” です。

セラピスト自身の “在り方” が、目の前の患者さんや利用者さんに大きな影響を与えている。

 

そのことを深く自覚・認識できているセラピストは

少ないのではないでしょうか?

 

なぜ、セラピスト自身の在り方が重要なのか?

なぜ、影響力を持っているのか?

 

そのことについて、今回のブログでは書き進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

あなた自身は力を抜けますか?

 

前回のブログ、

支点をつくらない身体づかいを手に入れよう! icon-share-square-o 

では、力を使って操作するのではなく

『力を抜く』という逆の発想が大事である、

ということをお伝えしました。

 

 

私たちセラピストが、患者さんや利用者さんに

よく言っている言葉でもある

『力を抜いて下さいね!』という言葉。

 

よく聞きませんか?

というか、あなた自身が口にしていると思いませんか?

 

力を抜いて欲しいけど、力を抜いてもらえない。

そもそも、『力を抜いて下さいね!』と言われても

力の抜き方が分からなければ力は抜けない。

 

 

なのに、多くのセラピストは患者さんや利用者さんに

『力を抜いて下さいね!』ということを口にしている。

 

 

おかしくないですか・・・?

 

 

セラピスト自身が、『力を抜く』ということを体現できて

はじめて患者さんや利用者さん自身が、

『力を抜く』ということが分かるし、

どうやったら力が抜けるのか

ということが理解出来るのに・・・。

 

 

患者さんや利用者さん自身が、『力を抜けない』

ということが問題ではなく

 

セラピスト自身が『力を抜けない』

という問題があるのに

勝手に患者さんや利用者さんに

問題の責任転嫁をしているわけです。

 

これって、『無知』ですよね?

あまりにも『無知』です。

そして、自己中心的な発想でしかいない。

問題の本質を理解できていないわけです。

 

 

人間は同調する生き物である

 

患者さんや利用者さんの緊張をほぐすには、

何が重要なのでしょうか?

 

これは、理学療法ということだけに限らず

対人関係において言えることでもあるのですが、

自分自身の在り方が重要なんです。

 

自分自身が緊張していれば、目の前の相手も緊張する。

自分自身がゆるんで自然体でいることができれば

目の前の相手は緊張しない。

 

 

人間って、『同調する』生き物 なんですね。

 

ミラーニューロンって聞いたことがありませんか?

 

ミラーニューロン(英: Mirror neuron)とは、

霊長類などの高等動物の脳内で、自ら行動する時と、

他の個体が行動するのを見ている状態の両方で

活動電位を発生させる神経細胞である。

 

他の個体の行動を見て、まるで自身が同じ行動をとっているかのように

“鏡”のような反応をすることから名付けられた。

 

他人がしていることを見て、我がことのように感じる

共感(エンパシー)能力を司っていると考えられている。

<Wikipediaより引用>

 

そういった働きもあると思います。

 

ここでは、詳しくは書きませんが、

人間という生き物は、『同調する』生き物なんです。

 

この特性を、十分に理解することができていれば

いかにセラピスト自身の在り方が重要なのか、

ということが理解できると思うのです。

 

 

セラピスト自身の身体が緊張していれば、

それが患者さんや利用者さんに伝わるのです。

 

同じように緊張状態が伝染する。

『同調』するのですから、当然のことなのです。

 

だからこそ、セラピストは “ゆるむ” 必要がある。

どこまでも、深く “ゆるむ”  必要がある。

ゆるめば、ゆるむほど

筋肉で立つのではなく、骨で立てるようになってきます。

 

 

“骨”(コツ)をつかむということ

 

この地球上で生きているということは

1Gという重力が絶えず働いているわけですから

筋肉がゆるめば、骨が重力に従って

地球の中心に向かって引き寄せられます。

 

その結果、必然的に、骨の意識がはっきりしてくるのです。

 

 

そして、骨を使って立つということが可能となってくるのです。

骨を使って立つということは、筋肉の働きが最小限で済む、

ということです。

 

最小限の筋緊張で立てるし、動ける。

 

日本では、『コツをつかむ』

という言葉がありますが、

その “コツ” とは、『骨』なのです。

骨をつかむのです。

 

 

実際には、つかめませんが

ゆるめばゆるむほど、骨の感覚がはっきりと感じられるようになる。

 

だから、どこに、どのように骨を配置すれば

効率良く立つことができるようになるのか、

ということを考え始めるのです。

 

これまでは、必要以上に緊張させて

筋肉の緊張で固めて、姿勢を保っていたり、動いていた状態が

身体の使い方が、新たなものへと再構築される。

 

このある意味プログラムというものが書き換わる

状態をつくり出すということが重要である、ということです。

 

 

頑張る身体づかい、外側の筋肉で固めた身体づかい。

そういったものから、骨で立ち、ゆるんだ身体づかいへのシフト です。

 

そういう身体へとシフトしない限り、

セラピストは、患者さんや利用者さん自身を

より良い状態へと導くことはできないのです。

 

スポンサーリンク

 

セラピスト自身の在り方の重要性を認識せよ!

 

上にも書いたように、同調するわけですから

セラピスト自身が緊張していると患者さんや利用者さんも緊張する。

緊張させたまま、より良い姿勢や、動作を

引き出すことができると思いますか?

 

できないですよね。

 

なのに、多くのセラピストは

本質を見誤っている。

 

 

テクニックや技術で何とかしようとしている。

方向性が間違っているわけです。

 

セラピスト自身の身体が変われば、それに伴って

患者さんや利用者さんに、ゆるんだ状態を『同調』させることができる。

 

それほどまでにセラピストの在り方って重要なのです。

 

 

 

特別素晴らしいテクニックや技術というものを身につけなくても

セラピスト自身が、どこまでも深くゆるんでいけば

セラピストの存在自体が、患者さんや利用者さん自身を

良い状態へと変化させることができるわけです。

 

患者さんや利用者さんに触れずとも、緊張がほぐれる。

もちろん、触れても緊張がほぐれる。

 

在り方だけで、それ自体が

素晴らしいテクニックや技術以上の価値となり、強みとなるのです。

 

 

あなたのは、目の前の患者さんや利用者さんの

心と身体を緊張させる存在となっていませんか?

 

テクニックや技術、云々という話ではないのです。

在り方の問題なのです。

 

 

本質を見誤らないようにしましょう。

 

緊張した身体からは、

相手を緊張させることしかできない。

 

緊張した状態では、

良いものは生まれない。

 

 

あなたの存在が、目の前の患者さんや利用者さんに

プラスの要素を引き出す存在になれるように

あなたの身体を、どこまでも深くゆるんでいけるように

日々、自分自身の身体と対話し続ける必要があるのです。

 

“ゆるんだ” 身体を手に入れましょう。

 

そして、あなたという存在自体が、究極の価値となるように

シフトしていきましょう。

 

 

まとめ

 

今回のブログでお伝えしたかったことは、

セラピスト自身の在り方がとても重要である、

ということです。

 

人間という生き物は、同調するという特性を持っているからですね。

 

そういった特性を持っている、ということを理解できれば

いかに、セラピスト自身の在り方が、

目の前の相手に影響を与えるものなのか、

ということを理解できると思うのです。

 

 

『在り方』とは、身体の在り方だけではなく、

心の在り方も含まれています。

 

『心身一如』という言葉があるように

心と身体は切り離せない、表裏一体のものです。

 

 

このブログでお伝えしている在り方とは、心身の在り方です。

セラピスト自身の心身状態が、目の前の相手に大きな影響力を持っている、

ということを自覚・認識した上で関係性を構築することが重要である、

ということなのです。

 

心身ともに緊張した状態で関係することが、

目の前の相手に、心身ともにどのような影響を与えるのか?

そこを考えなければいけない、ということを言いたいのです。

 

 

目の前の相手をどうこうする、という発想よりも

まず先に、セラピスト自身が心身ともに “ゆるんだ” 状態で

存在し続けることができる。

 

そのような状態をつくり出すことができれば、

それ自体が大きな価値となるのです。

 

 

なぜなら、緊張関係を生み出さないから。

緊張状態を生み出さないから、

相手の可能性や能力が引き出される “場” や “空間” を創造できるし、共有することができる からなのです。

 

 

何かしらのテクニックや技術の習得に意識を向けるよりも、

まずは、こういった関係性という側面をもっと考えた方が良いのです。

 

いくら素晴らしいテクニックや技術を身につけたところで、

それを使える状態にならなければ、使えないのですから。

 

相手に受け入れられてこそ、あなたの持つテクニックや技術を

活かすことができるのです。

 

 

あなた自身が受け入れてもらえないのに

テクニックや技術は、なす術はない 

 

そこを認識する必要があるのです。

 

あなたの在り方に意識を向けてみましょう!

あなたの在り方を高めることができれば、

それは目の前の相手にとって、良い影響を与える存在となることができます。

 

そういった状態を手に入れて、目の前の相手と関係すること。

それが、重要なことだと思うのです。

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - 『調和』や『一体感』, 可能性や能力を引き出す, 関係性 , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,