立ち上がり動作をうまく導けないあなたに贈る、適切な動作へと導くための “コツ”

      2017/01/14

 

どうも、理学療法士の魚住です。


臨床の場面で立ち上がり動作を行うということがあると思います。

立ち上がり動作をうまく行えない。

こういった問題に対して、あなたはより適切な動作を導くことができていますか?


より適切な動作とは、一体どういった動作のことを言うのでしょうか?

立ち上がり動作というものを、ただ出来るようになれば良い。
そういったことではないはずです。

立ち上がり動作を行う本人が、エネルギー効率という側面からみると、いかに楽に省エネで行うことができるのか。

そして、より安全に動作を行うことができるのか。

そういったことが重要になると思います。


今回のブログでは、より適切な立ち上がり動作を行うための “コツ” をお伝えしていきたいと思います。

そして、臨床の場面であなたと関係する相手の立ち上がり動作をうまく引き出せるセラピストになって頂きたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

立ち上がり動作をうまく引き出すための “コツ”

 

まずは、こちらの動画をご覧下さい⬇︎

 

 

立ち上がり動作をうまく引き出すための “コツ” とは?

 

動画の中で表示されるテロップにも書いていますが

・足裏全体に体重をのせる
・動きが途切れないように動く
(動画では、あえて遅くして立ち上がり動作をしています)
・臀部離床の際に、股関節が支点となり立ち上がる
・腰が反らない
・身体全体、特に体幹が “筒” のイメージを持って動作を行う


これらの要素が重要になります。

 

細かいことを言い出すと、いくらでも書き出すことができます。

動作に必要な要素を増やしすぎると、意識すべき要素がありすぎて動きが “ぎこちなく” なってしまいます。

 

意識しすぎたり、意識ポイントを間違うと動きが硬くなる

意識しないと、必要な要素を身につけることができない

こういった特性があります。

より適切な動作を引き出す際に、いくつも意識させすぎるということがパフォーマンスを低下させてしまうことに “つながる” ということになるのです。

 


人間は、同時にいくつものことを意識するということができないのです。

何かに意識を集中させると、どこかが疎かになってしまう。

 

なので、上記したポイントを意識しながら、より適切な立ち上がり動作となるように動作指導を行ってみて下さいね。

では、それぞれの要素について説明していきましょう。

 

 

 足裏全体に体重をのせる


足裏全体に体重をのせる。

つまり、足底面をフラット(適切な3点支持の状態をいう)に使う、ということです。

 

なぜ、そうすることが重要になってくるのか?

そこを説明していきたい思います。

 

足底面をフラットにすることが、固有受容器への刺激量を増やすことになります。

足底面に存在する固有受容器への刺激入力によって、脳へと刺激情報が送られた結果、平衡感覚を自己調整させるという目的があるわけです。

 

足底面をフラットにすると、それだけ地面との接地面積が増えるわけですから、接地面積が増えることで刺激量が増えることになるのです。

足底面の情報が多ければ、その刺激情報が脳に送られたときに、平衡感覚を自己調整する際に大きく役立ちますよね?

情報量が多くなれば、平衡感覚を自己調整するにあたり、有益な情報となり得るのです。

 

足底面には平衡感覚を自己調整するための固有受容器が多く存在しているので、足底面に存在する固有受容器への刺激量をいかに増やせるのか、ということが姿勢保持や動作における平衡感覚をバランスするために重要な要素となってくるのです。

 

ここでは理屈はともかく、実際にフラットな接地でやった場合の違いはすぐに分かるはずです。

身体の安定と体重支持のしやすさも感じるはずです。

 

 

足底面の固有受容器

 

固有受容器を刺激するというのは、体性感覚を刺激するということです。

分かりやすい言葉でいうと、五感を刺激するということです。

 

体性感覚とは⬇︎

体性感覚とは触覚、温度感覚、痛覚の皮膚感覚と、筋や腱、関節などに起こる深部感覚から成り、内臓感覚は含まない。皮膚感覚が皮膚表面における感覚であるのに対し、深部感覚とは身体内部の感覚を意味する。後者は固有感覚または自己受容感覚とも呼ばれ、筋受容器からの伸縮の情報により、身体部位の位置の情報が得られる。

脳科学辞典より引用)

 

体性感覚の中の皮膚感覚の中に、皮膚感覚受容器というものがあります。

 

皮膚感覚受容器とは⬇︎

触覚や振動覚に関わる受容細胞構造が明確なものと、主に温度感覚や痛覚に関わる自由神経終末がある。

適刺激による分類、順応による分類がある。皮膚感覚受容器の興奮を伝える末梢神経は後根神経節にある偽単極型神経細胞の軸索である。

末梢神経には有髄と無髄があり、有髄神経では太いほど伝導速度が速い。
三叉神経伝導路は顔や口腔の感覚(痛みを含む)を伝える。

脳科学辞典より引用)

 

この皮膚感覚受容器には、以下の3つの種類があります。

・機械受容器
・温度受容器
・侵害受容器

この中の、機械受容器を刺激するということになります。

 

機械受容器とは⬇︎

外部との接触または自己の運動や姿勢の変化によって起こる、圧迫・伸展などの皮膚、筋、腱、関節の変化を検出する細胞である。受容野の広さと刺激に対する応答のなれ(順応)の速さが異なる4種類の細胞がある。

・マイスナー小体
・メルケル盤
・パチニ小体
・ルフィニ終末

脳科学辞典より引用)

 

 

立ち上がり動作における身体づかいの “コツ”


上記したように、『足底全体に体重をのせる』という要素の他に、以下の4つの要素を書きました。

・動きが途切れないように動く
・臀部離床の際に、股関節が支点となり立ち上がる
・腰が反らない
・身体全体、特に体幹が “筒” のイメージを持って動作を行う


これは、それぞれをバラバラに捉えるのではなく、有機的に “つながり” をもって捉えることが重要になってきます。

 

分かりやすい例でいうと、『臀部離床し、股関節が支点となって立ち上がる』という要素は、“足裏全体に体重をのせる”、という要素がないことには、なし得ることができないのです。

『足裏全体に体重がのる』という前提があって、はじめて股関節が支点となって立ち上がることができるようになる、ということなのです。

 

この観点からそれぞれの要素をみていくと

『腰が反らない』というのも、“足裏全体に体重をのせる” ことができていないと、膝関節に意識が集中してしまい、その結果、大腿四頭筋を緊張させてしまうことになるのです。

それは、股関節が支点となって立ち上がる動作ではなく、膝関節を中心とした立ち上がり動作になってしまうということです。

 

膝関節を支点として立ち上がり動作を行うと、立ち上がり動作における前方への体重移動が不十分になってしまいます。

その結果、筋肉の緊張を生み出す動作となってしまうのです。

 

“力んだ” 、“頑張った” 立ち上がり動作となってしまう。

それでは、より適切な立ち上がり動作とは言えないですよね?

エネルギー効率の側面からみても、楽に省エネで動作が遂行できない、ということになるのですから。

 

 

別の側面からみても、立ち上がり動作というのは2つの支持基底面間を移動するという側面があります。

2つの支持基底面というのは、座っている状態、座位姿勢における支持基底面と、立ち上がり動作の最終形である、立位の支持基底面です。

立ち上がり動作というのは、座位から立位の支持基底面への空間移動なのです。

こういった空間移動という要素がある。

 

この観点からいうと、足底面に十分に体重をのせることができていないと、重心線が立位の支持基底面の中に収まらないことになります。

ということは、筋活動をより必要とすることです。

 

重心移動によって、体重支持という働きを担う “骨” の支持性を十分に活かせない。

骨というのは、人体の組織の中で、最も剛性が強い組織です。

それはつまり、体重支持という働きに最も適した組織である、ということです。

 

骨を効率良い位置関係に配置することができれば、筋肉の活動を抑えることができる。

筋活動を最小限に抑えることができる、ということなのです。

骨の支持性を最大限に活かすことができれば、筋活動は相対的に少なくなる。

 

つまり、“力み” や “頑張り” というものを必要としない適切な立ち上がり動作が可能となるということなのです。

 

 

ここまでお伝えしてきたことを踏まえて、先ほど書いているこちらの要素と “つながり” を理解することができると思います。

・動きが途切れないように動く
・腰が反らない
・身体全体、特に体幹が “筒” のイメージを持って動作を行う

 

過剰な緊張があると、動きが途切れる。

重心移動が不十分だと骨・関節の位置関係が適切な重力場において関係性を構築できないがゆえに、腰が反ってしまう。

身体全体が “筒” のイメージを持って動作を行う、というのは身体全体を協調的に使う、ということなのです。

 

身体のどこか部分的なところに意識が集中してしまうと、“筒” 構造が崩れてしまいます。

それは身体のバランスが崩れてしまう、ということになりますよね。

その結果、身体の緊張が生じてしまう。

それでは、より適切な動作を導くことはできないのです。

 

 

ここで何が言いたいのかというと、必要な要素をバラバラに捉えるのではなく、それぞれが有機的に “つながり” をもっているということを理解する必要があるということです。

抽象度を上げると、それぞれが “つながる” 。

それぞれをバラバラに捉えて、個別に一つ一つの要素を高めていく。

そのようなことをしても、より適切な動作を引き出すことはできないのです。

 

まずは、『足裏全体に体重をのせる』という要素が満たされれば、他の要素を満たすことは難しくない、ということです。

モノゴトには手順というものがあるように、動作にも手順があります。

間違った手順で行うと、目的から遠ざかってしまうことになる。

 

より適切な立ち上がり動作を行う、という目的を達成するためには『足裏全体に体重をのせる』という要素がとても重要になってくるのです。

最終目的地である立位姿勢は、2本の足裏で体重を支持して立つことなのですから。

 

『足裏全体に体重をのせる』という要素を満たすことができれば、他の要素も簡単に満たすことができる。

手順を間違って、『足裏全体に体重をのせる』という要素を満たすことなしに、他の要素を満たそうとしても、それではより良い動作を導くことができないのです。

 

スポンサーリンク

 

要素を満たすことが目的ではない


ここまでお伝えしてきたことは、立ち上がり動作をうまく引き出すための “コツ” について書いてきました。

ただ、勘違いして欲しくないのは、“コツ” はコツであって、“コツ” となるそれぞれの要素ができるようになることが目的ではない、ということです。

 

立ち上がり動作をやる本人が、いかに楽に省エネで安全に立ち上がり動作ができるのか。

そういった目的のための “コツ” なのです。

 

立ち上がり動作をみたときに、それぞれの要素が満たされている。

それは結果的に、満たされているということが重要なのです。

要素ができるようになることが目的ではない。

 

目的は、より適切な立ち上がり動作ができるようになること。

そのために必要な要素でしかないのです。

 

 

脳の教育、脳への刺激


ここまで様々な話をお伝えしてきましたが、重要なことは部分的なことに着目することではありません。

 

より適切な立ち上がり動作ができるようになるために、どのような刺激をあなた自身が与えることができるのか?

あなたが与えた刺激によって、どのような反応が導き出されるのか、また導き出すのか?

このように『刺激と反応』という観点でモノゴトを捉える必要があります。

 

 

『足裏全体に体重をのせる』という刺激を入力することで、どういった反応が起こるのか?

あなた自身の予測と、目の前の相手の反応とのズレを観察し、ズレがあるなら

どこを・なにを修正する必要があるのか考えなければいけません。

 

より適切な反応を得ることができていないのであれば、刺激の方法が良くなかったのか、刺激の質が良くなかったのか、刺激の量が良くなかったのか、など

様々なことを動作を見ることで考えなければいけないのです。

 

その刺激が、相手の脳にどのような刺激として伝わって、どのような反応を示すのか?

そこを観察しなければいけません。

 

これまでにお伝えしてきた、いくつかの要素が満たされていない。

それは、どこかに問題があるわけです。

 

・足裏に十分に体重がのらない原因

・腰を反らせてしまう原因

・動きが途切れてしまう原因

・身体全体、特に体幹を “筒” としてイメージできない原因

 

より適切な立ち上がり動作を導くために、あなたのかける言葉も刺激です。

実際に動作をやってもらって、足裏に体重をのせてもらうことも刺激です。

五感に対する刺激の活用ということです。

 

どういった刺激を与えて、その刺激が脳にどのように脳に伝わって、

伝わった結果、どのような反応を現すのか。

脳への刺激と、脳への教育。

このような視点を持たない限り、より適切な動作を導くことはできません。

 

どのような刺激を与えるのか


動画の最後に、鼠蹊部に触れて立ち上がる動作、耳たぶをつまんで立ち上がる動作、ニット帽を持って立ち上がる動作の3つの動作を紹介しています。

 

これの意図は何かというと、それぞれ 異なる刺激を入力している わけです。

・鼠蹊部に触れる
・耳たぶをつまむ
・ニット帽を持つ

それぞれの刺激に対して、脳がどのような反応を示すのか?

それを観察して欲しいのです。

 

 

それぞれ、どういった意図があって、そのような刺激を与えているのかというと

鼠蹊部に触れて立ち上がる動作は、股関節の意識が高まるというメリットがあります。

 

股関節を支点として立ち上がること。

それが、より良い立ち上がり動作を行うために欠かせない要素でしたよね。

股関節の意識が高まれば、膝関節への意識が相対的になくなるようになる。

股関節の意識が高まれば、股関節を使おうとするというのが、脳の特性としてあるのです。

そういったことを狙って、鼠蹊部に触れて立ち上がり動作をやっているのです。

 

耳たぶをつまんで立ち上がる動作も、膝や下肢の緊張に意識が向かないように、身体の上部にある耳たぶをつまむことで、下肢に対して意識が向かないようにしているのです。

 

意識か無意識か。

意識させるべきところと、意識させないところを、目的に合わせて使い分けること。

そういったことができるようになる必要があります。

 

より良い動作を引き出すために、意識しないところがあるし、意識した方がいいこともある。

接触(触る・触れる)という刺激によって、意識を高めれば、意識させたくないところの意識を逸らすことができるのです。

 

耳たぶをつまむ、というのは、頭頂部に手を当てるとか、耳をつまむ、ということをやるよりも、肩や上肢の緊張を誘発しない、という側面があるからです。

肩や上肢の緊張を生じさせない刺激ということを考えたときに、耳たぶをつまむ、という刺激が目的に合致しているから、用いているということなのです。

 

 

最後に、ニット帽を右手だけですが持って立ち上がり動作を行っています。

私自身の感覚としては、これが最も立ち上がりやすかった。

それは、動画を見て頂けたら分かると思うのですが、立ち上がり動作の回数を重ねるごとにより良い動作になっています。

 

刺激による効果も、もちろんあるのですが、
何度も立ち上がり動作を行うことで、脳が自己修正しながら学習している、という側面があるからです。

なので、どのような刺激を与えているのか?

という観点で動作を観察することも重要なのですが、脳が自己修正しながらより適切な動作を学習しているということにも着目して欲しいと思います。

 

 

どのような刺激を与えれば良いのか?

今回動画撮影した際には、私自身はニット帽を持つ、という刺激が適切な刺激となったわけです。

 

それはニット帽を持つことで、下肢への意識が逸れる、という反応が引き出されたからですね。

耳たぶをつまむよりも、ニット帽を持つ、という刺激の方が、より身体の不必要な緊張が抜けることにつながったわけです。

その結果、楽に立ち上がり動作ができるようになったということなのです。

 

 

人それぞれに、どのような刺激を与えれば良いのか、というのは決まったものがあるわけではないのです。

その環境、相手の性格など、精神的な側面も理解した上で、相手にとって適切な刺激を与えることが重要なのです。

 

ある目的があって、その目的を達成するために、どういった刺激を与えて、どのような反応を得るのか?

それには、予測と実際に現れる反応を照らし合わせてみて、求めるものが得られなかったら修正していく必要があるのです。

 

相手の脳に、適切な刺激が入力されていない。

適切な刺激が入力されていないというのは、適切な反応を引き出せない、ということなのですから。

 

 

あなた自身が、どういった反応を引き出したいのか?

それによって、どのような刺激を与えるのか、ということが変わってくるのです。

 

具体的な方法なんて存在しないのです。

相手にとって適切な刺激を与えること。

その結果、適切な反応という結果が導き出されることになる。

結果に “ウソ” はないのです。

 

相手の脳に、どのような刺激を与えて、その刺激が元になって、どのような動作を自己学習していくのか。

そこを考えることができれば、自ずと与える刺激というものが分かってくると思います。

 

紙に書かれた理論や理屈より、現場での指導における反応を見て、指導(刺激)の修正を重ねてその反応を追従することが、どれほど重要であるかが分かると思います。

理論・理屈はあくまで基本的なことであって、実際の指導はその応用であるべきなのです。

 

 

まとめ


今回のブログでは、立ち上がり動作をうまく引き出すための “コツ” について、今回のブログではお伝えしてきました。

いかがだったでしょうか?

 

具体的な “何か” を期待して読まれたのであれば、消化不良に陥っているではないかと思います。

視点を高くして考えてみると、具体的な方法というものはないのです。

 

あるとしたら、目の前の相手にだけ適切な個別の具体的な方法というものは存在するでしょう。

同じ人間はいないのです。

しかしながら、テンプレートのような、これをやれば、確実に効果が得られるというものはないのです。

 

 

目の前の相手とコミュニケーションしながら、より良い方法、ここでは刺激ですね。

適切な刺激を見つけていく。

それは本には書かれていません。自分で見つけるものです。

それができないことには、より適切な動作を引き出すことはできないのです。

 

あなたの与える刺激が、脳にどのように伝わって、その結果、どのような反応が引き出されるのか?

『刺激と反応』という観点から、モノゴトを考えるクセをつけてみましょう。

この観点でモノゴトを考えることができるようになれば、ハウトゥばかりを求めることはなくなります。

そんなもので人は良くならないのですから。

 

きちんと結果の出せるセラピストになれるように、『刺激と反応』という観点を持って目の前の相手と関係すること。

それが、あなた自身の本質力を高めることになる のです。

 

ということで、今回のブログは以上になります。

 

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 - カラダの使い方, ハンドリング, 関係性 , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,