不安的な時代背景があるから『安心感』が大きな価値となる

      2017/01/14

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

この不安定な時代に、あなた自身の大きな武器となり、

強みとなるものは何でしょう?

それは、『安心感』です。

 

あなたという存在が、あなたと関係する相手に

『安心感』を与えることができる、

『安心感』で満たすことができる。

そのような存在となれば、あなたの存在価値は大きなものとなる。

 

今日のブログでは、『安心感』ということについて

書き進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

自分自身を『安心感』で満たすこと

 

今の閉塞的な世の中で生きてる私たちは、

常に不安や恐れの感情に

大きな影響を受けながら生きています。

 

だからこそ、『安心感』で満たしたい 

 

自分自身の中に足りない『安心感』を

何かで満たそうとしたり、

誰かで満たそうとしたりしている。

 

依存ですね。

何かに、誰かに依存しながら生きている。

『依存体質』を強める生き方になってしまっている。

そのように思います。

 

それは、自分の外側に『答え探し』をする生き方でしかありません。

いくら探し求めても、永遠に見つけることのできない

『答え探し』のゲームをプレイし続けるようなものです。

 

自分の外側に『答え』を探し続けた結果、

自分の外側に『答え』なんてない、と気づくことができれば

自分自身と向き合う、自分自身と対話するという方向にシフトするようになります。

 

 

でも、そこに気づくことなく

永遠に『答え探し』をし続ける人もいるわけです。

 

なぜなら、必ずどこかに自分が求めている

『答え』があると思い込んでいるのですから。

疑う余地なく、確信している。

 

そんな状態にある人に、いくら外野が何と言おうが

聞く耳持たずの状態なのですから無駄ですよね。

 

自分自身が夢から目覚めないことには、

分からないことなのですから。

 

 

『安心感』で、自分自身を満たしたい。

それは、幻想 に過ぎません。

 

本当は、自分の中に “ある” ものなのに、

“ない” という認識の世界の中で生きているのですから、

その人の中では “ない” ものになってしまっているのです。

 

 

だから、自分の外側に『答え探し』を追い求めるのです。

 

結局は、自分の中に “ない” と思っていたものが

実は自分の中に “ある” ということに気づかないことには

『答え探し』のゲームを終えることができないのです。

 

 

人との “つながり” こそが安心感を生み出す

 

人は、誰かとつながりたい生き物 である。

この言葉は、このブログでも何度か書いている言葉です。

 

人とつながることによって、何が得られるのでしょうか?

何を得るために人とつながろうとするのでしょうか?

 

“つながる” ということの先にあるもの。

それが『安心感』なのです。

人は、『安心感』を得るために
人とつながろうとする。

これが本質だと思うのです。

 

 

今の世の中を見渡してみて下さい。

かなり不安定な時代になっている。

不安定な時代だから、不安や恐れの感情に

支配されてしまっている人が増えているのです。

 

その結果として、“うつ” や “うつ症状” を

抱える人が増えているのです。

 

不安に支配されてしまっていて、

『安心感』が圧倒的に不足している。

だから、精神不安の状態に陥ってしまっているのです。

 

 

それを解消するために、何かに依存したり、

誰かに依存したところで、

『安心感』で自分自身を満たすことはできません。

一時的に満たすことはできても、

本質的に満たすことができないから、

すぐに枯渇して『もっと、もっと』と求めるようになり、より不安定に陥ってしまう。

そのような状態を繰り返しているのです。

 

 

安全、安心で生きていくことができない。

ゆえに『安心感』を求めている。

人との関係性が浅く、表面的になってしまった昨今、

浅い、表面的なつながりを得ることはできても

深いつながりを得ることができなくなっているのです。

 

SNSなどの普及で、簡単に、気軽に

人とつながることができるようになったのにも関わらず、

なぜ自分自身を『安心感』を満たすことができないのか?

 

 

それは、表面的な “つながり” でしかない からです。

 

じゃあ、なぜ表面的な “つながり”

しか得られないのか?

 

それは、自分の殻に閉じこもっている。

自分の世界に引きこもっているから です。

 

 

自分の殻に閉じこもった状態

自分の世界に引きこもったままの状態で

他者と関わろうとしている。

 

自分の世界に片足を置いたまま、

もう片方の足を、自分の世界とは異なる世界に置こうとしている。

まさに、“どっちつかず” な状態 です。

 

だから表面的な “つながり” にしかなり得ないのです。

 

 

自分の世界を超えて、自分の殻を壊して

自分とは異なる世界と交わろうとしない。

そこが問題なのです。

引きこもり状態にあることが問題なのです。

 

 

でも、自分の外側の世界って恐ろしいんです。

だから、引きこもりたい気持ちは良く分かります。

 

自分の世界、自分の殻に閉じこもっている方が

安心、安全で生きられる。

そう思い込んでしまっているのですから。

 

周りの世界、未知の世界を知らないから

そこ以外の安心、安全な世界を知らないがゆえに

自分の世界、自分の殻に閉じこもる、

という選択をしているのです。

 

スポンサーリンク

 

安心感がないと、自分の外側の世界に踏み出せない

 

自分の世界、自分の殻に閉じこもった状態から

抜け出すために重要となってくるのは『安心感』です。

 

自分の中に『安心感』で満たすことができれば、

外側の世界に踏み出そうと思えるようになる 

 

こういったことを踏まえて、私たちセラピストは

患者さんや利用者さんに『安心感』を

提供できないといけないのです。

 

自分の世界、自分の殻に閉じこもっているよりも

より魅力的な世界があるということ

より可能性や能力が開花した世界があるということを

患者さんや利用者さんに提示するとともに

『安心感』を提供できないといけないのです。

 

 

『安心感』で満たされる空間や “場” を創造することができれば

外側の世界に踏み出そうと思えるようになる。

そして、実際に体験してもらう。

 

・自分の外側の世界というのは、危険な世界ではない、

 ということを

 

・患者さんや利用者さんの可能性や能力を

 どんどん開花させていく世界があることを

 

『安心感』を提供することができないと

患者さんや利用者さんは、セラピスと自身が

いくら魅力的な世界を提示しても、

そこに踏み出そうとはしないのですから。

 

 

病気や怪我などを抱えてしまうと

そこでやはりハンディを背負ってしまったと

感じてしまう人が少なくない。

 

そのことはテレビ番組などのインタビューとか

そういったところでも聞くことができます。

 

自分の可能性や能力が閉じてしまった、

と感じる人が少なくない。

 

自分の世界が閉ざされてしまった、

と感じる人が少なくない。

 

外側の世界から取り残されてしまった、

と感じる人が少なくない。

 

 

こういった気持ちに寄り添うことが

大事になってきます。

めちゃくちゃ不安になると思います。

色んな恐れの感情も抱くようになると思います。

そして、自分自身に対する怒りの感情も

湧き上がってくることもあると思います。

 

だからこそ『安心感』を提供することが

大事になってくると思うのです。

 

 

患者さんや利用者さんの抱えている不安な気持ちに寄り添い

『安心感』を提供して、不安を取り除いてあげること。

それが重要なことでしょう。

でないと、新たな世界へと踏み出せない。

自分の閉じこもった、引きこもった枠内から

抜け出せなくなってしまうのです。

 

 

今以上に、より良い世界が広がっているということ。

今以上に、患者さんや利用者さんの可能性や能力を開花させることができるということを。

それを身をもって体験してもらうことが重要なのです。

 

『安心感』があるから、

『安心感』で満たされているから、

勇気を出して一歩踏み出せる。

 

それほどまでに『安心感』というのは重要な要素なのです。

 

 

まとめ

 

患者さんや利用者さんの可能性や能力を

引き出せる存在となるために

『安心感』を与えることのできる存在となること。

 

そして、『安心感』で満たされた空間や “場”  を

創造できる存在になることが重要になってくると思います。

 

その力があれば、これからの時代は

大きな価値となると思います。

不安定な時代に生きているわけですから

『安心感』というものは大きな武器となり、強みとなる でしょう。

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 - 創造, 可能性や能力を引き出す, 関係性 , , , , , , , , , , , , , ,