あなた自身も取り替えのきくセラピストの一人になっていませんか?

      2017/01/16

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

毎年右肩上がりに増加し続けている理学療法士ですが、

需要と供給のバランスが崩れ始めて、

PTとしての働き方や在り方にも多様性が生まれてきています。

 

PT業界もどんどん厳しくなってきていますよね。

それは、あらゆる側面においてです。

 

そんな中、この先のPTの将来性について

不安を抱えているセラピストは少なくありません。

 

 

しかしながら、不安を抱えているという問題はあっても、

具体的に不安を解消するための行動としては起こしていない。

そのように感じます。

 

で、セラピスト数の増加に伴う問題として、

“取り替えのきく” セラピストが増産されている。

 

それは、よく聞かれる

セラピストの質の低下という問題

にもつながってくると思うのです。

 

 

今回のブログでは、あなた自身も

その “取り替えのきく” セラピストの一人になっていませんか?

という問題提起についてブログを書き進めていきたいと思います。

 

 

多くのセラピストは、本当に狭い世界の中で、

狭いコミュニティの中だけで生きているなぁ、

ということを感じます。

 

んっ?

どういうこと?

 

その言葉の意味するところに興味がありますか?

興味を持たれた方のみ、この先を読み進めて下さい。

 

今回のブログでは、そのあたりの話を

書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

疑問を持たずに、無意識的にやっていませんか?

 

私自身、これまでに実習も含めて

急性期や小児以外は、ある程度行ったことがありますし、

働いた経験があります。

 

非常勤を掛け持ちしながら動いていましたから、

色んな施設や病院をみてきました。

その中で感じることがあります。

 

 

それは何か?

 

 

同じことをやっている

ということです。

 

 

もちろん、同じことをやっているように、

外側からは見えても、

新人とベテランでは、伝わる情報量が異なりますから、

その効果も違っていて当然ですね。

 

そういったことの話ではないのです。

同じ職場で働いている先輩がやっている手技があって、

それと同じようなことをやる。

 

 

それは、方向性としては、

別に間違っているわけではないですが、

 

じゃあ、何でその手技をあなたはやっているのですか?

という問いを投げかけたときに、

具体的に答えることができるのでしょうか。

 

私には、どうしても周りがやっているから、

という組織やコミュニティに属しているという

帰属意識のもとに同じことをやっているようにしか

感じられないのです。

 

そこに、“わたし” という存在が不在 なのです。

 

 

自分自身が所属している組織やコミュニティからはみ出してはいけない、

という心理的な影響を大きく受けてしまっているのではないかと

感じてしまうのです。

 

自分自身がやっていることに疑問を感じない。

それは、周りがやっていることに疑問を感じない、ということ です。

 

私自身が伝えたいのは、周りがやっていることが間違っている、

ということが言いたいのではないのです。

周りと合わせる必要はないんじゃないか、という

問題提起です。

 

 

あなたの提供しているものに価値はありますか?

 

あなた自身がやっていることが、

今の自分自身が提供できる、最も最高のものである。

 

そういった想いや信念があるなら構わないのです。

それをとことん高めていけばいいのですから。

 

 

でも、特に明確な理由がないのであれば

それをやる意味って何かあるのか?

って思うんです。

 

周りがやっていることからはみ出さないように

同じことをやる。

 

そんなことをしているから、

代わりのきくセラピストを増産していると思うのです。

もっと世界を広げてみると、いかに自分自身の視野が狭いのか、

ということを知ることができます。

 

 

良いものがあれば、それが理学療法の世界とは

全く違っていても、それを取り入れてみたら良いと思うのです。

それが、患者さんや利用者さんのためになるのだったら、

それは “あり” ですよね?

むしろ、そういった方向に進んでいくことの方が

この滞っている業界を活性化する方向として健全だと思うのです。

 

 

よく見かける光景ですが、あなたもやっていませんか?

 

同じことをやっているなぁ、と感じることとして

腓腹筋、ヒラメ筋のストレッチとか、ブリッジ(お尻あげ)

とかがあります。

 

これって、本当に良く見かける光景ですよね?

で、実際に体験したことってありますか?

 

これらをやる前に、実際に歩いてみて

やった後との比較をして欲しいのです。

 

そしたら、いかに歩行動作を妨げているのか、

ということに気づくからです。

 

 

腓腹筋、ヒラメ筋のストレッチといえば、

足関節を背屈方向に曲げていき、

ふくらはぎの筋肉を伸ばしていく、というものですよね。

 

それはストレッチをかけているにも関わらず

筋肉の緊張を逆に高めてしまっているわけです。

 

実際に、やる前とやった後の歩行で

その感覚の違いを感じてもらえれば

体感的に理解できると思うのですが、

 

やった後では、足首の感覚が悪くなります。

足首の動きが悪くなる。

ぎこちなくなってしまうのです。

足を、やや引きづったかのような歩行になりますから。

 

 

ブリッジでは、腰の緊張が入ってしまって

その影響が残ったままになってしまう。

 

その結果、腰が固まってしまって、

歩行の際に、下肢の振り出しがうまく出なくなる。

 

または、支持脚への体重移動がスムーズに行えなくなる、

という弊害が生まれます。

 

あなた自身が実際に体験して良いと思うものを提供しよう!

 

このように、セラピスト自身が実際に身体を通して

体験していないから、頭の中だけで

リハをやってしまっているのです。

そのことに気づかない。

 

疑問を持たないのです。

『それって、本当に良いのだろうか?』

という問いですよね。

何の疑いもなく、やり続けている。

 

 

本当に “有害” です。

身体を通して体験すれば、やらないでしょう。

 

身体に違和感や不快感を与え、

実際に姿勢や動作に “良くない” 影響を与えてしまっているのですから。

知っていてやっているとしたら、

それこそ、マズい状態ですよね?

 

セラピスト自身が身体で体験したことがないから

いかに弊害になるのか、ということを知らない。

 

 

まさに “無知” なのです。

周りがやっているから、それをやる。

その手技を選択する。

 

それって、プロとしておかしくないですか?

プロなら、もっと考えますよね?

 

実際にやっていることが、目に見えて大きな効果が出る。

 

そういったものであればいいですが、

それをやってみて、相手から抵抗されているとか、

なかなか筋肉の緊張がゆるんでいかない、

ということを感じるのであれば

 

何かより良い方法を模索するということが

あるべき姿ではないかと思うのです。

 

スポンサーリンク

 

あなたの仕事はルーティンワークですか?

 

何かより良い方法を模索するという選択ではなく、

セラピスト自身の身体のつかい方を、試行錯誤したり、

やるべきことって他にも選択肢としてあるわけです。

 

でも、そんなことをやっているセラピストって

まあ、多くないですね。

 

 

ルーティンワークの日々。

 

ただの作業をこなしているだけというセラピストが、

いかに多いのか、ということに疑問を感じるのです。

 

 

もっと視野を広げてみれば、セラピスト自身の世界は広がります。

それが、患者さんや利用者さんの

可能性や能力を引き出すことにつなるのです。

 

セラピスト自身が、いつまでも狭い世界の中に閉じこもっているから

患者さんや利用者さんの可能性や能力を引き出すことができない。

 

 

 

視点を高く持ってみましょう。

視点を増やしてみましょう。

 

どんな世界のことでも、視点を高くすれば

理学療法の世界と交えることができます。

 

その結果、異世界との融合が起こる。

 

 

そして、あなたにしかできないことが提供できる。

あなた独自の世界観を創造することができる。

 

現状維持ではなく、常に成長・進化していけるように

視点を高く持ち、視野を広げる

ということに、もっと意識を向けて欲しいのです。

 

それが、これからの厳しい業界を生き残り、

選ばれる存在となるための戦略だと思います。

周りと同じことをやっていても、そこに成長や進化はない。

 

人と同じことをやっていても、

差別化が図れない のですから。

 

 

まとめ

 

人と同じことをやっている。

周りと同じことをやっている。

 

それは、ある意味環境の問題でもあります。

あなた自身が所属している職場という組織、コミュニティの影響を

大きく受けてしまっているということでもあるのです。

 

分かりやすい言葉でいうと、

その環境に染まっている。

そう言い換えることができるでしょう。

 

 

その状態が、果たしてあなた自身にとって何かプラスになっているのかどうか?

そこを考えてみて欲しいのです。

あなた自身の成長や進化につながっているのであれば良いと思います。

 

でも、あなた自身がその環境にいて

居心地の悪さを感じているのであれば、

その環境が果たして、あなたにとって良い環境なのか、

それは疑問です。

 

あなた自身の成長や進化につながらない。

そういう環境に身を置いていることは

あなたにとって “害” でしかない。

 

 

環境って大事です。

環境に染まり、どんどんその環境の中だけでしか生きれない存在となる。

そういう方向性に進んでしまうことは、

本当に恐ろしいことだと思います。

 

それは現状維持の道であり、退化の道でもあるからです。

一見、自分自身が成長や進化をしているように思えても、

それは、外の世界から見れば、

とても閉鎖的で、偏った世界であるということが多いにあり得るからです。

 

 

変化できる存在にならなければ、この先のPTとしての未来はないに等しいでしょう。

柔軟に変化できる存在。

それこそが、生物界における生き残るための生存戦略なのですから。

 

『井の中の蛙大海を知らず』

という状態を強めてしまう生き方をしていると

急に外側の世界に放り出された際に、

なす術なく世の中から淘汰されるようになります。

 

 

時代は、めまぐるしく変化しているのです。

時代に適応できない。

それは生き残れない、ということなのです。

 

“取り替えのきく” 存在である限り、未来はない。

いくらでもあなたの代わりになる存在はいるのですから。

危機感を持つ、ということが大事ですね。

 

で、危機感を持つということだけではなく、

実際に行動として起こすことが、より重要です。

 

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - 可能性や能力を引き出す, 理学療法士の未来 , , , , , , , , , , , , , , ,