あなたの自己中心的な『手』は、受け入れられるものではない

      2017/01/16

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

私たちセラピストが、目の前の患者さんや利用者さんと

関係する際に、『手』という存在は

とても大きな影響力を持っています。

 

しかしながら、その『手』というものの影響力を

軽視してしまっているセラピストや

認識していないセラピストが多いのではないか。

そのように感じるのです。

 

 

セラピスト自身の『手』というものは、

セラピスト自身の『価値』ともいうべき重要なものです。

 

ゆえに、セラピストは

自分自身の『手』への意識を高めていかなければいけない。

と同時に、相手に受け入れられる『手』を手に入れるために

『手』をつくり上げていく必要があるのです。

 

今回のブログでは、『手』について考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

あなたのその手は対話ができる『手』ですか?

 

あなたの、その『手』は

何をする手になっているでしょうか?

 

あなたの思いを一方的に伝える

あなたのやりたいことを一方的に伝える

 

このような自己中心的な、押し付けの『手』になっていないのか、

という問題提起をしたいのです。

 

 

セラピストとしての立場から

目の前の患者さんや利用者さんの身体に触れる、

ということは

あなた自身が何らかの目的があるから、

相手の身体に触れるのでしょう。

 

何も目的がないのに、

相手の身体に触れるということはないですよね?

 

 

相手の身体に触れるときに、重要なことって何でしょうか?

 

いくつか、大事な要素というものが思い浮かぶと思いますが、

何よりも重要なことだと考えているのは、

自己主張しない『手』です。

 

どういうこと?

って思いますよね。

それをこれから解説していきます。

 

相手に受け入れてもらえる『手』をしていますか?

 

相手の身体に触れる、ということは

相手のバランスを崩すことになり、

その結果相手の身体に不必要な緊張を生じさせてしまう、

という問題を抱えてしまいます。

 

それは、以前のブログ記事である

『相手の身体に触れる』、ということの本質を理解せよ! icon-share-square-o 

という過去記事で書きました。

 

 

相手の身体に不必要な緊張を生じさせてしまう、

ということは

相手からの抵抗を受ける、ということになります。

 

それは、

あなたという存在を受け入れてもらえていない

ということとイコールなのです。

 

 

では、あなた自身が相手から受け入れてもらうために

必要な要素とは、一体何なのか?

そこを考えてみる必要があります。

 

先ほど書いたように、あなたの『手』が自己主張しかしない状態、

自己中心的な『手』となっているのであれば

永遠に、相手から受け入れてもらうことなんてできない。

 

相手から受け入れてもらうためには、

自己主張しかできない『手』から

 

・相手とのコミュニケーションができる『手』

・対話ができる『手』

にシフトしなければいけないのです。

 

もちろん、あなたが何らかの目的を持って、

相手の身体に触れるということは、重要なことです。

 

 

しかしながら、相手の身体との対話。

それなくして、あなたの目的は成し遂げられないのです。

 

あなたがやりたいこと、伝えたいことだけに

意識が囚われてしまっていては

目の前の患者さんや利用者さんとの

対話ができないのです。

 

私たちセラピストがやるべきことは

セラピストの頭の中にある、

こうあるべき姿勢や動作の再現ではないのです。

 

多くのセラピストは、こうした問題を抱えているのに

そういった問題意識すら持っていないのです。

 

 

頭の中にあることを、目の前の患者さんや

利用者さんに押し付けようとしている。

 

向き合うべき存在は、セラピストの頭の中にある理想像ではなく

目の前の患者さんや利用者さんなのに・・・。

 

スポンサーリンク

 

“対話” や “コミュニケーション” ができていますか?

 

相手から受け入れられる、ということは

相手の身体に触れる、ということだけではなく

日常生活の中でも、対人関係におけるコミュニケーションでも

同じことが言えるのです。

 

あなたが何か伝えたいことがある。

で、それをあなたの伝えたい相手に届けようとするとします。

 

そのときに、目の前の相手に向かって

相手の話を聞かずに

あなたの思いを一方的に伝えたら、

相手はどう思うでしょうか?

 

いくら、あなたの伝えたい思いが

目の前の相手を思う素晴らしいものだったとしても

それが、相手の話を無視したものであったなら

相手はそれを受け入れることができない。

 

 

相手に受け入れてもらえるということは

あなたの思いというものを持っていて

それを伝えるにあたり、相手の反応、思いを受け取った上で

あなた自身の思いを伝える、ということが大事ですよね。

 

伝えるための順序が間違っているわけです。

 

まずは、相手の話を聞く。

そこから、あなた自身の思いを伝える、という流れないと

相手は、あなたの思いを受け入れてくれません。

 

人に触れる、ということも同じなのです。

 

コミュニケーション、対話なのですから、当然ですよね?

本質の部分は同じなのですから。

 

あなたの考えや思い、というものを一方的に相手に伝える、

というのは、ただの自我の押し付けでしかありません。

 

相手に触れて、相手の反応を受け取る。

その上で、あなたはどうするのか?

 

そういった流れで、あなたのやりたいことを展開していくことが

なによりも重要なのです。

 

 

私は、あなたの身体をこういった姿勢や動作に導きたい。

そういった考えや思いを持ちながら、相手の身体に触れてみる。

 

相手の身体に触れてみて、まずはどのような反応が返ってくるのか?

それをきちんと感じ取り、受け止めるのです。

 

あなた自身が、相手の反応を受け入れる。

そこで、あなた自身のやりたいことがあるからといって

無理矢理に力づくで、身体操作を行うのは

間違っているのです。

 

あなた自身が、相手の反応を受け入れて

その上で、あなたの『手』を相手に受け入れてもらえるように

あなたの身体の意識を変えていくのです。

 

受け入れられない限り、そこから先には進めない のです。

 

受け入れられて初めて、そこから何をしようか、

ということが考えられるのですから。

 

 

ここまでの話を踏まえて、重要なことは

あなたの『手』が自己主張しない『手』で、

相手の身体に触れる、ということです。

 

つまり、あなたの『手』は、

相手の話を聴くことができる傾聴できる『手』で、相手の身体に触れる、ということが

何よりも重要であるということなのです。

 

自己主張は捨てなければいけません。

 

そうじゃないと、相手からはあなた自身を受け入れてもらえない。

さらに、そこから先へは何も展開できない、

ということなのです。

 

 

・触れる相手の反応を感じ取ることができる『手』。

・相手の身体とコミュニケーション、対話することができる『手』

へとシフトしなければいけないのです。

 

 

まとめ

 

あなたの『手』は一方的な、自己中心的な『手』になっていないですか?

 

目の前の相手は、あなたの『手』を受け入れていないし

拒絶しているのに、

それでも、あなたは拒絶された『手』で、相手の身体に

触れ続けますか?

 

そんな状態で、何か良いものを生み出せるのでしょうか?

何か意味があるのでしょうか?

 

こういったことを、ぜひとも考えて頂きたいと思います。

 

セラピストの『手』に求められるのは、

セラピストのやりたいことを相手に伝える

という自己主張だけが目的の『手』ではなく、

相手の反応を敏感に感じ取ることができる『手』、

という状態が重要なのです。

 

セラピストが相手に力を伝える、

という力の伝達という目的を媒体するものだけではなく、

相手の身体の反応を感じ取るという目的をも兼ね備えた『手』。

 

つまり、それは出力器であると同時に、

間隔器でもあるということなのです。

どちらかに偏るのではなく、

両側面を兼ね備えた状態を手に入れることが重要なのです。

 

自己主張しかできない、自己中心的な『手』は

触れる相手には受け入れられない対象にしか

なり得ないのですから。

 

対話のできる『手』

コミュニケーションができる『手』

を手に入れていきましょう。

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで、読んで頂いてありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - 『調和』や『一体感』, コミュニケーション, 関係性 , , , , , , , , , , , ,