『対話力』を身につけないとこの先の未来を生き残れない

      2017/01/16

 

どうも、理学療法士の魚住です。

 

このブログでは、目の前の患者さん、利用者さんとの

対話力がとても重要である

ということを何度もお伝えしています。

 

あなたが、この先まずます厳しくなる理学療法士としての未来を

生き残るために

選ばれる存在となるために

『対話力』が重要となります。

 

『対話力』さえ身につけておけば

例え、理学療法士としての未来がなくなったとしても

他の職種でもあなたを活かすことができる。

大きな強みとなるわけです。

 

理学療法士の未来は、誰にも分かりません。

仕事自体はなくならなくても、理学療法士として

生活していくことが困難となったとき

果たして、続けていくことができるかといったら

疑問ですよね。

 

だからこそ、あなたのこれからの人生の武器でもあり、

価値となる『対話力』を身につけていくことをお勧めしたいのです。

 

今回のブログでは、冒頭にも書いたように

『対話力』について私自身が考えていること、

思っていることをお伝えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

『対話力』の重要性

 

なぜ、これほどまでに『対話力』が重要であると思って

そのことについて発信しているのか。

 

そこには、明確な理由があるからです。

 

 

一つの側面としては、

私自身が、理学療法士の養成校からの実習生を

受け持つ経験を、数年経験しました。

 

そして、他の実習生の様子であったり、そういったことも

知り合いのセラピストから聞いたりしています。

その中で感じることがあるのです。

 

 

『最近の学生さんは・・・』

という言葉をよく耳にします。

 

重要なのは、

『・・・』の後に続く言葉ですね。

そこです。

 

メンタルが弱い

 

 

これを聞くし、私自身もそのように感じるのです。

私が実習生のときには、ある意味 “縦” の関係性が

強い時代だったと思います。

 

なので、やる気がないわけではないけど

提出物が提出できなかったり、不備があると怒られたり、

『実習やめる?』、『帰れば』みたいに

言われることもあったわけです。

 

そんなことを言われても、私たちの時代は

『続けます!』とか、『やります!』って

言って最後まで続けたものです。

 

 

でも、時代の流れとともに

学生の質が変化して、メンタルが弱い

という問題なのかどうかは分かりませんが

『帰れ!』と言われたら実際に帰る学生が少なくないわけです。

 

しかも、体調不良とかで休む学生も少なくないとか。

ひどい話でいうと、親が出てくるとか・・・。

 

私たちの時代では考えられないことが、

普通にみられるということです。

 

 

メンタルが弱い、という問題は確かにあるでしょう。

 

しかしながら、それは表面的な問題であると思うのです。

時代背景の中で、つくり出された問題であると

私自身は捉えているのです。

 

 

人との関係性、距離感が遠くなっている

 

ここからが、『対話力』という話と結びついていきます。

 

核家族化が進むと同時に、人とのコミュニケーションが

どんどん希薄になっていると思うのです。

対、人との関係性、距離感が遠くなっている。

 

それは、テレビやインターネット、ゲームなど

自分の世界

自分の好きなものだけに囲まれて生きていくことが

できる状態になってしまったことが問題なのです。

 

この環境の変化が、ひきこもり状態を加速させたといっても

過言ではないでしょう。

 

 

もちろん、インターネットやゲームに熱中しているからといって

それがコミュニケーション能力の低下につながっている、

とは一概には言えません。

 

インターネットやゲームの世界でも、

オンライン上でコミュニケーションが可能だからです。

しかしながら、双方向のコミュニケーションが行われているのか、

といったら、疑問です。

 

ほとんどの場合、

一方通行のコミュニケーションでしかない

 

 

自分の好きなもの、好きな情報、好きな人に囲まれて

生きていくことができる世界が

インターネットであったり、ゲームの世界なのですから。

 

そういった時代背景もあり、様々な要素が重なって

人と人とが触れ合う機会、というものが

随分少なくなったのではないかということです。

 

私たちセラピストは、目の間の患者さんや

利用者さんの身体に触れます。

触れることで、リハビリテーションを展開していきます。

 

なのに、『触れる』ということを通じてのコミュニケーションが、これまでの人生体験の中で圧倒的に少ない、という問題を抱えている のです。

 

引きこもりや、ウツ、など

対人関係における不安や恐怖というものを

感じているからこそ

そういった問題を抱えながら、

苦しみながら生きている人が増えています。

 

人とのコミュニケーションの機会が少なく、

コミュニケーションスキルというものが育たないから

対人関係がうまくいかない、ということになるわけです。

 

 

人との触れ合いが少ない世代に、触れられる。

それは、とても大きな問題だと思いませんか?

 

人と、どのように接したら良いのか分からない。

人に、どのように触れたら良いのか分からない。

私たちが触れるべき対象は

生身の人間です。

 

物などの、触れても何も反応が返ってこないものに

触れるのではないのです。

 

反応が返ってくる、生身の人間に触れるという経験が

あまりにも少ない人に触れられる、という問題は

大きな問題だと思います。

 

あなたが、触れられる側の立場にあるなら、

触れられたくないですよね?

 

 

触れる経験が少ないセラピストに触れられるということが

いかに気持ち悪く、不快なことであるのか

ということを理解しなければいけません。

 

だからこそ、『身体に触れる』ということだけに留まらず

“対話力” や “コミュニケーション能力” を高めていく必要性ある

ということを強く主張しているのです。

 

スポンサーリンク

 

理学療法士の質が低下している

 

毎年右肩上がりに有資格者数が増加している。

近年では、毎年約1万人の有資格者を排出しているということは

それだけ、人と触れ合う機会が少ない状態で資格を取得した人間が

増えていくということなのですから。

 

こういった時代背景や問題構造があり、

理学療法士の質が低下していると言われている のだと思います。

 

 

それは、理学療法士一人一人の質が下がったということではなく

対話力、コミュニケーション能力の低い有資格者数の増加により、

相対的に質が下がってしまっている、

ということだと捉えています。

 

だからこそ、“対話力” や “コミュニケーション能力”

を高めていかないことには業界全体の質は

上がることはないでしょう。

 

 

対話力やコミュニケーション能力を高めることができれば

理学療法士としての枠内だけに留まらず

あなたの可能性や能力を開花し、他の世界へと

踏み出していくことができます。

 

この先の未来は誰にも分かりませんが、

多くの理学療法士が、もし仮に需要がなくなり

淘汰される時代になったとしたら

そこで焦らなくても大丈夫ということなのです。

 

 

理学療法士としての未来に危機感を持っている人もいる中で

大丈夫、何も問題ない、と楽観視している人間がいることも事実です。

そして、楽観視している人間は少なくないと思うのです。

 

いざ、ピンチになったとき

そこから慌てて行動しても、すでに時遅しなのです。

 

だからこそ、この先の未来を生き残り、選ばれる存在へと

変化していく必要があるのです。

そのための行動を今から起こさないと手遅れになる。

 

時代の流れは、かなり早いです。

あなたはそのように感じていないかもしれません。

 

でも、テクノロジーの進化とともに

人間が必要ではなくなってきている。

 

 

そのことも踏まえて、理学療法士としての未来が

どのように変化していくのか。

 

世の中の動向を見つつ、時代の変化に適応していかなければ

この先の未来は生き残れないのです。

 

こう書いてしまうと未来がない、

という側面しか感じないかもしれません。

 

 

でも、そんなことはありません。

変化できる人間になればいい のです。

 

生物界では、厳しい自然界を生き残るために

変化できないものは『死』が待ち受けています。

 

変化できるものこそ、環境に適応できるものこそ

生命を長らえ、子孫を残すことができる。

 

人間もまた、その流れに従って生きているのです。

 

まとめ

 

時代の変化に対応できる能力さえ身につければ

生き残っていくことができます。

 

そのために、あなた自身に必要なことは

『対話力』と『コミュニケーション能力』

を身につけていくこと 

 

それが、最重要事項でしょう。

 

セラピストだけではなく、ほとんどの人間が

自分の『枠』の中だけで、

自分の狭く、偏った世界の中だけで生きている。

 

それっていうのは、自分にとって重要だと思う情報だけしか

取捨選択せずに生きている、という状態なのです。

 

今回のブログでは、『対話力』の重要性について

お伝えしてきました。

 

 

もちろん、このブログを読んで頂けたのであれば、

『対話力』の重要性が、とても重要な要素である、

ということは頭では理解できると思うのです。

 

しかしながら、頭での理解で終わってしまう人が多いでしょう。

 

 

つまり、現状維持の道を選択するのです。

そうやって、変化しない道を選択している。

 

先ほどにも書いたように、この先の厳しい未来を生き残るためには

柔軟に変化できる状態を手に入れないことには、

生き残っていけないのです。

 

 

そこまでの危機感を持っていないから、

具体的に行動として起こせない。

そういった人も多くいるでしょう。

 

危機感がないのは、あなた自身の狭く偏った『枠』内に

閉じこもっている状態でしか

外側の世界を見ることしかできていないから。

 

 

ゆえに、時代の変化を感じることができないのです。

どんどん目まぐるしく変化している世の中。

それは理学療法士の世界でも同じことなのです。

 

理学療法士としての社会的地位、社会的価値は、

高まるどころか・・・。

理学療法士としての働き方も、多様化しています。

 

そういったことを踏まえて、あなた自身がどうあるべきなのか?

どう行動していくべきなのか?

 

 

環境に柔軟に適応できる存在しか生き残っていけない、

というのは自然界における法則なのです。

その法則の中で生きている限り、

その流れに逆らうことはできないのです。

 

すぐにでも、行動を起こすことをお勧めします。

まずは、メルマガ登録からどうぞ!

 

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - コミュニケーション, 理学療法士の未来 , , , , , , , , , , ,