『安心感』という名の武器

      2018/11/28

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

人との関係性。

これを大事に扱うという発想を持っていないセラピストが少なくない。

そのように感じます。

 

人と人とが、リアルに関係する仕事をしているのに

そこを無視したセラピストの一方通行な関係性しか構築できない。

それでは、『信頼関係』の構築ができないのです。

 

 

人は、自分以外の他者と “つながりたい” 生き物です。

それは本能的な欲求として持っているものです。

しかしながら、自分以外の他者と “つながりたい” という欲求を持っていても

人と関係するということは、緊張状態を生み出すということでもあります。

 

緊張状態を生み出してしまっては、『信頼関係』の構築がなされない。

信頼関係が構築できないと、

相手の可能性や能力を引き出すことなんてできないのです。

 

大事なことは、緊張状態を生み出す関係性を構築するのではなく、

安心感を与えること、安心感で満たすことができる関係性の構築なのです。

 

今回のブログでは、『安心感』について書き進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

人間理解が欠かせない!人は変化を恐れる生き物である。

 

前回のブログでは、

『委ねられる技術』を身につけよう!  icon-share-square-o 

についての話をお伝えしました。

 

人と人とが関係するということは、

ある意味 “緊張関係” を生み出すこと

と言っても良いかもしれません。

 

 

人と関係することで、何かしらの影響を受け、

そして、変化が起こる。

そのことに対しての “不安” と “恐れ”

こういった感情が自然に湧きあがってくるものです。

 

できることなら、何も変化が起こらない、

そういった 現状維持を望んでいる 

それがごく自然な発想なのですから。

 

 

人間は変化を恐れる生き物 なのです。

こういった特性がある。

そこを理解した上で、人と関係しないといけません。

 

なのに、こういった特性を知らない上で、

目の前の相手を自分の思うように

コントロールしようとしている。

または、勝手に変えようとしてしまっている。

 

相手からすると、傍迷惑なことなのです。

現状維持を望んでいるのですから、

勝手に変えられると困るわけです。

波風立てられると困るのです。

それを理解しておかないといけないのです。

 

 

人と関係する、ということ。

それは、自分とは異なる価値観を持つ人間と交わる

ということです。

 

自分の価値観とは異なる価値観を持つ人間と関係することになるのですから

ごく自然な流れとして、価値観同士の摩擦や衝突が起こるのです。

ゆえに、 “緊張状態” を生み出してしまう

ことになってしまうのです。

 

 

『調和』や『一体感』を生み出すために欠かせない要素とは?

 

緊張状態を生み出す、ということは

『調和』や『一体感』を創造する、

といった理想とは逆の方向性です。

 

『調和』や『一体感』を創造するためには

“不安” と “恐れ” の感情を解消しなければいけない。

そういう前提条件が必要となってきます。

 

そのために大事なこととは何でしょうか?

 

 

何だと思いますか?

 

少し考えてみて下さい。

 

 

 

『調和』や『一体感』を創造するために必要な要素 です。

とても重要な要素です。

 

 

 

何だと思いますか?

 

それは『信頼関係』の構築のためにも欠かせない

重要な要素になります。

 

それなくしては、『信頼関係』の構築も

なし得ない、と言っても過言ではないでしょう。

それほどまでに重要なこと。

 

 

何か思いつきましたか?

 

では、それが何なのか?

話を進めていきましょう!

 

『調和』や『一体感』の創造。

そして、『信頼関係』の構築のために欠かせない

重要な要素とは・・・。

 

 

それは、『安心感』です。

 

『安心感』を生み出さないことには、

『調和』や『一体感』の創造、

そして『信頼関係』の構築はなし得られ空kない。

 

それは理解できるでしょうか?

 

 

『安心感』という要素なくしては、生み出せないし、

生み出されないことですよね?

 

安心感を感じられる。

安心感で満たされているから、『調和』や『一体感』が創造される。

そして、『信頼関係』が構築される。

このような構造になっています。

 

安心感という要素なくして、なし得られないことです。

 

 

セラピストに対して『安心感』を感じている。

セラピストからの『安心感』で満たされている。

そういった状況をつくり出すことが何よりも重要である、

ということなのです。

 

『安心感』が生み出される “空間” や “場” の創造

 

それを、セラピスト自身ができないことには、

『調和』も『一体感』も創造されない。

 

そして、『信頼関係』も構築されない、

ということになります。

 

 

『違和感』を生み出さないことが『安心感』を生み出すことになる

 

『安心感』を患者さんや利用者さんに与えることができる。

『安心感』を患者さんや利用者さんに程供することができる。

そういった能力を身につけることが、患者さんや利用者さんと

深くつながるためのスキルとなります。

 

『スキル』という表現をしましたが、

これは何らかの方法論やテクニック

といったものではありません。

 

目の前の患者さんや利用者さんと関係した際に、

セラピスト自身の感じる『違和感』、

患者さんや利用者さんの感じる『違和感』を

生み出さない関係性を築くことができる、

という能力です。

 

 

それは自然体で存在することのできる能力のことであり、

自分自身との『調和』、相手との『調和』。

 

そして、空間や場との『調和』など

あらゆるモノゴトとの『調和』がとれる能力のことです。

 

スポンサーリンク

 

不安定な世の中だからこそ、本質的に『安心感』を求めている

 

今の世の中はあらゆるところで行き詰まり、

閉塞的な世の中となっています。

ゆえに、無意識的にも “不安” や “恐れ” の感情に

支配されてしまっている。

 

そういった状態に陥ってしまっているから、

人間関係も、より複雑になってしまっている。

 

人と関係することで、より心身ともに緊張させ

“不安” と “恐れ” の感情を増大させてしまっている。

 

 

人間関係の悩みって複雑ですよね。

本質は同じかもしれませんが、多様化してきています。

 

だからこそ、『安心感』というものを

いかにつくり出すことができるのか、

ということが重要となってくるのです。

 

あなた自身が『安心感』をつくり出すことができる能力が高ければ、

それは、とても大きな価値となり、強みとなるでしょう。

みんな『安心感』を求めているのですから。

 

 

本質的に求めているものが『安心感』なのです。

 

より深いところの話でいうと、

自分自身が、ありのままで生きられる。

自分自身がありのままで、相手から受け入れられる。

自分自身がありのままで、社会から受け入れられる。

そういう世の中になって欲しいと願っている。

 

だからこそ、目の前の相手に対して『安心感』を提供する。

『安心感』で満たしてあげることができる能力を身につける、

ということが重要なのです。

 

 

『安心感』を創造することができれば、

明らかな『差』をつけることができます。

 

周りのセラピストとの『差』です。

大きな価値となり、強みとなり、武器となる。

 

 

それは理学療法士でなくとも、重要な要素なのです。

『安心感』を創造する。

『安心感』を提供する。

『安心感』で満たすことができる。

 

それらは、最大の武器でしょう。

ゆえに身につける必要がある。

 

人と接する仕事をする立場にある人間や

人と関係する立場にある人間には必須の能力でしょう。

私は、そう思うのです。

これまでの体験からも、そう思うわけです。

 

 

『安心感』を求めている。

 

・あなたのかける声に

・あなたの触れる手に

・あなたの空気感に

 

『安心感』で満たすことができれば、

相手の心がフッとゆるむのです。

 

心がゆるめば、身体もゆるむ。

 

そんな、相手を緊張状態に陥らせる関係性ではなく

相手の心身をゆるめる関係性を築くことができる存在。

そのような存在を目指しましょう。

 

 

まとめ

 

時代背景とセットで考えても、不安定な時代だからこそ

『安心感』を人として本質的に求めている。

それは大きな問題としてある。

 

また、別の側面からいっても

人の可能性や能力が引き出されるための前提条件として

『安心感』という要素は欠かせない重要なものになるのです。

 

『安心感』で満たされているから、

今ある自分自身の『枠』というものを超えて、

新たな世界に足を踏み出す勇気を持てる。

そういった側面があるのです。

 

 

人の可能性や能力が引き出される前提条件として、

『安心感』がないことには、今ある自分の『枠』に閉じこもってしまう。

それは、自分の世界に引きこもるということですね。

自分の殻に閉じこもるということでもあります。

 

そのような状態に陥ってしまえば、

何も世界は広がらないことになりますよね。

その人自身の可能性や能力が開花しない。

そういったことになってしまうのです。

 

 

セラピスト自身が、目の前の患者さんや利用者さん自身に

『安心感』を与えることができる存在となり、

『安心感』で満たすことができる存在であったなら、

患者さんや利用者さんの可能性や能力が引き出されるための

“空間” や “場” を創造することができるのです。

 

そういったセラピストが一人でも増えれば、

世の中に対して、大きな価値提供となるのではないかと思うのです。

 

不安定な時代だからこそ、

多くの人が自分の世界に、殻に閉じこもっている。

それは、自分自身を抑圧した人生を選択している、

ということでもあるのです。

 

そういった生き方ではなく、自分自身を解放する生き方を選択する人が

一人でも増えれば、自由で、創造的な人間が増えることになります。

そうやって、世の中に良い循環を起こしていくことが

社会貢献になり、世の中をより良いものに創造していくことになると考えています。

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - 『調和』や『一体感』, 信頼関係の構築, 創造, 可能性や能力を引き出す, 関係性 , , , , , , , , , , , , , , , , , ,