自己中心的な関係性が、信頼関係の構築を阻害している

      2018/11/28

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

前回のブログ記事⬇︎

 いくらテクニックや技術を高めても、信頼関係を築けないと使えない  icon-share-square-o の中で、テクニックや技術よりも大事なことがある、ということをお伝えしました。

 

その大事なこととは何かというと『信頼関係』でしたよね?

 

いかに目の前の患者さんや利用者さんとの信頼関係を築くことができるのか。

そこに意識を向ける必要があるということです。

 

目の前の患者さんや利用者さんと信頼関係を築くことができてこそ

あなたの身につけた素晴らしいテクニックや高い技術というものを発揮することができるようになるのです。

 

この話は、いくらテクニックや技術を高めても、信頼関係を築けないと使えない icon-share-square-o  でお伝えしたので、今回のブログでは触れずに本題に入っていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

信頼関係の構築ってどうやるの?

 

『信頼関係』が最も大事な事である、ということは理解できた。

 

じゃあ、その『信頼関係』をどのように構築したら良いのか、ということがあなたの最も知りたいことですよね?

 

安心して下さい。

これから、きちんと説明をしていきたいと思います。

 

 

『信頼関係』の構築のために必要なことは、

コミュニケーション能力を高めるということです。

 

言語でのコミュニケーションだけではなく、非言語でのコミュニケーションも同じように重要です。

 

それに加えて重要なことは目の前の患者さんや利用者さんに違和感を感じさせてはいけない、ということです。

 

 

いかに違和感を感じさせずに関係性を保つことができるのか。

そこに意識を置いておく必要があります。

 

私たちセラピストが、患者さんや利用者さんを目の前にしたときに様々な違和感を感じることがあると思います。

 

もし、あなた自身が全く違和感を感じないのだとしたら、それは明らかにマズい状態です。

 

 

 

何がマズいのか?

 

 

違和感を感じることができる能力を失っている状態、

つまり、『不感症』に陥ってしまっているわけです。

 

 

普段から対人関係において、コミュニケーションというものを雑に扱っているのでしょう。

コミュニケーションを拒絶し、自己中心的な生き方をしていると言っても過言ではないのです。

 

私たち人間は、絶えず何かしらのコミュニケーションを行っています。

 

生きていれば何かしら絶えず刺激を受け続けています。

その刺激に対してあなた自身が反応しているのか、していないのか、ということを自覚・認識することができているのかどうか

だけの違いなのです。

 

 

自分自身の主張はするけど、相手の反応は無視している。

そのような状態で生きている人が少なくないわけです。

だからこそ、相手の反応というものを読み取れないし、汲み取れないのです。

 

 

人は変化を嫌う生き物です。

ゆえに、自分の外側の世界と交わることを恐れます。

 

自分の殻に閉じこもっていれば、ある意味安全であると言えるのですが、

現実問題として人間という生き物は一人では生きられない。

 

人間というのは社会的な生き物であり、何かしらの組織やコミュニティに属しながら生きていくという生存戦略を選択しているのです。

 

それはつまり、自分以外の第三者と関係しながら生きていくことが欠かせない、ということなのです。

 

 

緊張状態を生み出さない関係性の構築が欠かせない

 

少々話が脱線してきたので、本題に戻します。

 

自分以外の他者と関係する、ということは 自分自身が “ゆらぐ” ことになるのです。

そのために、精神的な不安定状態が生まれてしまうのです。

 

それは精神的な側面においてだけではなく、身体的側面においても同じことが言えるのです。

 

 

そして、心身ともに緊張状態に陥ってしまう のです。

 

他者と関係するというのは、他者と触れ合わなくても、触れ合っていても、自分というものが変化しますよね?

 

外的な刺激を受けることによって、精神的ストレス、物理的なストレスがかかることになるのですから。

 

 

このように自分以外の他者と関係するということは何かしらの外的刺激を受けることになるのです。

 

その外的刺激は、精神面でも、身体面においても、これまでの自分という存在を揺らがせる刺激となります。

自分以外の他者と関係することで、緊張感が生まれますし、他者に自分の身体に触れられることでバランスが崩れるのです。

 

つまり、精神的にも、身体的にも不安定な状況に陥ってしまうのです。

ゆえに緊張状態を生み出してしまうのです。

このことを踏まえて重要なことは、緊張状態をつくり出さない関係性を保つ、ということです。

 

 

目の前の患者さんや利用者さんと対峙したときに、あなた自身が目の前の相手を注意深く観察していると本能的に、あなた自身が緊張しているのか、リラックスしているのか、ということを感じられると思います。

 

分かりやすい指標としては、

あなた自身の呼吸ができているのか

息苦しくなって、息が止まっていないのか、

ということをあなた自身でモニタリングすることで、あなた自身の緊張状態を自覚・認識することができます。

 

 

私自身、実習生を受け持ったときに必ず体験してもらうのが相手との関係性を意識してもらうということです。

実習生は、当然ながら目の前の患者さんや利用者さんとの関係性というものを意識をしていないので、

いかに関係性が重要なことであるかということを認識してもらいたいから、そのような体験をしてもらうのです。

 

具体的に、どういった体験をさせるのかというと

目の前の患者さんや利用者さんと対峙したときに

・目の前の患者さんや利用者さんと

 実習生の目線の高さはそれでいいのか?

・角度は、それでいいのか?

・声かけの方向

(右側から声かけするのか、左側から声かけするのか)

・声のトーン

 

その他にも、いくつもありますが分かりやすいことで関係性の変化というものを感じてもらうのです。

 

 

真正面で対峙すれば、お互いに緊張状態を生み出しますし、

そこからほんの少し、例えば左右どちらかにミリ単位動いただけでも先ほどまで感じられた緊張状態が緩和されます。

 

自分自身を丁寧に観察していれば、自分自身が緊張しているのか、リラックスして自然体でいることができているのか、ということを認識することができるのです。

 

 

あまりにも無意識的に生きてしまっているから、感じられないだけであって無意識の世界ではあなた自身が緊張しているということを感じています。
このように無意識的に感じている相手との関係性の中で生じる『違和感』。

それは、あなた自身が無意識的に緊張状態にありますよ、ということを知らせてくれているサインなのです。

あなた自身が『違和感』を感じているということは、対峙している目の前の患者さんや利用者さんも『違和感』を感じています。

 

 

目の前の相手はあなた自身の内面を映し出している鏡である

 

『鏡の法則』というものをご存知でしょうか?

 

自分以外の他者という存在は、あなたの内面を写し出した存在なのです。

自分という存在を認識しようと思ったら、他者を通じて、自分自身の内面を読み取るということが理解しやすいのです。

 

なぜなら、他者という存在はあなたという存在を写し出している『鏡』なのですから。

『鏡』を見れば、自分自身のことが見えるわけです。

 

このように、自分が感じているものは、関係している相手にも同じように感じられているということなのです。

 

 

ただ、相手の意識に上がっているのか、無意識の世界だけで感じているのか、という違いはあります。

その違いは、相手の感受性の高さ次第です。

 

感受性の高い人は、感じていることを意識化し言語化できるけど、鈍い人には、無意識には感じているけど気づかない。

感じられないと、深いコミュニケーションができない。

 

つまり、コミュニケーション能力が低い状態であると言えるのです。

 

 

相手との距離感を意識せよ!

 

さて、ここまで色んなことを書いてきましたが、

ざっくり言うと、『信頼関係』を構築するためには 相手との距離感が重要 なのです。

 

個々に備えているパーソナルスペースの領域は異なっています。

相手の許可なしに、勝手に相手のパーソナルスペースに土足で侵入するようなことがあってはならない。

 

侵入しそうものなら緊張状態を生み出し、侵入してしまったら、相手の潜在意識下で強烈な抵抗に遭ってしまうのです。

 

 

それは、自分という存在を、相手に受け入れてもらえない、ということになるわけです。

 

相手との距離感を適切に保ちながら『信頼関係』を構築する。

構築することができて初めて、相手のパーソナルスペースへと近づくことができるようになるし、警戒心が解かれるので自分を受け入れてもらえるようになるのです。

 

 

相手の持っている見えない壁。

それを取り除くことができれば、相手との調和の道が開かれます。

 

このような状態をつくり出すことができれば、相手の可能性や能力を引き出すことができるようになるのです。

テクニックや技術では、相手の可能性や能力というものを引き出すことはできないのです。

 

 

調和して、一体感を感じられる状態になってこそ、相手の可能性や能力が開花する。

と同時、あなた自身の可能性や能力も開花するキッカケが生まれるのです。

 

 

今回のブログでお伝えしたかった重要なことは『距離感』です。

 

・前の前の患者さんや利用者さんとの

 距離感は適切ですか?

・そこに緊張状態が生まれていませんか?

・目線の高さは、その高さで良いのですか?

・自分と相手との角度は、目には見えない

 意識同士が衝突していませんか?

・距離感が近すぎないですか?

・または、遠すぎないですか?

 

そういったことを丁寧に観察し、あなたの中に生じている『違和感』を解消することに意識を向けてみましょう。

 

あなたの感じる『違和感』は、目の前の相手にも『違和感』として感じられています。

 

あなたの感じている『違和感』を解消すればするほど、相手との調和が生まれ、一体感を感じられるでしょう。

 

 

そういった状態をつくり出すことができてこそ、深い『信頼関係』を構築することができるようになるのです。

 

『信頼関係』を構築するための方法は、今回のブログでご紹介したことだけに留まりません。

もちろん、表面的なテクニックや方法論ということの話ではなく本質的な部分の話になります。

 

そういった本質的なことの話は、今後のブログで書いていけたらと思います。

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで、読んで頂きましてありがとうございました。

 

 

追伸:ブログの内容で何か分からないことや、疑問に感じたことがありましたら、お気軽にコメントして頂けると幸いです。

直接、個別にメッセージを送って頂いても構いません。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - コミュニケーション, 信頼関係の構築, 関係性 , , , , , , , , , , , , , , ,