『委ねられる』技術を身につけよう!

      2018/11/28

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

私たちセラピストは、人と関係する仕事をしています。

関係性の仕事をしている。

ゆえに、関係性の構築において重要なことがあります。

 

その関係性の構築について、重要な要素の一つとして、

『委ねられる』技術

というものがあります。

 

これは、とても大事な要素だと思うのですが、

あなたは、どのように考えますか?

 

 

そもそも、私たちセラピストは目の前の

患者さんや利用者さんから “受け入れられる”

という前提がないことには何もできないわけです。

 

受け入れられて、そこで初めてスタートできる。

そういうものだと思っています。

 

今回のブログでは、対人関係における『信頼関係の構築』に

重要な要素である、『委ねられる技術』について

話を進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

あなたという存在を相手に受け入れられていますか?

 

人間と関係する、ということは

相手の世界と交わる、ということでもあります。

 

相手の世界に勝手に許可なく侵入し、

土足で踏み入ることはあってはならない。

そのように思うのです。

 

そんなことをしようものなら、『信頼関係』の構築

なんて築けないからからです。

 

 

『信頼関係』が築けない=受け入れられない

ということになります。

 

それは、相手との『調和』も『一体感』をも

創造することができない状態です。

 

セラピストと、患者さんや利用者さんとの距離感や

“ミゾ” は埋まることはありません。

 

 

そんな状態で、何かをやろうとしても

相手からの抵抗や、拒絶、拒否反応が起こって当然なのです。

 

こういったことを踏まえても、セラピストたるものは

目の前の相手にいかに受け入れてもらえるのか、

ということを最重要項目として考えなければいけません。

そこを無視して、自分の持っているテクニックや技術

といったものを押し付けようとしている。

 

 

当然ながら、そんな状態では

いくら素晴らしいテクニック技術を持っていたとしても

患者さんや利用者さんは受け入れないのですから

効果を発揮できない、

ということは容易に想像できると思うのです。

 

・『相手に受け入れてもらえる』技術

・『相手に委ねてもらえる』技術

 

こういったものを『技術』と呼んでしまっていいのかは

分かりませんが、

これなくして、セラピストとしての仕事は果たせない、

と言っても過言ではないでしょう。

 

 

本質を捉えよう!

 

受け入れてもらえないことには、

何もできない

委ねてもらえないことには、

何もできない

 

“なす術なし” 、なのですから、

当然のことですよね。

 

 

ここを無視して、テクニックや技術が大事だ、とか

勘違いしているセラピストは少なくないですが、

それはあまりにも、自己中心的で周りが見えていない

視野の狭いセラピストでしかないでしょう。

 

本質がみえていない

本質を捉えることができない 

セラピストなのです。

 

自己中心的な発想から抜け出し、相手の立場に立つこと

 

テクニックや技術至上主義に偏ってしまっているセラピストは

結局のところ、意識が “自分が”

という状態に陥ってしまっているのです。

 

・相手のことを想う

・相手の視点に立つ

・相手の立場に立って、

 モノゴトを考えることができない。

 

そのような発想を持って生きている存在です。

 

テクニックや技術が最も大事なわけではない。

そこを勘違いしている。

 

 

まずは、『調和』ですよね。

相手に受け入れてもらうことができる。

相手に委ねてもらう。

そういう関係性を築くことができない限り、

『調和』できないのです。

 

『調和』できないから、

『信頼関係』を構築することができない。

 

『信頼関係』の構築ができないから、

テクニックや技術を発揮できない。

こういった流れがあるのです。

 

 

セラピスト自身が素晴らしいテクニックや技術を持っている。

でも、『信頼関係』の構築なしに

それを発揮したところで、『あれっ?』ってなる。

テクニックや技術が通用しない・・・。

当たり前の話です。

 

相手にあなたという存在を

受け入れてもらえていないのですから、

あなたの触れている、その手が気持ち悪いし、

『違和感』でしかない。

 

気持ち悪く、違和感でしかないものを

誰が受け入れますか?

 

 

相手の立場に立って考えてみたら、

そのことが良く分かると思うのです。

 

結局のところ、視点が “自分が”ってことになっている。

だから、そういう視点を持てないのです。

あなたが主役ではない。

そこを勘違いしている “痛い”

セラピストになっていないですか?

 

 

まずは、傾聴することから!あなたの主張はその後で

 

相手に受け入れてもらうには

相手に委ねてもらうには

何が必要なのでしょうか?

それは、セラピストという立場から考えなくても

普段の生活の中でも当てはまることなのです。

 

コミュニケーションの場面を考えてみて下さい。

 

誰かと関係する。

その時に、相手からの一方的な主張を受けてしまっていたら

あなたは、その相手を受け入れますか?

 

受け入れないですよね。

拒絶してしまいますよね。

聞く耳を持たないですよね。

それと同じなのです。

 

 

相手と調和しようと思ったら、

まずは自己主張するのではなく

相手の話を聴くということが大事になってくる。

これはコミュニケーションにおける本質です。

セラピストという立場に置き換えても同じなのです。

 

相手と関係する、ということなのですから

まずは相手の話を聴く。

相手の声を聴く。

身体の声、反応を聴くということが第一なのです。

 

 

相手を立てないといけません。

相手を尊重しないといけないのです。

 

相手の話を聴くことなく、自己主張する。

それは、言葉でも、態度でも、行動でも、仕草でも

あらゆる側面において、の話です。

言葉だけではない。

 

 

そこが理解できていないから、いつまで経っても

『調和』することができないのです。

 

・自己主張をやめてみる

・自分という視点、意識をなくしてみる

・相手の立場になって考える

・相手を受け入れる

そういった意識、態度が重要です。

 

スポンサーリンク

目の前の相手を “受容” できる存在であること

 

患者さんや利用者さんからみたセラピストに、

『私が受け入れてもらえる』

という土壌がなければいけない。

 

それは、そういった受け入れてもらえている、

受け入れてもらえる空間、場を創造できているかどうか、

ということが重要になってくるのです。

 

それは、具体的なものではありません。

患者さんや利用者さん自身の

主観の世界で判断されるもの

なのですからです。

 

 

コミュニケーションの中で、一つ一つ積み上げていくものです。

そうやって、安心感のある、受け入れてもらえる

空間や場を創造していくのです。

分かりやすい言葉で言えば、『空気感』ですかね。

 

 

ありますよね?

セラピスト独自の空気感。

オーラといっても良いかもしれません。

この人はオープンだとか、

壁があるとか、そういったイメージです。

 

相手からみて、自分が受け入れてもらえる空気感。

そういったものを感じさせる空間や場を

創造しないといけないのです。

 

それには、マニュアルなんてものはありません。

相手の反応をみながら、対話の中から

つくり出していくものだからです。

 

頭でやるものでもありません。

身体の感性を開いて、身体で相手と

コミュニケーションを図っていく。

 

そのコミュニケーションのプロセスがあって

創造されるものです。

 

もっと、身体で感じてみましょう。

そうすると、『違和感』だらけ ですから。

 

 

『違和感』はあなたの良きガイドであり、指導者である

 

『違和感』を感じる、ということは

意識には上がっていないけど、

相手とも、空間とも『調和』できていない、

ということなのです。

 

 

『調和』できていたら、

『違和感』は感じない ものです。

 

『違和感』を感じるってことは

『調和』できていない 、ってことです。

 

『違和感』を頼りに、

『調和』した状態をつくり出していく。

それが重要になってきます。

 

 

あなたの感じる『違和感』は、

あなたのガイドであり、良き指導者 でもあります。

 

それを信頼して、『違和感』を

どうしたら解消することができるのか?

そこに向き合ってみましょう!

 

その経験が、あなたの大きな財産となり

後々、価値となり、強みとなります。

 

 

まとめ

 

今回のブログでは、『委ねられる』技術について

話を書き進めてきました。

 

『委ねられる』技術を持っていれば、

それが『信頼関係の構築』につながる

大きな武器となり、強みとなるのです。

 

 

『信頼関係の構築』は、患者さんや利用者さん自身の

可能性や能力を引き出すためには欠かせない、最重要事項です。

 

セラピストを信頼できないということは、

患者さんや利用者さん自身の持っている既存の世界から

抜け出すことができない、超えることができない、

ということになるからです。

 

それは、新たな世界に足を踏み出さない、

ということですよね。

変化を恐れて 現状維持を選択する

ということでもあります。

 

今現在の身体づかいを、変えることなく

現状維持のままの身体づかいを選択する。

ということは、身体能力も変化していかないことになります。

 

『委ねられる』技術で、目の前の患者さんや利用者さんと

深く “つながる” ことができれば、

『調和』や『一体感』が生まれます。

と同時に、『安心感』も生まれることになる。

 

その結果、患者さんや利用者さんの可能性や能力が開花する

“場”  が創造されることになるのです。

 

『信頼関係の構築』ができているからこそ、

大きな安心感が生み出されることになり、

患者さんや利用者さんの可能性や能力を引き出すことが可能となるのです。

 

 

このような “場” の創造は、

セラピストの一方通行では創造されないものです。

お互いの関係性の中で創造されるものなのです。

関係性の中で創造されるものです。

ゆえに、関係性にフォーカスすることが重要になるのです。

 

そのような “場” を創造されるための前提条件こそが

今回のブログでお伝えしてきた『委ねられる』技術なのです。

相手を受容する存在になれることで、

初めてそういった “場” が創造される。

セラピストの一方通行な関係性では創造されないのです。

 

『委ねられる』技術とは、目の前の相手に

『安心感』を提供し、満たすことでもあります。

信頼関係を構築するための要素でもあります。

 

そういった力を身につけることが重要だと思うのです。

あなたの存在は、目の前の相手に『安心感』を与える存在でしょうか?

 

『安心感』を与えるのではなく、

“緊張関係” を与える、生み出す存在となっていませんか?

そこを自らに問いかけてみて下さい。

 

ということで、今回のブログは以上になります。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 - 『調和』や『一体感』, コミュニケーション, 信頼関係の構築, 関係性 , , , , , , , , , , , , , , , ,